ザマッチの日常3


 調書No.126 トイレットペーパー
 組織コードネーム 座間アミロウ 

 幅11.4㎝の薄い紙がロール状になったもの。
 ダブルは二枚重ね。シングルは一枚。エリエールがおすすめ。
 無臭タイプと香りつきがある。
 主にトイレで使う。鼻紙にも使える。
 トイレで使用後、ペーパーの先を三角にしておくと誰か知ないが喜んでくれる。
 毎週火曜日「スーパーなかた」12ロール一袋が287円。
 ミイラ男は包帯であってこれを巻いているのではない。
 ストックが無い時の危機感は尋常なものではない。
 中心の芯は工作や実験の材料に応用可能。
 108個でピラミッド達成。
 古紙回収のおじさんに「下さい」と言うと嫌な顔をされた。 

 
◇この素材に関する私の主観から得られるヒト社会での実用性と可能性について、今後も一般大学生生活を進行しながら補足を加えて調書にまとめてゆく。
 

 ある日、大学からアジトへ戻るとディアーカの姿が消えていた。
 辺りを見回してもそれらしい痕跡はない。置手紙すらない。まあ、インコだからな。
 まさか地球に女ができて何処かで逢瀬でもしているのだろうか。
 それとも私の手作り岩塩が気に入らなかったのか。
 兎に角彼は何処へ行ってしまった。シグナルロスト。
 室内の異変と言えば、コルクボードにあった調書No.73の資料写真が一枚ないこと。
 それはアルミ箔を冴草君に体へ貼ってもらった時の代物だ。
「ああ、それなら俺がみっちゃんへ渡しておいたから」
 この男、今何と。
「だってザマッチ辛気臭せえし」
 私は彼に合鍵を持たせたことを後悔した。なぜなら、写真は私が厳選してみっちゃんへ渡そうと思っていたからだ。
 全く余計なことをしてくれる。せっかくのみっちゃんと会う口実を。
 いや、別に私はみっちゃんが好きとかそういのではなく、単にユニバーサルジェントルマンとして女性へ堂々とした態度でもって――。
「みっちゃん、めちゃ笑ってうけてたぞ。脈あるじゃん、ザマッチ」
 ふん、当然。
 広い宇宙を股に掛ける宇宙人の私に、そこいらのちゃんちゃら星の男どもが敵うわけなかろう。
 しかし、
「私には妻子がいるんだ」
 ここ、ちょっと切ないところ。なのに冴草君は涙しながら爆笑している。
 何だろう、年頃の娘でもあるまいに。君は箸がころんでもおかしいのかい。
 いや違う。これはきっとあれだ。山であれを採って食べたんだ。
 この国の大学生男子はゲームと漫画を聖書とし、二次元へ多額の寄付を払う。さらに家族でもない女の子を養う義務まであると私は組織で教わった。
 冴草君、君も苦労しているんだね。だからってキノコはいけない。
 ほら、大好きな「侍ライス」だよ。食べたまえ。
 私がいつものように差し出そうとしたその時、異変はおきた。

「いだだだだだだだだだだだ」

 私は突然腹に激痛を感じた。
 こんなことはこの星へ住んで以来初めてのことだ。
「お、おい、ザマッチどうした。大丈夫か?」
「痛い……」
 余りの痛さに私の意識が遠のいて行く。
「――おい、――ァマッチ、――――きの――に食ったんだよ……」
 冴草君の声が微妙に聞こえない。

「マッチ――、チ――、――」

 す……きや……き。


 目覚めると、私は病院のベットに寝かされていた。
「なあ、ザマッチ。多くは聞かねえけど、昨日の晩飯は美味かったか?」
 ベッドの脇にいる冴草君が真剣な顔で私を睨んでいる。
 ああ、友達とはいいものだ。彼はそんなにも私を心配してくれていたのか。
 にしても、昨日の晩ご飯とは私が食べた『すき焼き』のことを言っているのだろうか。
「ああ、そりゃもう。砂糖と醤油がしみ旨で。柔らかくてつい食べ過ぎてしまった」
「そうかい」
「春菊なのか、あの香りがフローラルで何ともいえない」
 他にみっちゃんの味もした。けどまあ、これは秘密だ。 
 ふとみると、冴草君の拳は少し震えていた。
 私の意識は無事戻ったけれど、彼はまだ少し不安なのだろう。
 あるいは私に難病が見つかったことを、懸命に隠してくれているのだろうか。
「冴草君、元気を出してくれ。ほら私はこの通り」
 私は彼を心配させぬようなるべく明るく振舞った。
「冴草君、今度君も一緒にすき焼きを食べよう。もちろん私の驕りだ」
「死にたくなったらそうする、よ。このクソ変人」
 ?
 どういう意味だろう。
 私は何か変なことを言っただろうか。彼はちっとも喜んでいない。
 それどころか、目覚めたばかりの病人をボコボコに踏みつけて病室から出て行った。
 冴草君、君はまだ一様ティーンだから、時々難しいんだね。 
 ゆっくり大人になるといい。まあ、どうせ来年成人式だろうけど。         

 
 つづく
 
 
 
 そういえば、ディアーカは戻って来たのだろうか。
sage