石田は死んだ。




 警察から逃げる途中で大通りに飛び出し、配送トラックの前に飛び出してしまった。
 配送トラックの運転手はその時、携帯でメールを打っていたので石田に気づくのが遅れてしまったらしい。
 制限速度を超過した10tトラックはその勢いを緩めることなく石田をふっ飛ばし、あっけなく彼の命を奪ったのだった。

 一連の事件は、被疑者死亡ということで片付くことになるようだ。すべての真相は闇に葬り去られる。
 新井は事故、江崎と小野は石田に殺害され、石田本人は事故死。これが、表向きな真相。
 しかしはっきりと確定しているのが犯人だと疑われた石田の死だけだなんて、なんと皮肉な話だろうか。
 
 僕のあだ名の元ネタになっている漫画原作のアニメの主人公が決め台詞として言葉。
「真実はいつもひとつ!」
 …ひとつではないんだ。真実は、それをどの角度から見るかによって容易にその姿を変えてしまう。僕はそのことを10年前に痛感したんだ。
 
 倉庫のすぐ側の地面から発見された包丁が石田の凶行を裏付けた。
 連続殺人鬼の大男の教師は、まるでゲームから飛び出してきたみたいでワイドショーの話題にはもってこいだった。
 生前の石田をまるで怪物みたいに大げさに話すニュースも後を絶たなかった。
 今は毎日のようにテレビや新聞などで騒がれているこの事件だが、いつか風化して人々の記憶から消えていくことだろう。
 …僕の父の時と同じように。

 
 衝撃の結末を迎えた数週間後の昨日、3月13日。
 僕は、無事卒業式を迎えた。
 2名の教師と2名の卒業生を失った卒業式では、違例の学校葬も行われた。
 だが、僕らの心の許容量はとっくにパンクしていて、共に過ごした仲間との永遠の別れに涙する人の数よりも、無表情に見送るうつろな眼差しの方が圧倒的に多かった。
 春はもう目の前まで来ているというのに、この学校はまるごと冷たい氷に囲まれて、いつまでも季節は冬のままで閉じ込められてしまっているかのようだった。
 


 3月14日、ホワイトデー。
 母は朝から仕事に出ているから、夜までこの家には僕だけしかいない。
 僕は自宅に、ある人物を呼び出した。
 ドアの前で時間をはかっていたのかと思うくらい正確に、時間ぴったりにチャイムが鳴る。
「入れよ」
 ドアを開けて出迎えた僕に、植木は軽くうなずいた。



「コーヒーでよかったか?」
「いや、何もいらないよ」
 上着を几帳面に畳み、植木は僕のベッドに腰掛けた。僕も、ちょうど人一人が座れるくらいの幅を開けて、植木の横に座る。
 静かな部屋は、二人の呼吸の音だけが聞こえている。
「…いつから…… いや、どこまでわかった?」
 壁に貼られたカレンダーを見つめながら、ぽつりと植木が問いかけてきた。
「お前が、姿を隠していた石田の援助をしていたことかな…」
「それだけじゃないだろ?」
「これ以上は僕の推理に過ぎないからさ」
「聞きたいな。聞かせてくれよ、コナンの名推理」
「迷う方の推理ならな」
 二人で軽く笑いあう。でも、僕たちはお互いの顔を決して見ようとはしなかった。
 まるでそこに救いのヒントが隠されているかのように、目の前のカレンダーだけを見つめていた。

「…最初の新井のことはわからない。ただ、そこにお前が関係していたんじゃないかと思うんだ」
「…うん、続けてくれよ」
「新井がどうやって死んだかはひとまず置いておく。でも、その場にはお前がいた。小野はそこに出くわしたんじゃないか?」
「…………うん」
「小野はお前に好意を持っていた。ここ最近で急に仲良くなった僕に嫉妬するくらいにね。だから、小野はきっと植木と二人の秘密ができたって喜んだんじゃないか?」
「否定したいけどできないな。あいつの気持ちは知ってたけど、なるべく避けるようにしてたし」
「うん…。それで、お前は多分先に教室を出ることにしたんだろう。教室に残っていた小野は、新井の死体といるところを江崎に見られた。江崎は、小野が新井を殺したと勘違いしたんだ」
「小野は江崎に怯えていたよ。脅しに乗らなければバラすってことを示すために、わざと小野の前で『犯人を見た』なんて言ってたしな」

 あの時の、小野の真っ青な顔を思い出す。
 自分が何かをしたわけでもないのにそう言わなかったのは、あいつなりに植木を守っていたということだろうか…
「…江崎は、レクリエーションの時間に体育館裏の林に小野を呼び出した。金を強請るつもりだったんだろうな。でもそこに現れたのは何故かわからないけど石田だった。」
「…包丁は、江崎が持ってきたんだよ。小野が言うことを聞かなかった時に、実力行使をするつもりだったんだと思う」
「そっか…。…石田と江崎は、多分もめたんだろうね。何かの拍子か殺意があったのかはわからないけど、石田は江崎を殺してしまった。そして、学校の倉庫に隠れていたんだ。隠れていたアイツに弁当を持って行ってたのはお前だったんだろ?」
「うん。俺が運んでた」
「僕がわかったのはここまでなんだよ。ここのところずっと考えてたんだけど解らないことばかりだ。穴だらけで、推理とも呼べやしない。どうして小野の代わりに石田が林に行ったのか、小野を殺したのは誰なのか、どうしてお前が石田を匿っていたのか… 
……できれば、お前の口から真相が聞きたいんだよ、植木」
 
 ここで、僕は初めて植木の方を向いた。植木はいつの間にか、僕の方を見ていた。
「…どうして、知りたいんだ?」
 植木の小さな喉仏が大きく上下した。
 長いまつげ、切れ長の目に通った鼻筋。整った顔立ちが、今は悲しげに曇って見える。
「友だちだからだよ」
 仲良くなったのはつい最近かも知れない。だけど、植木は今や僕にとって大切な人になっていたのだ。
「友だちか…」
 白い歯を見せて、植木が細く笑った。

「お前の推理は当たってるよ。さすがはコナン君だな。
 …俺も、お前に何があったのか、本当のことを聞いて欲しい。少し長くなるけど、いいか?」
 僕はしっかりとうなずいた。
 植木は、深く深呼吸をすると、まっすぐに僕の目を見ながら話し始めた。


「新井を殺したのは、俺なんだ」