きぼん感想/三人ver


どうも、きぼん感想組です。

今回感想分担の際に「チャット形式で感想とか述べたいよね」という意見で盛り上がりまして、折角のお祭りということもありまして突発的にですが感想会を行わせて頂きました。

各々が書き詰めた感想とは別におまけとしてアップロードさせていただきます。
共に楽しんでいただけたら幸いです。


あるまいと(長いので以下ある): この度は新都社十周年おめでとうございます。

ある: ★10周年記念・文芸チーム感想企画★という素敵な企画に参加できてとても有難いです
ある: 今回、きぼん作品の感想を崩砂糖先生、猫瀬先生、そして僕硬質アルマイトで努めさせていただきまして
ある: 感想文と共に、三人で今回更新された七作品を感想会と称して更にチャット形式で語ろうという企画を考えさせていただきました
ある: それぞれ担当した感想文とは別に、ちょっとしたお祭り感覚で楽しんで頂けると幸いです
ある: では、簡単にですが、改めてきぼん担当の三人の紹介をさせていただきます
ある: 文藝新都及びニートノベルで「週末のロストマン」etcを連載させて頂いております。硬質アルマイトです。
崩砂糖: ニートノベルで「平和と混沌の学園」を連載させて頂いております、崩砂糖です。よろしくお願いします!
猫瀬: いまはニートノベルで「ゴールデンクロス・デッドクロス」を書いている猫瀬ですー
ある: 以上の三名で感想を書かせて頂きました!
ある: お二人共感想文提出ありがとうございました。分担から感想執筆までとても良いペースで進行したので本当に良かったですw
ある: さて、感想文に関しては一緒に更新されているきぼん組感想をそれぞれチェックしていただけたらと思っております
ある: こちらでは、担当の垣根無く、更新された七作品をそれぞれ振り返ってみたいと思います。
ある: 感想に関してですが、13日に早く更新された順番に感想会を行っていきたいと思います


   ・


■一作目  バーボンハイム先生著作「アサシーノス」


ある: アサシーノスですが、非常に映画色の濃い画と、ハードなアクション、展開で進む物語です。
崩砂糖: 映画的な作品だなあ、というのはやはりまず感じますよね。
猫瀬: 担当は僕ですね。前から読んでいた作品だったので感想も書きやすかったです
ある:  ワンカットを切り取ったような画がすごくカッコ良くて、読み始めると止まらなかったです
崩砂糖: アクションシーンの緻密さと迫力はただただ圧巻、でした。
ある:  更新の度に読んでいた作品だったのですが、改めて一から読むと、本当に一本の映画を見ている感覚になれました
猫瀬: 漫画だからこそできる演出、というのが本当に多く感じられますね
ある: うんうん、個人的に四話のカースタントをしながらの銃の撃ち合いでテンションがすごく上がりました
ある: それだけに、どこまでも暗殺者としての業を背負った末路のように進むダークな展開が少し悲しい……
崩砂糖: 圧倒されながら読みきって、これがきぼん連載ということを思い出して驚きを感じたのは内緒ですw
ある: すいません、僕もそれは思いましたw あれ、これきぼん……きぼんだよな……!?w
ある: あとは後半にいくにつれて大分ハードな描写が増えていきますよね。局部の描写とか
ある: 猫瀬先生が感想でもその辺りに触れていましたが
崩砂糖: 今はまだ顔見せ程度の教会の面々がどう関わってくるかも気になりますね。
猫瀬: 教会は謎が多いですね。同じ組織でありながらそれぞれが別の方向性を持っているというのがなんとも
ある: 各々の思惑が動き始めたところですし、そこにディエゴがどう関わってくるのか……気になる
崩砂糖: ディエゴはまさにダークヒーローって感じがします。
猫瀬: どん底から立ち上がったディエゴの再び戦う姿が早く見たいです
ある: ディエゴがどう再起するのかに期待が掛かりますね。
ある: できれば報われる方向に行ってくれたらと思うんですが、失うものが無くなったからこそ落ちに落ちていく気もして、そこがどうなるのか今後を待っている状態ですw
ある: 七話の衝撃も中々だったので……
崩砂糖: ここからの再起はカタルシスも大きそうですが、それもまた破滅への道というような気はしてしまいますね……
ある: 非常に続きの気になる九話「遺灰」からの展開に期待したいですね。
ある: 尚この作品には通常とは別に「解説付き」というページも添えられています。
ある: よりアサシーノスの世界に浸りたい方は、是非解説と共に読んでみてください!
ある: 13日更新一作目。バーボンハイム先生著作「アサシーノス」でした!


   ・


■二作目 ぽこちん たつお先生「革命 リヴァリューツィア」


ある: こちらは崩砂糖先生に担当していただいた作品です。
崩砂糖: コメディありサスペンスあり恋愛ありの作品です。まだ謎も多く、目が離せませんね。
崩砂糖: ソビエト連邦が存続している現代という特異な世界観の作品です。意外とありそうでない設定な気がします。
ある: ソ連やモスクワでのデモ、ユーリの拷問シーンもそうですが、こちらも中々ハードな内容ですよね
崩砂糖: 実はきぼんってコテコテの少女漫画のほうが少ないんじゃ……?
ある: きぼんの広く深いジャンルの包容力…!
ある: きぼん「なんでも来いよ!」
崩砂糖: wwww
崩砂糖: 感想文でも触れてるんですが、タクミ君が本当にいいキャラしてますww
猫瀬: まあ、そもそも新都社読者に「少女」はあまりいないでしょうし、なんとなく少女マンガでもいいのかとw
ある: なんとなく少女マンガw
ある: タクミ君を含めて学園パートの子達は癒やしです。うまい連呼してるタクミ君が好きですw
猫瀬: タクミは良いキャラしてますね。いまどきこんな男の子いないだろwとも思いますが
崩砂糖: タクミ君の「さっきヤフーでレズってググったんだ」という台詞の突っ込みどころの多さが好きですw
崩砂糖: タクミばかり触れましたが(笑)、ユーリの心情が今後変化していくのかも気になります
崩砂糖: ユーリもディエゴ同様、業を背負っている部類のキャラですし……
ある: 「確実に殺す」と断言しているユーリですが、果たして本当にハルカちゃんを手にかけられるのか…
ある: きっと今後そういった部分に変化が生じてくるのかな、とユーリの変化はとても楽しみにしています。
ある: でも、同時にそれは弱さにもなってしまいそうで、現状最強状態のユーリが苦戦する姿も今後あるのかな、と
ある: その辺りがとても気になりますね……
崩砂糖: ただ、ハルカちゃんもただの守られヒロインでは終わらなさそうですね
崩砂糖: 彼女(と彼女の家族)が物語のキーのようですし
崩砂糖: それも含めてどう伏線が回収されるか気になります
ある: この六話を機に二人の立ち位置にも変化が生じそうですよね。ハルカちゃんもユーリに不信感を抱き始めましたし
崩砂糖: ターニングポイントにはなりそうです
ある: あとはタクミ君の父親かな……。テロへの対応の早さが少し気になっています。彼もまた二人とは別方向で関わるのかなって思っています
ある: ですね……
猫瀬: ここからどう動いていくのかが正直わからないので、またひとつ大きな事件が起こりそうな気がします
崩砂糖: 革命をタイトルに冠するくらいですしね。 2015/3/19 0:37:36
ある: まだまだ序盤のイメージがありますし、タイトルが回収された時、どんな状況に彼らがなっているのかな……むう 2015/3/19 0:38:25
猫瀬: みんなの日常をもう少し見たいところもあるし、うーん、ゆっくり進んでいく感じですかね
ある: 学園パートはもうちょっと見たいですねー。特にやはりタクミ君を……w
崩砂糖: テロリスト編がどう終息するかで、今後の日常パートと非日常パートの比率は決まりそうですね
ある: 終わり方次第ではシリアスに突き進む必要も出てきそうですし、難しいところですよね
崩砂糖: 日常回もう二度と来ない可能性もありますしね。注目です
ある: 今後の更新も楽しみに待ちましょう!
ある: ぽこちんたつお先生著作「革命 リヴァリューツィア」でした!
ある: 追記ですが、この作品にも世界観の説明があります。よりリヴァリューツィアの物語を知りたい方は是非ご覧ください!





■三作目  藍田レモン先生「ほもほもほも」


ある: 簡単にあらすじを言うと、りぼんがサム先輩に挿入していく話です!
崩砂糖: まったく間違ってないのが恐ろしいwwww
ある: ほもほもほも読みながら、とてもきぼんらしい作品だなって思ってしまうんですが、いかがでしょう……?w
猫瀬: たしかに4コマですけど、ぷげらよりはきぼんって感じですね
崩砂糖: 確かにぷげらよりきぼんなイメージですね
崩砂糖: 挿入ネタだけでよくあそこまでパターンが出せるもんですw
ある: 非常にきぼんらしい……w
あるまいと: オチが決まっていてもあんなに自由に書けるのがすごいですw
崩砂糖: もはや様式美……w
猫瀬: 感覚だとしても計算だとしても恐ろしい才能です
ある: きぼんのバカ殿と言っても良いんじゃないでしょうか・・・w
崩砂糖: バカ殿、納得!w
ある: 計算しててもすごいし、感覚でここまで書けるとしたらもうひれ伏すしか無いですw
ある: あと、今回更新されていた中で、きゅうり回が一番笑いましたw 猫瀬先生も感想を書いていましたが
ある: 最早サムからいくんだ・・・ってw
崩砂糖: 様式美を逆手に取った変化球は長期ギャグ作品の定番ですが、その手のものはことごとく面白いw
ある: お二人的に特に好きな回はありましたか?
猫瀬: 僕も今回だときゅうりですかね。挿入以外のネタになるんですが、理事長が出てくる回はどれも好きです
崩砂糖: スケート回のCM演出ですねww 予測可能回避不可能の笑いでした
崩砂糖: 何が「この後衝撃の展開が!」だよとww
ある: きゅうり良かったですよねw 理事長はあのあざとさw
ある: 「衝撃の展開が!」の先も分かってるのに・・・くやしいw
ある: ビリヤード回とか、ゴーヤを必死に回避しようとする回とかも中々好きでしたw
ある: ズン!ネタでもう三十六話ですもんね……恐ろしいな……w
崩砂糖: 天才ですね……
ある: こんな天才がゴロゴロしてるんだから新都社はこわい…!
ある: 是非ともまずは五十話。百話・・・は難しいですかね、でも行って欲しいですw
猫瀬: そうですね、これからも続いて1000コメも達成も期待したいです
ある: 五十話いくころには1000コメもいってそうだ…w
ある: 今後とも魅力的なズン!ネタ楽しみにしております! 藍田レモン先生著作「ほもほもほも」でした


   ・


■四作目  紅月ぐりん先生「女装少年のゆううつ」


ある: 女装少年の山田くん(通称姫)と、モテる少年長田くん(通称王子)による。小学生×女装×BLモノです
ある: こうして見ると、中々にすごいジャンルをこれでもかと突っ込んでいてすごいですねw
崩砂糖: しかし、これはまさしくきぼん作品って感じですね
猫瀬: きぼんの初期の頃からありますしね。一話一話のまとめ方がきれいだなーと思います
崩砂糖: ジャンルで面食らうものの、ストーリーや心情描写が丁寧でしっかりしてますよね
ある: 5,6pで且つ一話単体でも綺麗にまとまっていて良いですよね。とても読みやすかったです
ある: 各キャラの背景と、それを解決しながら姫と王子の距離の近づきをじっくり描いていてとても良かった
ある: 二人の甘酸っぱさを見ていると、二人共男の子であることを忘れそうになります
ある: まあ、男の子が甘酸っぱいってのでも十分アリですね(?)
崩砂糖: 小学生なら男女の容姿差もまだ少ないんでセーフです、きっと!w
ある: 変声期もまだですしね・・・ふふふ
ある: 小学生ならではのイタズラやイベントがあるのも面白いところだと思います。スカートを捲ったりとか・・・一度でいいからやってみたかったです
崩砂糖: やってみたかったですねー(笑 小学生という設定をしっかり活かしてますね
猫瀬: コメントにも書いてあったんですが、小学生でありながらも内側では大人びた思考を持っているというのが少女マンガ!って感じがします
崩砂糖: 実は正統派というか実力派というか、王道ですねー
ある: 全体的に精神年齢は高めですよね。パンツァーの増野くんも、蓋を開けてみると自分の背景ゆえの行動で、ただのヤンチャというわけでもありませんでしたし
ある: 少女漫画っぽい、各キャラの揺らぎ方がとても繊細に表現されているなって思います
ある: 今現在は演劇を軸に姫の想いにスポットを充て始めているので、ここからどのように展開していくのか非常に楽しみです
ある: 女王というこれまた魅力的なキャラも現れましたしね
崩砂糖: 女王も掘り下げて描いてほしいですねー、あと川野さんにさらに出番を!w
崩砂糖: 増野君と川野さんのやり取り駆け引きも好きでした
ある: 川野さんはスクープを撮るという目的から離れてどういうポジションになるんでしょうね。増野くんとのやり取り僕も好きですw
ある: 女王の登場から姫が女装するきっかけも知ることになりそうな演劇編! とても楽しみです!!
崩砂糖: 演劇を通して王子と姫が何を得るのか、変化が生じるのか。気になりますね!
ある: 紅月ぐりん先生著作「女装少年のゆううつ」でした!





■五作目  ふりふらた先生「フェイクで猫」


ある: 共働きの家の子、ルウ子の前にやってきた喋る猫、にゃん太との日常を描いた物語です
猫瀬: 最初見たときはぷよぷよのカーくんみたいだなーと
ある: あ、確かに言われてみるとカーくんみたいだw
崩砂糖: くっ、ぷよぷよ詳しくない……!w 丁寧語口調なのがシュール可愛いですww
ある: 紳士的ですよね。ねこじゃらし断るところとか胸がきゅんきゅんしましたw
猫瀬: 「ね、ねこ?」って疑問は最初から感じてたんですが、にゃん太が喋れば喋るほど「猫ちがう!」ってなっていきますね
ある: 本当に猫らしさは無いですよね。バルサン買いに行こうとしちゃうし
ある: しかしこのにゃん太はどんなヒミツを隠しているんでしょうね。この可愛さの裏にあるシリアス展開は一体・・・w
崩砂糖: あの顔で、丁寧語で正論やマジレスを述べる様はなんか笑えてきますw
猫瀬: 今回はすごく気になる終わり方でしたね。黒川さんも悪い人ではなさそうだけど、シリアスなのかぁ
崩砂糖: シリアス展開がどのくらいシリアスなのかも気になるところです
ある: 黒川さんの素性が分からないですよね。一体にゃん太で何をする気なんでしょう
ある: でも作者自身が言うのですし、これまでの日常回とは少し色合いが変わりそうですね
崩砂糖: ですね。まさかのバトル展開……は、無いだろうなと断言しときますww
ある: バトル展開w
ある: 流石にそれは突然の路線変更に戸惑いそうですw
ある: このペースだと十話前後で完結もありそうな気はしますよね。さて、どのようにこのお話は進んでいくんでしょう
ある: 今後もにゃん太見て癒やされたいので長く続くといいなーと思ってたりしますw
ある: ということで、ふりふらた先生著作「フェイクで猫」でした! 今後も更新お待ちしています!


   ・


■六作目  玄界灘先生著作「エンゼルシューター」


ある: 特殊な能力を持った少女達の戦記モノです!
ある: こちらは崩砂糖先生が感想を書いていらっしゃっております!
ある: 可憐な少女とエグい戦場描写が合わさった作品ですね。戦場の凄絶さが出ているといいますか・・・
猫瀬: 結構難しい世界観と設定だなと思うのですが、読んでみるとそういうものはあまり感じませんね。丁寧な描き方のおかげでしょうか
ある: 場面運びがとても綺麗ですよね。僕自身戦記物って少し苦手なところなのですが、するすると読めました
崩砂糖: 読みやすいんですよね、意外なほどに
崩砂糖: 女の子達は可愛くもたくましいんですが…… 戦争モノゆえ、いつ死んでもおかしくないのが怖いです
ある: ですね、倉橋さんは退場するんじゃないかってハラハラしてました
ある: 偏見ですが、戦記ものって男性達が壇上に立っているイメージがすごく強くて、だからか女性がメイン且つ奥の手であるという配置がとても目を惹く題材として機能しているのかな、と思いました
ある: ちょっと言葉が拙いな・・・w
崩砂糖: 男性陣の描写もしっかりしているから、少女たちがより引き立って見える気がします
猫瀬: 戦う少女という点では「クレイモア」に似ているなというところもあったのですが、たしかに扱われ方は結構独特かもですね
ある: クレイモアはほぼ少女でしたよね。確か敵も覚醒する前は戦士なんでしたっけ……? ごめんなさいちゃんと読んでいるわけではないので
崩砂糖: 華々しいようでそうではない処遇ですしね。何気に複雑な立場の少女たちです
崩砂糖: ゆえに嫌な予感や不穏な気配を常に片隅に感じずにはいられないです…… 悪い方向に行かせようと思えばいくらでも行かせられる設定・状況ですし
猫瀬: シリアス展開が多くなってしまうのは仕方ないですね。少しでも報われる終わりになればいいのですが、緊張感があるなかでかっこいいシーンがあるのも魅力のひとつです
ある: シリアスで不穏ながら、この張り詰めた緊張感は読んでいてすごく心地いいです
崩砂糖: 主人公の過去もまだ明かされていませんし、戦争全体がどうなっていくかもまだわかりませんしね。どういう終わりになるかまだ読めないです
ある: まだまだ語られていない事が多いですね。ただリメイク版開始の際に、確か全何話予定かも記載されていた気がするので、結末と流れは決まっているのでしょう
ある: わりと、緊張した戦場と共に描かれる大佐が裏で策を練る姿とかも好きなんですよね
崩砂糖: うーん、気になる!w なお余談ですが、僕の感想文でも触れていない僕のイチ押しキャラはモモですw
崩砂糖: 容姿も性格も能力も好きだけど、かなり死にそうな予感がするという…… 大佐パートは戦争って感じで僕も好きです!
ある: モモは確かに可愛いですね。反則のような能力・・・w
ある: ただその死に方も、兵として死ぬか戦場で死ぬかによって残酷さが変わってくるなあ・・・
崩砂糖: あんな異能力持ちが揃っているのに、容易に無双できなさそうなのが戦争のシビアさというかなんというか。
ある: ですね、強力な駒だけではうまくいかない・・・
ある: 無敵とはいかない彼女達。一体どのような結末が彼女達を待っているのか、今後も更新を待ちながらいたいと思います。
ある: 玄界灘先生著作「エンゼルシューター」でした。
ある: 今後も更新お待ちしております!
















■七作目   RM307先生「百合漫画祭り不参加作品」


ある: 簡単なあらすじですが、二人の少女の逢瀬のお話となっております。
ある: 自分でも驚いたのですが、今回僕に感想をということで指名を頂いた作品ですが、こちらできぼん担当のお二人にも感想をお願いしたいと思います
ある: 猫瀬先生、崩砂糖先生、お願いいたします
猫瀬: セリフのひとつひとつに深みがあって、小説っぽさがあるためか好きですね。最後のセリフには驚きましたが
猫瀬: さいきんはあまり百合マンガを読めてないんですが、二人の距離感も王道でいいんじゃないかと。これは続く感じなんですかね
ある: 一応今後の展開のために、ということでしたから、きっと続くのだろうと思います
崩砂糖: 二人の会話は特別難しいこと珍しいことを言っているわけではないんですが、所々何故かドキリとさせられました。全編に亘って何故だか言い知れぬ不安感を感じたというか
崩砂糖: この空気感はなかなか印象に残りました
ある: 透明に見えるけど、どこか胸に残る空気感ですよね
ある: 答えを出すのがとても難しいな、と感想を書きながら思った作品です。
ある: 最後の一言の先に続く言葉が知りたいな、と。
崩砂糖: ですね……
ある: むしろ、次の1ページからが始まりなのかもしれません
ある: 彼女たちがどういう結末へと進んでいくのか、見守りたいなと思っております
ある: お二人共、感想ありがとうございます。
ある: 指名を頂いた僕の感想は本文の方に載っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


   ・


ある: さて、以上で今回、3/13の新都社十周年に更新されたきぼん作品の感想は終了になります。
ある: 七作品といえど大分ボリュームが出てしまいましたが、色々な作品を楽しみながら読み進めることが出来たのではないかと思っております
ある: 猫瀬先生、崩砂糖先生も、長い時間本当にお付き合いくださりありがとうございました。
崩砂糖: こちらこそありがとうございました。いい経験になりました!
猫瀬: お疲れ様ですー
ある: 僕自身も企画に参加できてとても良かったです。お二人とも逐一連絡をくださって本当にありがとうございます!
ある: 良い経験になりました!
ある: では、この辺りで今回の感想チャットを区切りとさせていただきます。
ある: 改めて新都社、十周年おめでとうございます!!













sage