冴草君1


 酒飲んで酔った朝帰りのついで、俺はふらりと友達のアパートへ寄った。
 奴の部屋の合鍵なら常に持っている。それで得したことは一度もないけど。
 よくあることだが、大学の講義に出ない分際で奴はなぜか早朝から留守。
 俺はコタツの上にある一冊のノートへ何気なく手を伸ばした。
 なぁに、別に大したことは書いてない。奴のつまらん趣味のノートだ。
 子馬鹿にしながら俺はそこへ悪戯書きをしてやった。
 
 
 調書No. なんか知らねえよタコ    座間アミロウ 
 組織コードネーム  冴草(名前は俺の女だけ教える)

 こいつは変態か変人。要注意。
 Wikipediaの変態又は変人のページに名を連ねてやりたいNo.1人物。
 頭はアフロで星と土星のバネつきカチューシャを被っている。鼻の下に髭。
 どう見てもちょっといかつい顔した十九歳男。一人称は「私」。
 自称「宇宙人」。自己推定年齢は五十歳らしい。
 疑わしいけど日本人。
 時々綺麗な目で俺を見つめてくるのがキモイ。
 好きな女はどうせ「みっちゃん」だろ。
 窃盗癖と収集癖がある。(本人に区別はないらしい)
 物に名前をつける。
 テープ類を「書類」という。
「南の島のフローネ」のつもりか、渦巻き貝を耳に当てて喋る。
「侍ライス」を食べさせたがる。
 主食は辛うじて米らしい。おかずは何でも食う。
 
◇この人物に関する俺的実用性(笑のネタ)と可能性について、今後も大学生生活を進行しながら観察していく。四露死苦!


 俺はペンを置いて友達のベッドらしき物の上で横になる。
 ああ眠い。