あとがき


 読んでくださった皆様。今までおつきあいありがとうございました。
 自分なんかのノベルをここまで読んでくださったことへ本当に感謝を申し上げます。
 絵ばかり描くことしか能のない自分が小説書いていることへ葛藤や疑問多々ありました。
 乗り越えられないハードルは描いてるときよりも高かった気がします。
 それでも楽しいと感じられたのは自分がニノベという場所で執筆していたからだと思います。
 誰にでも書ける日本語。しかしそうであるからこその上手下手。それは明確にあるもんだと痛感しながらの連載でした。
 今回の連載でも、コメントを下さった方、本当にありがとうございました。
 コメントは自分にとって宝物です。財産です。故に大切にします。
 感謝。

 
 今後の予定ですが、ブログを見て下さればお解りかと思います。
 はい。w
 しばらく描く方一本で行こうかなと……。
 アナログ描きが主ですがちょっとずつ自分の画風なんかも開発して行こうと考えています。
 当面は藤原諸現象先生が作『戦うお仕事、フレニアリア!』にて絵師頑張ります。
 気まぐれに読者ページへFAとかを何作か描いたりもする“かも”しれませんw
 その他、またどこかでお会いできましたらよろしくお願いします。
 ではこれにて。

 今後益々のニノベ繁栄をねがって……。


 岩倉キノコ
sage