第3話:彼はヒーローだと思います。

 あれから三日たった。この間、あの二人には会っていない。昼休みは教室でいつも通りご飯を食べて、放課後は遊ばずにさっさと家に帰った。やることも無いのでふとんの上に横になる。するとヒロミのあの泣き顔が浮かぶ。僕は何か間違ったことを言っただろうか。何度も何度もあの時の事を思い出すが、思い当たる節は一つもない。
 一日でも会わないと気まずい。それが出会い始めでよくあることだと思う。それが会おうと思えばすぐ会えるほどの近い間柄ならば尚更。それが続けばもう他人。僕は心の中で二人の事を思いながらも、元の日常に戻りつつあったのだ。あの件がなければ。


「ねえ、小浦。生徒会長さんと友達なんでしょ?」
「えっ?」
 そう、それは二日目の昼休みの事。僕は唐突にクラスの女子に声をかけられた。彼女はイギリス人と日本人のハーフで、可愛くて、学年男子の憧れの的。この前とは逆だが今度は男子から、熱く嫉妬の目線を浴びるはめになった。
「どうなの?」
「ま、まあ友達ってほどじゃないけど」
「そっ。でも話とかするんでしょ? ならちょっと付いてききてくれない?」
 僕は彼女に導かれるままに階段の影になった人目のつかない場所へとたどり着いた。最初に会長の事を聞かれたから僕のことではないの分かっている。といっても、このシュチュエーションは……と一人変に興奮した。でも漫画とかでこういう場面になれば、僕の立場は――
「単刀直入に言うけど、私生徒会長さんのこと好きなの」
 みじめな噛ませ犬である。僕は会長に嫉妬した。でも、その相手が憧れの対象でもあることに気づき、複雑な気持ちになった。
「でね、小浦に私の告白手伝って欲しいの。おねがい!」
 感情に任せて『いいえ』と言えれば僕はどれだけ楽だろうか。でもその後を考えると、実は『はい』の方が楽だということはしばしばある。僕は生まれてから十七年で楽を覚えてしまった。それが例え嫌なことだとしても、自動的に楽をしてしまう思考が僕にはできていた。
「ありがとー!!」
 気づいたときには、目の前に泣き入りそうなくらい嬉しそうな学年のマドンナが立っていた。