「陽子と春子の物語」   aco 作
http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=17740


初見の作家さんです。別名かもしれない。しかし確信はないので初投稿として認識。
新作の一作目としての投稿。感想日程にあわせられたのは偶然か否か。頑張ってほしいところです。
書きたい気持ちがひたすら先行しておられるのか、所どころ推敲に欠ける部分が見受けられました。
書き慣れていないということでしょうか?



■高三女子が語る双子の妹たちの夢物語。
ほんわかとした趣のある作風でした。雰囲気は悪くない。良い。持ち味だと思いましたので誇っていい。
仲良しの双子姉妹がいてそれを楽しく見守る姉の私。和気あいあいとした空気が伝わってきて心温まります。
朝、家族が揃う場に起きてこない双子の片割れ春子。それを起こしに行くもう一方の双子の片割れ陽子。二人が一緒に見る夢の話になってこれといった落ちもなく終わる。落ちだったかもしれないが分かり辛かった。
ジャンルに「夢落ち」とあり期待しましたが見事に肩透かしを食らいました。残念。
厳しいことを言いますと、一話分での更新なら何か夢落ちになるような、ひいてはそれが読者の掴みになる描写が欲しいところです。作家さんの中だけで物語が出来上がっていても読者には伝わってこないと思います。
ジャンルに夢落ちとあるだけに、この一話目の更新であっと思わせる何かを仕込むとか、語術トリックみたいなものがないと読者の気持ちを掴むのは難しいと思いました。
長文は書き慣れておられない感じなので今後数をこなして執筆に慣れて欲しいと思いました。
まず手始めには奇をてらって頑張りすぎず、テクニックとかも考えず、丁寧な普通の文章、物語の組み立てを意識してみて欲しいと思いました。


以下特に気になった点を具体的にあげておきます。


作品冒頭、第五段落までの人称が分かり辛かった。誰の視点なのか、誰の台詞なのか、登場人物がどういう人間なのか。読者が得たい情報をまず分かり易く(ほかの上手な作品を参考にしながら)書いてください。


「一つの夢を二人でアクセスするという感じだ。」
この部分、日本語としては間違いではない。文も正しい。ですが表現としては前の文脈から違和感を覚えました。おそらくここで書くなら「一つの夢に二人で(が)アクセスするという感じだ。」ではないかと思います。
感覚的な部分なので気にならない読み手もあるかと思います。語感の問題でしょうか? 個人的には気になりました。


しかしギャジラはだけど今日(夢)、
普通に難読です。読み詰まる。



あと、処女作で一話目難しいと思いますが、「まとめて読む」ではなく何かタイトル欲しいところです。



以上この作品に関する18日更新分の感想はここまで。