アムネシアガール(傑作だ!傑作だ!)

今回は、アムネシアガールについて語ってみよう。

http://amnesiagirl.nobody.jp/

もう少し、読みこんだ後に改めて、長い追記を書かせていただく。

この漫画は、後藤健二先生が、感想を書かれていたので、読んでみたのだが、
衝撃を受けた。

これは、傑作である。

大友克洋の童夢に、黒田硫黄の絵、それと何故かジブリの絵も入ってるのだが、
なんといって表現していいのかわからないが、あえて言うと、ミクスチャー漫画?すごい才能である。

何を、参照にして描いたのか、容易にわかるのに、それでも、存在している作者のオリジナリティ。

再度、言おう。

これは、傑作である。

この作者さん、絵のこなれなさから、あまり、漫画を描いた経験がないような
印象を受けるのだが、たぶん、最初から漫画が描ける人なのだろう。

こういう漫画を埋もれさせないようにするのが、漫画評論の存在意義なのだ。