「×××の塔」   針山 作
http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=17570

こちらの作品プロローグだけの登録で13日更新でした。初見の作家さんになります。
以前に何か作品を発評されていて、PNを変えての再チャレンジなのでしょうか。
それとも純粋に初登録でしょうか。わからない。13日に更新してくれたので感想書きます。そりゃね。
何にせよ、パスワードを忘れての同じ作品の再投稿でしたら、だぶるでしょうし編集部で申告すれば同じ作品消してもらえそう? どうなんだろう。作家名で検索すると同じ作品二作出てきました。

■各話ごとの感想

プロローグ
プロローグのたった数行のためにしかも、初回の更新これだけしかないのでは感想の書きようが……。難しいのが正直な感想です。いいですよ。とりあえずってのも悪くはない。
第一話もせめて一緒に更新されていれば作品のことにもっとふれることができたと思いますが。
ですからさわり程度にこれを感想とします。

■作中特に印象的だった箇所

・地球が傾いたのかと思った。
何か大事な法則や概念を破壊していると思った。

■言語崩壊とはいえSF。なにやら新都社ではにわかにSF作品への関心が高まっている模様。期待していいのでしょうかね。目にもの見せられるような連載期待していいんですか?


以上この作品に関する13日更新分の感想はここまで。