豪快刑事 第5話(批評家 えりえりから漫画家えりえりへ おまえ絵が雑すぎるんだよ!)

漫画家 えりえり!

おめえ 絵が雑すぎるんだよ!
豪快刑事 第5話 自信作だとか、おめえ思ってたらしいけど、いくらなんでも
ここまで、雑に描いてたら、読者、何が描いてあるかわからねえじゃねえか!

おめえ ネームだからいいとか思ってるかもしれないけど、いくらなんでも
ここまで、雑だと読者に伝わらないから。

おまえが意図してたことの半分も読者に伝わってないから。

アマチュアだからって、雑の言い訳にならないんだよ!!

なので、批評家 えりえりから、漫画家 えりえり へ、こうやったらいいと
伝授しよう。

とにかく、登場するキャラクター 1人につき、ノート1冊潰しまくるくらい描け。これがおまえが今やらなくてはいけないことだ。

えりえり ネーム描きながら、キャラクターの容姿を考えるのはやめろ。出てくるキャラクターは最初から決まってるんだから、まずキャラクター設定をちゃんと描け。第5話で言えば、びいなすなんて、もろに立ちまくるキャラだったはずなのに、おまえがその努力をしなかったために、キャラ立ちせずに死んでしまったじゃないか!

おまえは、第5話のラストで、切なさの感情を読者に喚起したかったんだろう?

だったら、ちゃんとキャラを立たせないとだめじゃないか。ここで、喚起される切なさの正体は、失恋のそれと同じはずだったんじゃないのか?

キャラが立つってどんな状態かって?

教えてやろう。
キャラが立つと、読者は、キャラに対して、愛情を持つようになるのだ。
それにも関わらず、作者であるおまえが、キャラを雑に扱ってたら、読者は、キャラに対して愛情を持つようになるわけないじゃないか。

何?
泣いて謝る?
反省した?

よし、わかった。

だったら、豪快刑事 第5話の②、③をもう一度描きなおせ!!