「ねえ、いつまで夢を見ているつもり」



 その一言が僕を、急速に覚醒させた。



 厭だな。
 未だ、醒めたくないのに。