3日目

この作品はフィクションであり、
実在する人物・地名・団体とは一切関係ありません。

サイ「俺だよ!
よくもまた解説する気だぞ!
ゲーム名で検索すれば詳しいサイトがあるからあとはよろしくな!」

--------------------
三日目
#1
「リーシャインなんて仲間がでる
SFCのゲームは"ミスティックアーク"しかないな!
ドラクエでお馴染みのエニックスから出たRPGで、
不思議なさみしい世界観が売りだった。
十二国記で有名な山田章博さんのイラストもかっこいいぞ!
でもこんなネタなんのゲームでもできるじゃん!駄目だこりゃ

#2
「カセットの形を語れるほど俺は詳しくない!
てきとうに検索すれば詳しいサイトがあるだろ多分

「"ラングリッサー"はメサイヤという
"超兄貴"で有名な会社が出したシミュレーションRPGだな。
うるし原智志というテカテカした絵を描く
すごいやらしい人がイラストを担当している。
なんかこのシリーズ3DSで新作でるらしいぞ!タイムリー!
今は15年2月!

#3
「俺がやってるのは"不思議のダンジョン風来のシレン2"だ。
ニンテンドー64で発売した。
こんな名前だがシリーズ3作目だな。
風来のシレンシリーズはドラクエ1~5とか"かまいたちの夜"をつくった
チュンソフトという会社の代表作だ。
ローグライクというジャンルのなかでも特に有名なやつだ。
このシリーズの最新作は"世界樹の迷宮"とコラボした
"世界樹と不思議のダンジョン"だ!タイムリー!

「ローグライクはすごく説明が難しいが
大昔のPCゲー"ローグ"のリメイク作品で、
しんだら1からやり直しのRPGということだけ覚えておけばいい。
常時オートセーブだからいきなり電源をきってもその場から始められるが、
しんだ瞬間電源をきっても絶対に1からというわけだ。

「シレン2の最後のダンジョン最果てへの道は
手ぶらで入って武器とかアイテムを自力で見つけてこいという
最難関ステージだ。しかも99階もある。
こんなステージはローグライクゲームにはほぼ必ずあって、
通称「もっと不思議のダンジョン」だ。なんでそう呼ぶかといえば
最初にこんなステージを遊べた"トルネコの大冒険"での名称が
あとの作品でも便宜上呼ばれるからだな。

「パーフェクトガイドはシレン2の3冊目の公式攻略本だ。
エンディングあとの隠しステージの攻略担当だ。
ローグライクは基本的に攻略本はいらないのだが、
アイテムの値段、敵の登場階一覧は役に立つだろう。

#4
「なんのゲームだったかは忘れた

#5
「俺がやってるのは"ロックマンX"だ!
"ロックマン"シリーズの100年後という設定のシリーズだ。
なにを隠そうロックマンとつくゲームの中で
俺が一番好きなシリーズなので、語り尽くすと10000行はいく!
よって語らない!
エアーマンはでないし、アニメ化もしてないシリーズだが、
いまだに格ゲー"MVC3"とか3DSの"プロジェクトクロスゾーン"にもキャラが登場するくらい
隠れた人気のあるシリーズだ。スマブラにも少しでてくるぞ!

ボンボンのコミカライズが有名だったり、
素材があやしいがかっこいい自作アニメがYOUTUBEにあったり、
ニコニコでも同じボスで数千回リトライした伝説のオワタ式とか、
500作品を超えたわけわからんMADとかあって、
とにかく一部で熱狂的な人気があるとわかってくれればいい。

「ロックマンXはWiiUでSFCの"123"が、
PSアーカイブでPS1の"45"と1のリメイクPSPの"イレギュラーハンターX"が
今でもすぐ遊べるぞ!
俺は2とイレギュラーハンターが好きだな!
3DSにもGB版があるけどあれはどうしてもシリーズをコンプしたいなら買うといい。

「ロックマンX123はパスワード制だが、
リトライが楽だからパスワードをなくしてもどうってことはない。

「ザマーミローは"MVC"でのウォーマシンの超必の空耳だ。うそ。

#6
「いまさらなんだが名前スペースのあるゲームなんて
64の"どうぶつの森"とDSのムシキングしか思いつかん!
他にもあったら教えてほしい。


---------------
「わかりやすかったな!
わからないなら検索だ!
そして叫べ!エブリパーティー!!つづく!
sage