第十話 怠慢無き天使

**

「はな、しを」
「わかったから、落ち着いて」
「ふはあ」
 緩んだ拘束。気道を駆け抜ける空気。エイダから受けていた頚部の拘束を
解かれたボクの体は地面に崩れ落ちる。

「ぜえ、ぜえ、ぜえ」
「子供相手に大人げないよ、アーエル。年齢差考えなよ」
「それを言う前にエイダは力加減を考えろ。危うく死ぬところだったぞ」
 ボクの苦言を聞くエイダはけれども首をかしげる。

「? 天使も死ぬのかい」
「当り前だ。天使は思想の集合体。それが何らかの要因でその構成を維持
できなくなれば存在は瓦解する。そしてさらに言えばボクは今、受肉した
身。死は人間同様訪れる」
「なるほど、じゃあごめんなさい」
「……謝罪の前の接頭語が気になるが、別にエイダには怒っているわけじゃ
ないから安心してくれ。むしろエイダの言うようにボクが大人げなかった。
ただ、どうしてか子供の言葉が妙に心に刺さっただけだ、今は反省している」
「そう、ならいいけど」

 確かに先ほどの件はボクらしくなかった。感情を人前で表に出すなんて
何年もなかったことじゃないか。やはり、ボクも疲れているのか、それとも。

「そうだ」
 ボクの思考を遮るようにエイダがボクの肩を揺さぶる。

「この身体強化能力も一通りは試したし、別の能力に変えてもいいかな?
この能力だとどうしても使ったときに目立つし、アーエルもいろいろな
能力を試せた方が都合がいいでしょ」
「ああ、そうだな。ボクも体力は回復したし、そうしようか」
 おそらく子供たちの役に立てたことで気をよくしたのであろう。明る
さを増すエイダの声を聴きながらボクは懐から本を取り出す。

「あと残りの能力は『無限距離通信能』、『異身転身』、『木効細工』。
どれも身体能力強化に比べ癖のある能力だ」

 時刻は正午を回っている。体力的な問題で与能力の連続使用はできない
から今日発動できるのはあとせいぜい2回。残った一つは明日に回すとして。

「エイダ、どれにする?」
「うーん。木効細工や無限距離通信能じゃあ誰かの役に立てるイメージで
きないし、とりあえず対象と位置を入れ替える能力、『異身転身』にしよ
うかな」
 エイダの選択。まあ、そう来るだろうな。行動原理が人の役に立つことの
エイダだ。この能力ならいくらか人の役にも立てるだろう。

「よし、異身転身でいいな?」
「うん。よろしく頼むよ」
 エイダが身構える。
 
 2回目ともなると能力発動の勝手もわかってくるというもの。掌をエイ
ダに向けると徐々に光が内より漏れ出してくる。


与能力ゴッドブレス


 心地よい倦怠感が体を包み、目の前を光の渦が舞い踊る。ボクは膝をつ
き見上げるとエイダはただ黙して自身の中に迫りくる光を受け入れていた。
1回目とは少し違う淡い黄色の光。その光は儚くエイダの内へと飲み込ま
れていった。

「完了だ」
 ボクは膝に力を入れ立ち上がるとエイダの前へ歩みよる。

「えーっと、対象と位置を入れ替える能力? だっけ」
「ああ。感じるだろう。その思いに従えば能力行使は難しくないはずだ」

――シュッ

「本当だ」
 背後から聞こえる驚喜の声。さっきまでエイダの居た位置にはハエトリ
グサの鉢植えが。

「まるでワープしたみたいだ」
「いや、その事象。ワープその物だろう」
「ははは、その通りだね」

 破顔するエイダ。ボクもそれに合わせニコリと笑う。

「さあ。じゃあ問題はこれをどうやって人の役に立てるかだけど」
「おいおい、エイダ。今何時だと思ってるんだ」
 時刻は現在六時を回った。すでに外は赤みを帯びており日が暮れるのも
時間の問題だ。

「夜に外を出歩くのは危険なのではないか?」
 ボクとしては人が減るのは能力の露見を防げるよいことだが、何も人の
目を気にするのはボクだけではない。よからぬことをたくらむ輩もいるだ
ろう。

「夜っていってもまだ六時だよ。老人だってまだ寝ちゃいないさ」
「まあ、エイダがそういうのならボクも留めはしないが」
「さあ、人助けの始まりだ!!」

 純粋に笑顔を振りまくエイダを余所に、ボクは肩を落とす。こんな有様
で本当に神を見返せる日が来るのだろうかと。