青に落ちる


「掃除好き?一番綺麗にしたいのは?」「僕自身だよ。いっそ捨てたい」



「助けて」とつぶやき猫を抱きしめる その温もりが僕に冷たい



「僕だって普通に生きてみたかった」でも僕は何を見ていたのかな



「さよなら」を拒否して良かった 僕は「またね」を言える喜びを知ってる



「おやすみ」の一言すくって床に就く 僕には少し熱すぎるかも



「好きだよ」と言う苦しみは誰よりも僕が知ってる、だから言わない



「元気を出して」どの口が言う?でも僕はそう想う、だから言わせて



「話したい」それも依存と言うのなら、君はどうして好きと言ったの?



「ありがとう」「ごめんなさい」幾度と無く口にしたけど、届かなかった



「マゴコロが欲しい」と世界にねだっても、この世界には僕独りだけ


sage