美少女熱烈格闘篇

この作品はフィクションであり、
実在する人物・地名・団体とは一切関係ありません。

ガチ勢1「拙でござる。
サイの解説はあまりにもわかりにくいものであるからして、
今後は拙が一切を仕切るでござる。
ガチ勢2「拙者の魔法はすぐキレるでゴザル!さっさとヨメでゴザル!

----------
#1
ガチ勢1「ゲームボーイアドバンス懐かしいでござるな。
グッドデザイン賞いただきでござる。

サイ「カルチャーブレーンはコピペゲーばかり出していた会社だ。

#2
ガチ勢1「ゲームボーイアドバンスSP懐かしいでござるな。
グッドデザイン賞いただきでござる。

サイ「最初は薄いボタンに馴染めなかったが、以降はこれがデフォルトになったな。

#3
ガチ勢1「ゲームボーイミクロ懐かしいでござるな。
グッドデザイン賞いただきでござる。

サイ「実は俺は当時試遊台でやったきりで、持ってない。
ミクロはフェイスプレートという外装を変えるグッズを出すはずだったが、
結局限定商品が少し出ただけで終わってしまった。


---------------
ガチ勢1「わかりやすかったでござろう?
やはり一般人諸君には拙がふさわしいでござる。
ガチ勢2「ニンポじゃねえよ、カラテだよ。
sage