ザマッチへ召集令状


 すかしっぺの腹いせに酒瓶で頭を殴った。これが冴草君の言い分だ。
 金平ゴボウを恩着せがましく差し入れたのは君のくせに。まったく困ったもんだ。
 おかげで私は後頭部を7針縫ったよ。ああ痛かった。
 これだからいらちっ子は困る。カルシウム不足の現代地球人め。
 だからちゃんと食べるんだよ、侍ライス。
 今回は君の嫌いな生姜を入れておいたからね。
 これを口にすれば即刻泡を吹いて即半死にだ。半死に。
 ふふふふふ。しめしめ。これぞ宇宙人の反撃。
 私を舐めるなよ。平和維持組織のボスめ。
 友達を陥れることに罪悪感は確かにある。しかしこれは宿命なのだ。逆らえない。
 冴草君、君が私の同胞に裁かれる時まで、私は君のよき友達でいよう。
 そう、ごはんに毒を盛るよき友達。
「ラップオッケー、置き手紙オッケー、目覚ましタイマーオッケー」
 あとは冴草君が目覚めて侍ライスを食べるだけ。
 私はアジトで眠る二日酔いの友達をおいて軽い足取りで大学へむかった。
 ぬふふふふ。
 三時間後、タイマーをセットした頃戻れば、冴草君の悶絶している姿を見れるはず。
 私は生姜を口に苦しむ彼の姿を思い浮かべ、道々ほくそ笑んでいた。
 地球の平和維持組織はこれでおしまい……、かな。
 冴草君、私を恨まないでくれ。これも仕方がないことなんだ。
 我々宇宙人の未来のためだ。
 いや、待て。
 たとえ現ボスが滅びても、また直ぐに次のボスが平和維持組織をになうだろう。
 そうなればどうなる。同じことだ。また次のボスを炙り出して始末。そのくり返し。
 それも面倒だ。ならば今のまま暫らく冴草君にボスの座にいてもらうべきでは。
 私が冴草君と仲良くさえしていれば、宇宙人と地球人の平穏は保たれるはず。
 そうだ、きっとそうなのだ。もとより平和的共存こそ我々の望み。
 私としたことがこんな重要なことを忘れていたなんて。

 は! 
 
 だとしたら。あの侍ライス……。
 私の胸へ恐怖の大波が押しよせる。