これは逆効果だぞ。(パリ同時多発テロの報道規制について)

現在、フランスで、恐らく世界史的な事件が進行している。
パリで起こった同時多発テロの件である。

今後の推移を見守るしかないのだが、これは、欧州諸国が対応を誤ると、911など比べ物にならないほどの大惨事を招く可能性がある程の大事件だと言うことは述べておこう。

つまり、その政治的な意味を考えると、アメリカの同時多発テロ1などよりは、はるかに大きな、極めて重要な国際的な悲劇である。

そして、BBCやなんやらの国際的なニュースメディアは現在、このニュースを特報扱いで、延々とライブ中継している状態である。(911や311の時も、やってましたよね。)

で、あなたは不思議に思わないだろうか?

この事件の日本での報道の少なさに対して。

いや。だって、普通そうじゃないか?

現状、欧州で進行しているのは、あの911を超えたと思われる国際的なテロである。
フランスでは非常事態宣言が出されてて、国境が封鎖されてんのである。
これが、他の欧州諸国にいつ波及しても、全くおかしくない状態である。今後、より巨大ななんらかの悲劇が、世界的に起こるのだろうなと予感させられる大事件である。

なんで、日本の地上波では、この事件について殆ど触れないの?


一応、ネット上で、それに対する信憑性のある言説が飛び交っている。
もっとも、信憑性のある言説は、テロに対して大騒ぎすることは、結局テロリストに利することになるので報道規制がひかれているというものである。

ただ、もしそうだとしたら、それは逆効果ではないか?

日本国民は、地上波の報道の少なさにいらだっており、その不自然さにたいして不安を感じているのである。

特に欧州と日本は距離があるので、現在、欧州で起こっているパニックが日本に、ただちに波及することは考えにくい。

この場合、地上波を管轄する方々も、変な親心を出さずに、重要性を優先してちゃんと報道してほしい。それが、報道の義務なのではないか?