【作品名】HVDO~変態少女開発機構~
【作者名】和田 駄々
【ジャンル】性的能力バトル
【掲載誌】ニートノベル
【状 態】連載

【レビュー時の日付】2011/07/24
【レビュー時の話数】約9話-6

【レビュー】
フェティシズムなエロイ作品。
これをおかずに使った人も多いのではないかと思う(私もその一人である)。
作者が書くフェチと趣味が一致すれば、これは至高の作品となる事間違いなしである。
筆者の心にはずどんと直球が投げられてしまった。
更新速度も安定しているので毎回の更新日を全裸で待機しながら待つ事も楽しみである。
作者が書くフェチの種類は多種多様で、毎回飽きさせない展開も見事と言わざるを得ない。
また、登場人物のどのキャラクターも魅力的で知らずと感情移入してしまうのはその文才のなせる技だろうか。

深く考えさせられる場面も多いがやっぱりメインはフェチだと私は感じるので、
フェチネタが苦手な人には合わないと思われる。

大きいお友達には両手をあげておすすめしたい作品。
少し余談だが、この作品の話毎のタイトルのつけ方はかなりカッコいいと思う。