11、おでんは別として


 気まずい。
 さっきまで女子を襲っていた女子を隣に言葉が出ない。
 しかし本来僕は無口でクールなデブガイだから背脂で語る。
 けれどさすがにこの状況、どうしたものだろう。
 察してくれないかな。この厚い背を見て僕が今どんな気持ちか……。
 正直、良い光景を見せてもらいました。ご馳走様でした。
 そんな気持ちでいっぱ……。
 いや、そうではなく。
 僕は君だけを思う純情デブ高校生だから、決して立川女史のおパンティが水色だったとか、たぶんFかもだとか、んあ……ン―君が、だとかそんなそんな、そんな――。
 
 はあ、はあ、はあ。
 
 何だろうこの呼吸が早まる感じ。 
 ついに十代の心筋梗塞きた? まだだろう。

 右近……、君は、その、どんな感じだったの。立川女史の感触。
 結構扱い慣れているっぽかったけど。教えてほしいな~。
 そこのうなだれている御嬢さん。

「憶えてないないんだ。全く」
「へ?」
「だから、どうしてあんなことを彼女にしたのか、自分でも解らないんだ」

 そ、そんな。また酔っ払いみたいなこと。
「本当なんだ。立川さんがここへ来て、ブレザー脱いで……、その後俺、記憶がない」
 同じことをその辺の痴漢が言ったらお巡りさんは……。ただ困るだけか。
 いや、今時痴漢でもそんなこと言いやしませんよ。
「ブーちゃん、俺、変かな?」
「え、あ、う、え、あ、いや、その……何だ。兎に角、立川さんには誤った方が……」
「だよな。だよな。ああああああ~。ううううう~。もおおおおおお」
 打ちひしがれている右近は情けないフラれ男のようだ。
「俺、嫌われたかな……」
 腰にタオルを巻き、半裸姿で床に寝る右近は、なすび妖精を揉んでいじけている。
 こんな時こそ男子たる僕が彼女を慰めてあげないといけない。
 そうだ、ここはビシッと男子らしく。
 彼女を元気にしてあげなきゃ!

「う、右近、あのさ」
「ああん?」
 
 あ、目、怖い。
 止め。

「とりあえず、おでん」
「ああ、あそうだった。食わなきゃ」
 
 無言でひたすらおでんを頬張る右近の肩に僕は制服のシャツをかけた。
 男子体型とはいえ、仮にも女子がずっとトップレスじゃなんだもの。
 
 ――!

 ちょっと待った。
 右近、君のうなじ、そこにあるその痣。
 それって……。



 つづく