私の日常において『?』は極当たり前の付き物である。
 そこでだ、実はこれこそ何であるか是非とも私は知りたい。
 『?』 
 果たしてこいつは何なのか。今こそ地球に住まう全人類を代表して君に問う。
 さあ、冴草君よ、これは一体何だ――。
 私は質問事項を大きく紙に書き、彼に掲げた。

 ……うぐ。顎痛い。
 
 やはり即蹴りである。
 冴草君、今日もなんとあっぱれなキングオブSぶり。さすがだ。
 しかし私たちは同じ鍋をつついた仲じゃないか。もう少し優しくしてくれたまえ。
 ほら、地球には確かこんな歌があったじゃないか。
「目と目で通じ合う♪ 微かに、ふん、♪色ぉっぽ……」
 げごっ。
 二発目もかなり痛い。
 残念ながら彼に当てはまるのは色っぽいナキボクロぐらいか。
 まあいい。いつか宇宙人と地球人エスパー、きっと解り合える日も来る。
 はっ。それともあれか、もしや蹴りこそがエスパー流の対話なのか。
 ならばよし。そういうことなら私もそれに習ってあげるとしよう。
 しかしその後、冴草君は三日間口を聞いてくれなかった。
 全くもって謎である。
 
『?』ってなんだろう。