借り暮らしのオヤジッティ(今回は、短くてすみません。)

今回は、「借り暮らしのオヤジッティ」比家千有先生の漫画について論評しよう。

http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=20493

一読した瞬間、強烈なインパクトと気持ち悪さにのけぞった漫画である。
この漫画は、本当のテーマ最初わからなかったのだが、何回か読んだ後、
テーマがやっと、つかめた。

オヤジッティは、この家族の中にいる引きこもりの長男なのだと思う。
この漫画は、引きこもりの主観的な体験を漫画にしたのだ。

この長男は、引きこもりなので、普段、家族と顔を合わせたくない。
なので、家族が出かけた後に活動する。

できれば、家族の中で、いないものとして扱われたい。
だけども、違和感を持つ自分自身からは逃れられない。

それが、あのオヤジッティの姿なのだ。

その引きこもりの葛藤をファンタジックに表現したのが、「借り暮らしのオヤジッティ」なのである。

ページ数が短いので、書ける論評も限られてる。
絵も上手いのか、下手なのかよくわからない。

ただ、これは、決して、癒し系の漫画ではない。
ハードな葛藤を描いた、かなり重たい漫画である。





sage