冴草君3


 ザマッチのいない座間家。
 親父さんと酒を交わし、妹と散歩して裏山の小屋でセックスをする。
 俺は友達の家族とかれこれ半年以上そんな付き合いをしている。
 ザマッチの伯父さんとも実はこの田舎の家で知り合った。
 当初俺は日焼け具合から伯父さんの仕事は農業だと想像していた。
 しかし伯父さんは町の公園にいるホームレスだった。
 ホームレスである諸事情は多々あるらしく、あまり突っ込んだことは知らない。
 てか、知る気もない。
「あん時ゃ、アミちゃんには世話んなった。わしゃ全財産あの子にやったって構ぁねぇ」 
 伯父さんはザマッチからガムテープをもらった時のことを思い出してはそう言う。
 その一件は俺にとっても忘れられない迷惑な思い出だ。
 が、座間家ではそんなこと、所詮酒の肴の笑い話で流されていく。
 にしても伯父さん、あんたの全財産って何もないだろ。おい。
 最近だって、またガムテープもらってたくせに。