2.13 文芸の話しようぜ

『平和と混沌の学園』面白いよね。更新早いし展開早い。
トーナメント初戦で数年引っ張った上に休載を繰り返すどっかの漫画家も見習って欲しいくらい。
そもそも文芸二ノベで格闘技系バトルって少ない気がする。あったっけ?
今トーナメントが開催されてるけど参加人数は32人とかなりの規模。
こんなにキャラを動かせるのすげーと思うのと同時に、こんなに覚えられねーよ! って思う俺もいるかもしれない。
そんな俺用にキャラクター解説を勝手に用意してしまった。
崩砂糖先生には内緒だ!
怒られるから!


☆大体わかったような気になる! 平和と混沌の学園キャラクター解説

順番は基本的に登場した順、○はトーナメント参加者。



※嘘とか偏見とかテキトーとかトーナメント一回戦までのネタバレとか展開予想とかステマとかあります。
見るなら丹田に気を込めながら見て下さい。






・雨宮
かませのかませのかませ。
関係ないが雨宮って言うと片腕のギャンブラー思い出す。

・野田昭一“アウトロー・キング”
かませのかませ。
三回くらい負けたけどキング。

○愁井こよみ“新しい風”
主人公A。こよみちゃん。
合気があれば何でもできる。空手もできる。
ファイトスタイルは合気と空手を組み合わせた合気空手。まんまだな!
ツバキちゃんとはライバルと言うよりかは喧嘩する予定がある友達といった感じ。
花と鳥と風と月の必殺技を持っている。多分ラスト辺りで雪も使って合気空手最終奥義・乱れ雪月花を披露してくれるに違いない。

・晴空水夏
こよみちゃんのクラスメイト。
残念ながらおっぱいはあまり無いらしい。私は一向に構わんッッ
非戦闘員なのにこよみちゃんに付いてくるあたり実は一番メンタルが強いかもしれない。

○渡辺ツバキ“ミラクルルーキー”
主人公B。ツバキちゃん。
またの名を“天才美少女ファイター”。事実とは言え自称はどうかと思うぞツバキちゃん!
『実力ある配下を従えてこその“王者の器”』とは言うが配下の実力は名有りキャラでは下から数えたほうが早い気がするぞツバキちゃん!
至近距離からでも関節をフル回転させて高い威力を生み出す“零距離砲(ネヴァーレンジカノン)”など高度なテクニックを持つ。流石のネーミングセンスだツバキちゃん!
なんとお酒に弱いことが判明した。おさわりするなら酔わせればいいってわけだなツバキちゃん!
多分殺される。

・砂原巧
ツバキちゃんの取り巻きA。
中学時代はボクシングでも全国クラスの実力。
面白い人に倒された。

・桜井桜子
ツバキちゃんの取り巻きB。
蹴り技が得意。
面白いポーズの面白い人に倒された。

・紺野瑞人
ツバキちゃんの取り巻きC。
突き・蹴り・組みとそつなくこなすトータル・ファイター。
面白いボーズで面白い技を操る面白い人に倒された。

・如月凛慕“煉獄案内人”
面白いポーズで面白い技を操る面白い異名の面白い人。
ツバキちゃんの配下三人を一捻りしたが小手先の技など天才ツバキちゃんには通用せず三話で轟沈した。
『こんな小技で成り上がれるなんて、ますます地下格闘のレベルを疑いますね』とは言うがそんな小技で見事にやられてぶっ倒れてる三人が可哀想なのでやめてあげてツバキちゃん!
地味にポマードは伏線だった気がしないでもない。

○夕凪(ゆうなぎ)みのり“魔女の愛弟子”
生徒会役員。
次期生徒会長との呼び声高い実力者にして現在の生徒会が歴代最強と目されている理由の一角を担う人物である。
妙技・マッハふみふみもとい“積み木崩し”により敵の動きを制限しながら戦う技巧派。
ついたあだ名は“重力姫(グラビティー・プリンセス)。
まさかこんな強い奴が一回戦で負けるわけないよな!
負けました。

○西園寺逢衣“金色のエンターテイナー”
プロレスラー。
ボンバー!!!

○田嶋恵士郎“戦慄の軽迫撃砲”
バンドマンにしてガードマン。
隙を読む能力に長け、ここぞと言う場面で精密な打撃を放つ。
人間離れした聴覚と音感を有し、サックスによる『指向性を持つ音撃』――頗る付きの衝撃超音波ウルトラ・ショック・ソニック・ウェイブで数々の暗殺を達成してきたが飛び道具禁止のためトーナメントでは不使用。
と言う裏設定があるかどうかは知らないが、素手の彼は奮戦むなしく白木沙耶に全身をバラバラにされてしまった。

○瑠璃島樹理“血染めの朝焼け”
中学時代は裏で暴虐の限りを尽くし、傷害・恐喝・強姦など、殺人以外の犯罪のほとんどを網羅した悪童中の悪童。
戦闘スタイルは暗器。と言うかあんまり隠す気無いので武器全般。
まさか戦闘描写無しで負けた奴がトーナメントに出てくるとは思わなかったぜ。
トーナメントでは九条に再戦を挑む。が、案の定敗北。
飛び道具以外ダメならもう鎧着込んでポン刀とか槍とかチェーンソーとか持ってくれば良かったんじゃないかな。
まあ負けるだろうけど。

○杭瀬改新“何でも屋”
何でも屋ったら何でも屋。
色々と武器や道具を調達してきたらしい。駆逐艦如月の含み針とかは彼の仕込みの可能性が高い。
一回戦で辞退、実力は未だ未知のままである。
ほたるちゃんと澪音ちゃんに対してレズカップルと言い放つ。
俺もちょっと思ってたけど言ってやるな!

○笛吹奏“最新最後の忍者”
忍者同好会の部長にして唯一の部員。
アイエエエエエ!? ニンジャ!? ニンジャナンデ!?
忍者がトーナメントに出てくるってのはどうなんだろうか。忍べよ!
暗殺術を大勢が見てる前で披露する奴が勝ち残れるはずがないのだった。
どうでもいいが含み針は多分反則だぞ。
この人持ってくる弁当とお茶がやたら美味いんでしょ。知ってるよ。

○保志圭次
ボクシング部。野田を過去にのした。
“ランダミング・ジャブ”と言う自身にも軌道がわからない完全にランダムなジャブを武器に戦うもこよみちゃんに押し切られる。
どういう理屈か今ひとつわからないがとにかく凄いあたりにゴリッチュゲーの『龍曲』を思い出す。のは確実に俺だけだろう。
トーナメントではこよみちゃんにリベンジを誓い、ジョーカー相手にスペードの3を出すもそんなルールうちには無いよって言われて敗北。

○澪瀬澪音“守護者”
ほたるちゃんを守るためなら何でもする人。
ん? 今何でもするって言ったよね?
転校すればいいんじゃないかな。
空中戦が得意な相手に空中戦させないと言う戦術的にはとても正しいけど展開的にはどうなんだ戦法で勝利をもぎ取った。
これも百合の成せる技である。

・灯ほたる
澪音ちゃんに守られる人。
居残りしなくちゃいけない理由があるらしい。
転校しちゃダメなん?
どうやら学園で何かをしなくちゃいけないみたい。

○滝川アヤキ“夢食い”
“陽光が丘の魔女”と戦った過去を持つ。こよみちゃんとは中学の先輩後輩。
あれ? こいつ主人公だっけ? ってくらいカッコ良い。誰が言ったか前作主人公。
化物状態の鳥月を軽く下す。
ウィスキーを常飲する不良だがクスリやってる奴がそこらにいる陽光が丘ではマシな方である。

○九条護(くじょう・まもる)“合気道部の異端児”
合気道部の主力部員。
熱くなりやすい性格で葉月先輩を敬愛している。
合気の技術ならこよみちゃんをも上回り、武器持ちの瑠璃島を二度退けた。
名前がどことなく非戦争主義者みたいだが特にそんな事はない。

○葉山葉月“合気完全体現者”
合気道部部長。
不戦勝のため今まで戦闘描写ゼロ。
四天王よりは強いはず。

○儚木縁“陽光が丘の魔女”
現生徒会会長。
つよい

○琴田響一郎“魔女の懐刀”
学園最強である生徒会長の代理人にしてバ……道具。
生徒会長直伝のエネルギーの完全支配能力を持っている。能力バトルかな?
天才ツバキちゃん曰く「力の流れやベクトルではなく、エネルギーそのものを変質させ支配している……」とのこと。全く理屈はわからんがとにかく凄い。
一回戦敗退者の中で最強だったけどツバキちゃんの天才っぷり(主人公補正とか言っちゃダメ)の前に敗北。
改めて見直すと会長の道具(意味深)とか羨ましすぎるので当然の結果と言える。やっぱりツバキちゃんのキックを……最高やな!

・黒崎藤高“魔女の右腕”
生徒会長といちゃいちゃえっちっちしてる↑が妬ましい。
アヤキがビッチビチのビッチって言うから……期待しちゃったじゃない……! って裏でハンカチを咥えてるかもしれない。
生徒会長は左利きなんだよ(適当)

○片倉亜実“紺濁”
生徒会副会長。特にスピリチュアルではない。
モノローグが長かったので初瀬を瞬殺した。
トップ絵から見るとこっちの方が生徒会長っぽい気がしないでもない。
生徒会はウチを入れて四人や!

・日本拳法部の銀山真
縦拳を採用した。負けた。

○矢岳昇介“投帝”
陽光が丘四天王の一人。柔道部のエースで部長。
唯一の一回戦敗退者。奴は四天王の中でも一番の小物……と言うわけでもないと思う。
投げたら極めて折るって陸奥が言ってただろ!

○柊渉“帝釈天”
陽光が丘四天王の一人。豊富な格闘技経験をもとに、我流の格技を体系化して部まで作ってしまった異才。
まともすぎるほどまとも。
敗北フラグをワンパンでへし折り見事彼女をゲットした。
最近やったエロゲに「殺人衝動を抑えられない女の子と超ハードSMプレイをする」みたいなシチュエーションあったけどまさかこの人……
 
○白木沙耶“堕ちた天才”
陽光が丘四天王の一人。総合格闘技部の天才グラップラーであり、関節技で右に出る者はいないとされる少女。
趣味は人の関節を外す……と言うか壊すこと。ジョイントフェチキャラである。
自分の関節を外した時にまさか魔拳を使うんじゃあるまいなと思ったけどそんな事は無かった。

※魔拳……攻撃時に自らの関節を外す事によって打撃の軌道を強引に変化させる滅茶苦茶痛そうな技。詳しくは『正義の味方ギガトラスト』参照。

○御堂ゆずき“オールウェザー”
陽光が丘四天王の一人。文武両道の眉目秀麗、何でもできる天才。
キックボクシング部に所属している。
天才といいキックボクシング(っぽいスタイル)といい、ツバキちゃんと近しいところがあるのかもしれない。
隙のない強さはまさに完璧。
彼の試合は安心して見られるだろう。(次の対戦相手から目を背けつつ)

○初瀬希衣“爆裂ビート”
かませ。

○神田未知子“切り裂き蛾”
『殺せる』少女。髪に剃刀を仕込んでいる。走ったら顔ズタズタになんねーのかな。
「負けるな」「負けるね」と言うしつこいほどの前情報から本当にすぐ負けた。

○鳥月玲奈“妖鬼”
都市伝説同好会。
怪物を覗いてたら怪物になっちゃった人。ニーチェかな?
ハサミで下の階から攻撃する仰天技を見せたが力とか技術よりも床の薄さとハサミのデカさが気になって仕方ない。
前作主人公には勝てなかったよ……。
せっかくなので口裂け女になった。

○橘蜜柑(たちばな・みかん)
家庭部の部長。
杭瀬から大金はたいて買った特殊繊維にて見事敗北を喫する。
おいこれ不良品じゃねーか! 金返せ!! と言いたいところだが多分ゆずきが強いのが問題。
肋骨が折れてるのはまあいいとしても(あまりよくはない)内蔵が破裂したかもしれないのは流石にやりすぎだろ!
もう一段くらいは手加減してやれよ!!

○木坂ツクシ“バトルメイド”
メイド部所属。
やった! メイドさんだ! メイドさんだぞ! ところでメイド部ってなんだ……?
第一回戦で忍者と当たったがメイドパワーで勝利。忍者がメイドに勝てるわけないだろ!
忍者同好会に続いてメイド部も一人しかいなかったら笑える。
ご主人様って誰だろ。既に登場してる人物だったら杭瀬あたり?

○苅夜巫女人“放課後のジョーカー”
放課後のジョーカーである。またの名を『放課後のジョーカー』。放課後のジョーカーとも呼ばれている。
元ネタをググると笑いしか出て来ないぞ!
相手の瞬きに合わせて攻撃を仕掛けるすごいけどこすい技で保志を圧倒する。
そして“ジョーカーモード”。自動で敵の攻撃に反応するすごいけど絶対裏をかかれて負けそうな切り札で保志を撃破。
強い……! 強いけど次の試合で絶対負ける……!!
だって相手主人公だし……!!!

○神風ミリル“純白の死神”
保健室通いの病弱風少女。実は生徒会の手の者。
初手鎖鎌と言うドン引きな戦法を取り豪快にぶん回すがプロレスラーに武器を見せたらそれはもう突っ込んで来てってフリみたいなもんであった。
スターの西園寺に憧れてプロレスの道を進むものの何故か微妙に道を誤り泥レスショーに出ることになるとは知る由もない。

○天架舞華“スカイマスター”
満ち足りた月の夜に今より遠く願うトランポリン同好会の天才。この学園色々やってんな。
アヤキにラブコールを送り勝ってくるぜと親指を立てるも百合パワーの前に斃れる。
大胆な告白は女の子の特権。

○後藤尋絵“明緑色の悪魔”
学年・クラス一切不明。どういうことだよ。
素性不明ながらも悪魔のような身体能力を持つデビルマンレディー。
その圧倒的な膂力で魔女の愛弟子を粉砕した。
次の相手葉山先輩なんだけどこの試合が一番読めない。
まだ底どころかまともに戦ってすらいない葉山先輩が負けないとは思うが……。

○胡桃ヶ丘夢悠“偶像教祖(カリスマアイドル)”
クルミ教の教祖、夢悠さま。
信者の応援歌『いくさ歌』によって自分の能力を飛躍的に高める。
>「聖歌じゃないよ、これはいくさ歌――五十人の信者たちの信仰が、私の力を引き上げる」
>「!? そんなファンタジーがあるものか!」
>「この学校でその突っ込みはナンセンスじゃない?」
せやな。
ドーピングで勝負を決めようとするも軌道を見切られ敗北。
「夢悠さまこそこの学校の長となるべきお方!」って信者に言わせてるけど学校の長は普通に校長だと思うぞ。

○救堂ダルク“断罪の使徒”
夢悠さま曰く、自己満足の正義フェチ。正義の力で戦う。
意外にも柔軟な思考と戦術眼を持っているようだが、まだ底は知れない。
まあ愛の力に負けると思うけど。

○東條凍牙“暴君”
三年J組を率いる支配者。
心のなかで敗北を認めてたのにトーナメント開催の知らせにて一念発起して猛特訓を始めた。遅いよ!
陽光が丘四天王それぞれの得意分野で張り合える強者。
よし! これは勝ったな!
生徒会長が!
まあ案の定と言うか何と言うか魔女に屠られる。逆に勝てると思った人が一人でもいるのだろうか。



以下二回戦以降の展開予想。

まず勝ち上がって来るのが
Aツバキちゃんor副会長
Bこよみちゃん(ほぼ確定)
Cアヤキ先輩or葉月先輩or後藤さん
D会長(ほぼ確定)
なのはまず間違いない。

ツバキちゃんが副会長に勝てるかは怪しい所だがそこは天才なのでなんとでもなる。
ABはツバキちゃんVSこよみちゃんが鉄板ではないだろうか。
副会長に勝っても相当ダメージが大きいはずなので有利なのはこよみちゃんである。
Cは接戦だが恐らくアヤキ先輩じゃないかなとは睨んでいる。対抗で後藤さん。
そうなるとCDはアヤキ先輩VS会長のリベンジマッチになるが、勝てる確率は低い、と言うかメタ読みするとまず無いだろう。
ってかここまでメタ読みするのもアレなんだけど……ぶっちゃけこのトーナメントで終わらないとなると優勝はまず間違いなく会長のはずなんだよなぁ。
ツバキちゃんかこよみちゃんが挑んで負けてそっから次の話だとは思ってる。
自然な展開としては、

ツバキちゃんVS副会長でかなりダメージ与えるがツバキちゃん惜敗

ダメージのおかげで副会長に勝つもこよみちゃん満身創痍

コンディションのせいもあって会長に敗北

……が主人公二人を同格に保ちながら次章に移れると思うんだよね。

うーん、やっぱり展開予想は面白い。
作者にとっちゃたまったもんじゃないとは思うけど。
崩砂糖先生本当にごめんなさい。
面白いからみんなも平和と混沌の学園読もうぜ! (ごまかす)
sage