第四話:へたれヒーロー見参?

 川喜多 冷泉が英正のクラスに歓迎されてから数時間後、住江町商店街裏路地――

 現町長が就任してからここ数年で住江町は目覚ましく発展した。高層ビルが建ち並ぶようになったが、それに反して大型の食品スーパーなどが建つことはなかった。町長の「今の商店街を基盤とした町の発展」というコンセプトのためだ。
 ただ、高層ビルが立ち並ぶその発展と裏腹に、この町には「かげ」ができるようになった。――


「や、やめてくれ。俺が悪かった……」
「だってよ?」
「ふーん」
「まじうける」
 三人の若い男が一人のサラリーマン風の男を取り囲む。サラリーマン風の男はもうすでに何かやられたらしく、その場にへたり込んで満身創痍といった感じだ。対して三人の若い男はそれを薄ら笑いを浮かべながら見下している。
「あんたが先に俺達にぶつかってきたんだろ? なら謝り方ってあるよな~?」
 三人のうちのホスト風の一人がそう言うと他の二人もニタニタと笑った。
「本当に……申し訳なかった……っ!」
 サラリーマン風の男は額を地面に叩きつけるかのようにして土下座をした。しかし、それを見るや否やホスト風の男は間髪いれずに下腹部に強烈な蹴りを入れた。悶絶するサラリーマン風の男。相変わらず他の二人は笑っている。
「おっさん、謝る時ってのはさ、なんか物でも渡すのが礼儀だろ?」
「あーそれドラマで坂本竜馬も言ってな~。ゴワスゴワスって西郷どんも言ってたでゴワス」
「ブフッ。ばっか笑わすなし!」
「し、しかし私は……」
「あー?」
 更に腹に蹴りが入る。鈍い音が路地に響く。骨が折れたらしく、サラリーマン風の男は声にならない悲鳴をあげる。
「めんどくせーおっさんだな……。さっさと財布だせよ」
 ホスト風の男はしゃがんで悶絶する男の髪をつかみ無理矢理顔を持ち上げた。その時だった。
「んふふふ。血気お盛んですねぇ……」
 カツン、カツン……。足音と共に遠くから誰かがやってくる。薄暗いし、何よりトレンチコートを着て、深くハットをかぶっていいるので外見はよくわからない。だが性別は声からして多分男だろうとは予想がつく。
「んだよてめえ!」
「やんのか!?」
 他の二人がいきり立つ。ホスト風の男はサラリーマン風の男の顔を一発殴ってからゆっくり立ち上がった。
「あんた……誰? なんか用?」
「んふふふ。唐突ですが、あなた方、お金、欲しくはありませんか?」
 いきりのその言語に二人は唖然としていたが、ホスト風の男は怪しい男をじっと見据え、不敵な笑みを浮かべた。
「……向こうで聞こうか」
「話が早くて助かりますねぇ」


 ――この町には『かげ』ができるようになった。また一つ、『かげ』が生まれる。