第二話:本と名前。

 朝ごはんを食べていると、なんだか生きていることを実感することができた。昨日の夜のことは夢の中のことなんじゃないかとまだふと思う。
「あんた、そんなゆっくりご飯食べてると遅刻するわよ!」
 母さんが食器を洗いながら言った。時計を見る。八時。……八時?
『うっほ!』
「はあちじいいいいいいいい!?」
 あ、死んだ。と英正は思った。


 息を切らしながら駐輪場に自転車を置く。昇降口の近くには遅刻をしまいと小走りする学生達がちらほら見えた。英正もその中の一人なのは言うもでもない。
『おー。間に合ったな』
(あ、あー。なんとかな……)
 だがまだ一息ついている場合じゃない。一時間目の授業はもう後一分もしないで始まってしまうからだ。英正は他の生徒を巧みにかわしながら階段を一段飛ばしで駆け抜けて自分の教室まで走った。ちなみに高校二年生の英正のクラスは三階にある。
「キーンコーン――」
『ほれほれ。ベルが鳴ってるぞ~』
(間にあえええ!)
 チャイムが鳴り終わるぎりぎりで英正はなんとか教室に滑り込んだ。肩で息をしながら窓の隣の一番後ろの自分の机に着いた。
『間にあったか。がんばったな』
 お茶らけた感じで声の主は言った。
(昨日の夜のことがなければな……) 
『ん……。まあそれより、お前なんか空気読めてないっぽいぞ』
 肩で息をしながら教室を見渡す。何故か教室内の空気が重い感じがした。後ろからではクラスメートの顔は見えなかったが、それでも歯を見せている奴は一人もいないことは感じ取れた。それにもう授業は始まっているのに先生が来ていない。きっと朋也のことだろう。それだけは容易に想像できた。
「遅くなってすまない!」
 それから五分くらいして前の入り口から担任の山下先生が入ってきた。いつもならここらでクラスのお笑い担当の鈴木辺りが「遅いっすよ!」とか突っ込みが入るところだが、今日は入らない。
「あー、まあみんなももう知ってると思うがな~……」
 山下先生は何か言いにくいことがあるのか、本題に入る前に少し間をおいた。先生は何回か深呼吸したり、黒板の方を向いたり、とにかく落ち着きがなかった。そして、覚悟を決めたのか教卓の前に立ち、まっすぐ生徒達を見た。
「昨日なあ、……栄花が亡くなった」
 クラス内がざわめきだす。「やっぱり本当だったんだ」「昨日商店街にいっぱい警察着てたらしいぜ」そんな声が聞こえるたびに、昨日の夜のことを鮮明に思い出した。
 山下先生は「栄花のために、みんなで黙祷しよう」と言った。英正も周りに流されながら黙祷をした。黙祷をしている間、朋也がなぜ殺されたたかについて考えていた。


 声の主は朋也が殺されたのをいち早く知っていた。もしかしたらどうして殺されなければならなかったのか、その理由も知っているかもしれない。いや、むしろ声の主に付かれていたからあいつに狙われたのではないのか?


 疑問は増えるばかりだった。でも、一つでも多く真実が知りたかった。
(おい、お前朋也に付いてたって言ってたな? 朋也がなんで殺されたか、なんか知ってるんじゃないの?)
 英正のその問いに、声の主はすぐには返事をしなかった。
『……ああ。でも今はまだ話せないな』
 少ししてそう言った。今はまだ話せないということはつまりなにか段階があるということだろうか。その段階とは何の段階なのか、気になる。
(……今はってど――)
「はい、目え開けろ―」
 そう声がかかったので、すんでのところで聞くタイミングを逃してしまった。
『お前のためにも……』
 そう小さく声の主はつぶやいたが、英正には聞こえなかった。