ポンタカード

 今回はただただ普通に、至って純粋に、お得な情報をまずはお伝えしたい。
 と言うのも実は、ローソン経営においてちょっとした問題が発生したのだが、その問題というのは、俺が何とかしようと努力をする前に、いともあっさりと解決してしまったのだ。あまりに簡単に解決しすぎて、達成感も安心感もなく、そしてこの問題について語るには、解決方法についてを掘り下げるよりもむしろ、どうして悩んでいたか、にスポットライトを当てる方が遥かに理解してもらいやすいはずだと俺は思う。よって、本題に入る前に、ローソンお得情報をお伝えする必要性がある。
 普段ローソンを利用しない方は、これを機に興味を持っていただければ幸いだし、現在進行形でローソンをよく利用しているという方もますますローソンに行くのが楽しくなるように努める。魔物達の生活や、魔界での暮らし方について興味を持たれている方には非常に申し訳ないが、今回はリアルなローソンの話がメインとなる。
『お客様、ポンタカードはお持ちですか?』
 このフレーズを今まで1度も聞いた事の無い人はおそらくかなり少ないだろう。会員数5000万人。利用可能店舗21600店。提携企業67社。名実共にTSUTAYAのTカードを抜き、おそらく日本で1番所持されているポイントカード。それがポンタカードだ。
 厳密に言うとややこしくなるのだが、このポンタカードの前身がローソンの発行していたローソンカードである事は明白たる事実であり、ローソンポイントをポンタポイントに移行した記憶のある方も少なからずいるだろう。シェル石油やゲオなどでも発行及び利用が出来るが、やはりポンタといえばローソン、ローソンといえばポンタのイメージが強いはずだ。
 このポンタカード。あなたがもしも既に持っているとしたら、果たして最大限利用出来ているだろうか? これから俺がここに述べる情報は紛れも無い事実であり、もしかするとあなたの生活はこの情報によってかなり楽になるかもしれない。あるいは億万長者になる事も、あながち不可能ではない。
 前置きはこれくらいにして、このポンタカードのどこがどうお得なのかについて語るとしよう。
 まずはこのポンタカード。ローソンで利用する際につくポイントは原則「税抜き100円で1ポイント」である。そしてここに「来店ポイント」なる店に来てくれてありがとう的なポイントが「1ポイント」加わる。つまり、315円の買い物をした場合は4ポイントの加算。900円ちょうどの買い物をした場合は、9ポイントの加算となる。そしてこの加算されたポイントは、「1ポイント=1円」としてレジで利用が出来、単純に1000ポイント溜まっていれば、1000円分の買い物が出来る。
 なんだそれだけか、1万円買っても100円しか値引いてくれないなんでケチくさいなぁと思った方はちょっと待ってほしい。ここにポンタさんは魔法を加える。ポンタカードはさながら錬金術における賢者の石と化し、あらゆる物に姿を変えるのだ。
 鍵になるのは、「ボーナスポイント」だ。近くにローソンがある方は、今すぐ赴いて店内の商品を確認してみて欲しい。商品によって「+20ポイント」や「+100ポイント」といったPOP(棚などについている小さい告知)が刺さっているはずだ。このボーナスポイントなる物は、そのままその商品を買った時につくボーナスの事で、「+20ポイント」の商品を買えば、ポンタカードに20ポイントが余分に加算される。つまり105円の商品に「+20ポイント」がついていた場合、それを購入するだけで合計22ポイントが得られるという事だ。
 それでもたかが22円じゃん。と思った方、まだまだポンタマジックは終わらない。ボーナスと普段のお買い物で得たポイント、それを更に有効活用するのが、「お試し引換券」だ!


 ローソン全店舗には、レジの横、もしくは店内什器にリーフレットが設置されている。月刊Pontaという何の捻りもない名前のその小冊子には、無限の可能性が秘められている。
 お試し引換券とは、商品を無料でもらえる券の事で、これをLoppiで発行するのにポンタポイントが使えるのだ。つまりどういう事かというと、ポンタポイント1ポイントを1円としてレジで使うのではなく、ポイントを、直接、商品に交換する。
 この恐ろしさは、その交換レートの壊れぶりにある。
 105円のグミが、「20ポイント」!
 148円のスナック菓子が、「30ポイント」!!
 259円のお酒が、「50ポイント」!!!
 一部はメルマガの登録が必要となるが、平均して1ポイントを3~7倍程度のレートで商品に交換出来る。つまり、税込み「105円につき1ポイント=1円」のはずのポイント付与が、この「お試し引換券」を利用する事により、3~7円まで引き上げる事が可能となるのだ! 平均5%の還元ともなれば、家電量販店のポイントカードと比べてみても全く遜色が無い。
 ここまでの説明でポンタマジックの正体に気づいた方は察しが良い。そう、このお試し引換券のポイント消費には、先ほどの「ボーナスポイント」が利用出来る!!!
 つまり、105円の飲み物についていたボーナスポイント20ポイントをそのまま、105円のグミの交換に使う事により、たったの105円で飲み物とグミの両方を手に入れる事が可能になる。こうなると既にスーパーや大型卸売り店で買い物をするよりもかなりの低価格で商品が手に入る場合が多く、わざわざ遠くでやっているセールに向かうよりも近くのローソンでさっさと買い物を済ませた方が得をするという逆転現象が発生するのだ。
 と、ここまでは良い事尽くめの説明だったが、お試し引換券には3つの制限がある。
 1つ目は発券出来るのは2枚までという制限があるという事。あくまでも「お試し」である為、1人の人が何枚も交換する事を防ぐ為の制限だ。2つ目は「先着の個数限定」こちらも、「お試し」であるが為に無限にいつまでも交換出来る訳ではない事による。3つ目は「店内に置いてある商品しか交換できない」という事で、これは当たり前といえば当たり前だが、商品を自宅まで届けるサービスは残念ながら今の所ローソンでは展開していない。
 しかしこれら3つの制限も、裏技を使う事によって擬似的に無効化出来る事も伝えておこう。
 まず1つ目の「2枚制限」は、ポンタカードを複数枚持つ事により簡単に攻略出来る。家族に作ってもらってそれを持つか、あるいは偽名を使って2枚目を作れば問題ない。次に「個数限定」は、交換の開始時間を把握して、それに合わせれば解決出来る。現状、お試し引換券の交換が開始されるのは火曜と土曜の朝7時。人気のある商品は午前中に無くなる事もあるが、大抵はその日の夜くらいまで残っているので、仕事や学校の帰りにローソンに寄っても十分間に合うだろう。「お試し引き換えポンタ稼動(かどう)」と覚えておけば間違いないだろう。そして最後の関門である品揃えだが、こればかりはその店の経営方針と気配りに依存するしかない。ちなみに、魔界9丁目店では全てのお試し引換券対象商品を入荷するようにしているが、残念ながら売り切れの場合もあるので、そこはご了承願いたい。
 しかしながら、このお試し引換券、及びボーナスなどのポイント関連のやりとりは、店側に一切の損が無いという事だけはここで断言しておこう。お試し引換券を何枚交換したとしても、その金額をオーナーが負担する訳ではないし、ボーナスもまた同じなのだ。これらは全て本部及びメーカーのキャンペーンの一環であり、例えばあなたがお試し引換券を利用しまくっていた店舗が潰れたとしても、決してあなたのせいではないので気にしないでいい。もしも何かのきっかけでローソンクルーや店長、オーナーと仲良くなる、あるいは友人がローソンでアルバイトを始めたとなれば、それを利用して是非ともお試し引換券対象商品の入荷を依頼してみれば、3つ目の制限も簡単に解除されるだろう。何度も言うが、お試し引換券の交換自体は店にとって損はないので、他の事情が無ければ要求は受け入れてもらえるはずだ。
 さて、そろそろポンタカードのお得度はもう十分に分かったから、さっさと本題に入りやがれという人も出てきたかもしれない。だがまだ俺は続ける。ここからはポンタカード利用法、裏編だ。


 そうは言っても、ボーナスポイントのつく商品も、お試し引換券で交換出来る商品も、実際は限られてるじゃないか。と思った方、確かにあなたは正しい。お手元の月刊Pontaを見ていただければ分かる通り、どちらも月に100~150商品程度の品揃えであり、新商品も多く含まれる為、本当に欲しい商品がこの中に含まれる事はむしろ幸運と言える。ボーナスポイント+お試し引換券の還元効率は群を抜いているし、チェックする事でポンタカードを有効活用出来る事はもちろん事実だが、それだけで満足していては太っ腹で有名なポンタさんも不服だろう。
 ならば俺はこう問おう。
 別の手段でポイントを入手出来るとしたら?
 別の方法でポイントを活用出来るとしたら?
 まずはポイントの入手法。もしもあなたがクレジットカードをまだ持っておらず、今後作る事を考えているのならば、JMBローソンPontaカードVisaがおすすめだ。これはローソン外での買い物、極端な話、セブンイレブンやファミリーマートで買い物をした時にもポイントが溜まるという意味不明な代物であり、しかも公共料金の支払いでもポイントが溜まる。レートの方は1000円で5ポイントとやや低いが、しかし今あなたの家の電気代、水道代、ガス代、携帯代など合わせて3万円かかっているとしたら、これをこのVisa一括で済ませる事により、ただ黙っているだけで毎月150ポイントが加算される。ローソンで利用する場合でも単純に105円で1ポイントがその1.5倍に加速される訳だ。
 更にこれは少し細かい手段になるが、最近ローソンでは環境保全活動の一環として、エコバッグを推奨している。パンやデザートなどについてくるシールを集めて店頭でローソンオリジナルのエコバッグと交換するキャンペーンを実施しており、このエコバッグには何と、「購入時にただ出すだけで1ポイント」が追加されるバーコードが付いている。しかもこれは、別種のエコバッグで重複するので、うまい棒1本9円を買う時にエコバッグを2個出せば、来店ポイント1ポイント+エコバッグポイント2ポイントで合計3ポイントを入手する事が可能なのだ。これだけ楽にポイントが入手出来るのならば、うまい棒1本にエコバッグ2個をどうやって使うのかは、この際どうでもいい問題ではないか。
 更に、この説明の冒頭でも述べた通り、ポンタカードと提携している企業は現在67社もある。シェル石油や、ゲオ、ケンタッキーといった名だたる企業で買い物をする際も欠かさず掲示すれば、無論勝手に溜まっていくし、他にも例えば、フレッツ光メンバーズクラブのポイントをポンタポイントに変換するといった方法も存在するので、ネット回線としてフレッツ光を契約しているのならばこちらも毎月黙っているだけで100ポイント前後を入手する事が出来る。先ほどのJMBローソンPontaカートVisaとの合わせ技で、月の支給ポイント300ポイントも楽勝でクリア出来るはずだ。
 しかしせっかく手に入れたポイントをいざ引き換えようとしても、欲しい商品がない。これではいくら溜めようと意味がないじゃないか。そんな時は、ポイント活用自在術、「懸賞道」を発動しよう。月刊Ponta最後の方のページに載っている「懸賞コース」と銘打たれたこの魅惑のコースは、海外旅行10万円分が当たったり、宝くじ連番100枚が当たったりと、夢と希望に溢れている。Pontaカードを使ってただローソンで買い物をしていただけで、気づいたら億万長者になっていました。何て事もあり得る! いや、ある!
 という訳で、ローソン魔界9丁目店オーナーである俺は、ローソンを利用されるお客様全員、人間も魔物も訳隔てなく皆様に、ポンタカードの所持をおすすめしている。
 ……のだが、ここで問題が発生していた。
 魔界ではいかんせん「ポイントカード」という概念自体がまだ普及しておらず、ここまでの説明をしても、いまいち分かってもらえないのだ。知能の高い魔物はまだしも、知能の低い魔物はポイントカードを渡した途端に食べてしまう事もあり、非常に苦戦する。魔物クルー自体の理解度も低く、とてもお客様に勧める下地が出来ていない。
 ここからは更なる裏話、いわば経営側としての話になるが、ポンタカードの会員数獲得は、DR内(地域ごとの店舗の管轄)でランキング付けされており、この成績が悪いとローソン本部とのフランチャイズ契約更新に響く事もある。逆に、月刊ランキングで上位10店舗に入ると、ポンタカードのマスコットであるポンタさんをその店舗に呼べたり、ポンタさんグッズを得る事が出来たりと、なかなかの報酬が用意されている。何故そこまでしてローソンがポンタ会員を増やそうとしているのかというと、お客様の購入された商品や利用しているサービスを調べて、統計を取りごにょごにょする為なのであるが、これはあまり言うと俺の首が刎ねられかねないので、申し訳ないがここでは伏せさせていただく。ただ、悪用はしていない。多分。
 ポンタカード会員数獲得、「いかにして魔界にポンタカードを広めるか?」に関しては、魔界9丁目店のオープン前から度々議論されていた問題であり、残念ながらオープン当日になっても画期的な答えは出ず、支倉SVも古浪さんも、地道に活動していくしかないと諦めていた。
 が、先日の魔王様ご来店を機に、状況が一気に好転したのだ。
 なんと魔王様がポンタカードに興味をもたれたのである。魔王様は、魔物を統べる王であるにも関わらずこういった節約術が大変にお好きなようで、ほんのちょっと説明しただけで非常に興奮したご様子になり、その場でポンタカードを作成していただけた。
 そしてその数日後、ローソン本部から「魔王軍が正式にポンタカードと提携しました」という連絡が俺の元にきたのだ。
 正直俺も最初は耳を疑った。え? 魔王軍が? ポンタカードと? 提携? どういう事? と、まあ誰でも陥るであろう混乱に俺も陥った。そこで詳しく話を聞いてみると、魔王軍も、所属する魔物達の活躍次第によってポイントを与えるシステムを採用しているらしく、今まではそれを魔王様の記憶というアナログな形式で行っていたのだが、これにポンタカードを導入してしまおうという話が、俺より遥か上層部と魔王様の直接の話し合いであっという間に纏まったらしい。もちろん、人間界ではこの情報は秘密になっているので、魔王とポンタが手を組んだ事はローソン上層部及び魔界でのみ知られる事となった。
 魔王軍の力は実に強大で、その翌日から、ポンタカード加入者が爆発的に増え、結果、ローソン魔界9丁目店は、DR内でのランキング1位を颯爽とかっさらったのである(ちなみに店名は仮名を使っているので、他店には魔界での経営とはバレていない)。その特典として、俺は1度だけポンタさんを魔界9丁目店に呼ぶ権利を獲得した。
 という訳で、お得だらけな上、魔王軍に所属しているだけで使えるポンタカード。まだお持ちで無い方は、是非ともローソン店頭で申し込みをしてみよう。
sage