第4話 「10分間で奪え」

第4話 「10分間で奪え」

 面倒くさがりな鹿野タクローも週末を利用して実家に帰ることはある。タクローは東海道新幹線に乗り込むと、切符片手に自分の収まるべき席を探した。日曜も昼過ぎの今ぐらいならギリギリでも余裕で指定席は取れた。ちょうど発車するくらいの頃、窓側の席に腰を下ろした。
 帰省は年に数えるくらいだが、大学で東京に出てから繰り返してきたことなので、今更心躍るものでもない。地元に残った者たちのお互いの安否確認であり、お互いの時間の溝を埋める作業である。とは言っても、結局は学生時代から行っている大手居酒屋で飲んで、その後カラオケやショットバーを「巡礼」するだけのことであるが。自分の生まれ育った街だろうが、東京だろうが、どこで生活しようがやる事自体は大して変わらないものだと思った。
 昨日はだいぶ飲んだが、さすがに会社に入り営業で何年かやっていると昼過ぎにはケロリとしているものだ。そうなるとタクローも調子に乗ってくる。駅で買ってきたビールを空けながら静岡からのわずか1時間の旅を楽しんでいた。普段は絶対買わないであろう粋な鯛めしも旅気分を盛り上げるアイテムとして健闘している。思えば、帰省で最も心躍るのはこの移動中なのかもしれない。そう考えると、必ずしも心躍るものがないわけではない。
 ふと、スウェットパーカーのポケットの中で携帯電話が震えるのを感じた。見ると、「非通知設定」となっている。このように新幹線で鳴る携帯電話の空気の読めなさと言ったら。タクローは監視でもされてるんじゃないかしらと思う。当然電話はデッキに出てすべきだが、周りもぽつぽつとしか乗客がいないため、また横着な性格ゆえ、タクローはそのまま応答した。
「もしもし?」
「やあ、突然すまない」
聞き覚えのある声。あまりいい印象のカテゴリーには入っていない声。コウタに「力」を与えてくれた中年男性の声だった。
「おっさん。なんで俺の番号知ってんのよ?」
「まあ、色々あるんだ。今回、田宮コウタではなく君、鹿野タクローにかけたのは、君にしかできない依頼があるからだ」
「へえ?意外と俺を買ってくれているんだな」
「いや、そういうわけではないが」
電話切ってやろうか。中年男性は続ける。
「今日、名古屋のトミダ自動車の開発部直轄の研究所に不審な数名が忍び込み、新技術の開発関連のデータが盗まれたんだ。」
「へえ、知らなかった」
「実際、メディアのニュースにはなっていない。まだ時間が経っていないから、というのもあるが、日本を代表する自動車メーカーのマイナスな報道は経済界の『お上』もできるだけ発表したくないんだ」
「あー、トミダの社長もその『お上』そのものだしな」
「まあ、いつかバレるがな。で、その犯人グループの主犯格が、とんでもない力で人を次々と殴り飛ばしていったそうだ」
タクローはピンときた。
「それってもしかして……」
「そう、『選ばれた者』の仕業だ」
その一言が印象的に、ハッキリ鮮明とタクローの耳に響く。まるですぐ傍で話しかけられているかのような……。タクローは半ば呆れ顔のまま振り返った。両腕をタクローのイスの背もたれに乗せて、あの中年男性が鎮座していた。茶目っ気たっぷりの言動だが無表情は崩さず、相変わらず不思議な人だとしか言いようがない。いや、そんなことは今は優先事項ではない。この中年男性がこの新幹線に乗っている意味は。そしてタクローにしかできない依頼という意味……。
「もしやだけどさぁ、その犯人ってこの新幹線に」
「そう、乗っているんだ。メンバーとは解散し一人で堂々とだ。彼の名前は上村タツミ。彼は結構強いんだが、君に何とかしてほしいというわけだ」
やはりそういうことだった。
「彼、犯人は次の新横浜で降りてそのまま姿をくらます算段のようだ」
「おい、新横浜ってあと10分ほどで着くぜ」
中年男性は首を縦に振って続ける。
「彼のスピードだと降りてから捕まえる事を試みても難しい。つまり今が最後のチャンスというわけだ」
タクローここまで聞いて、
「無理!俺に勝てるわけねーよ。おっさん自分でやりなよ」
と完全にさじを投げ、正面に向き直し腕組みをしてふんぞり返った。
「私は戦えないんだ。勝たなくてもいい。データを取り返すだけで」
「そこに至るまでの青写真が描けないの!犯人が寝てるとかならともかく、勝たなきゃ奪えないだろ」
 乱暴な言い方をしながらも、タクローは方法がなにかないか考えていた。この中年男性の言っていることをそのまま信用していいのかという問題はあるが、それが真実とすると……重大な事件の犯人が今いて、なんとかできる可能性があるのがもはや自分だけ。知ってて何もしなかったら寝覚めが悪い。そんな悩むタクローの心境を見透かしてか、もしくはタクローにお構いなしなのか、中年男性は取り出したメモを読み上げる。
「犯人の車両と座席、そして今回のポイントは……」
やるとは言っていないのにどんどん誘導されてしまっている。溜息をつき、風景を見ながらタクローはその話を聞いていた。
「こんな感じだ。では行って来るんだ。敵もこれ以上目立ちたくはないはずだから、最悪色々されることはあっても殺されまではしないだろう」
「おい!それ余計不安煽ってないか?」
抗議するタクローだが、時間もないということで急かされる。中年男性は最後に「もし達成したら素敵なボーナスポイントがあるかもな」と付け加えた。タイムセールかっての。

 静かなグリーン車。それもそのはず、この車両の乗客はひとりの男性だけだった。男は見た目は20代後半から30歳前後といったところだろうか。黒いタートルネックのカットソーに黒のパンツ、そしてスラリとした長身。彼が上村タツミ。大規模な犯行の犯人グループの主犯格だけあり、犯行のあと、かつ重要なデータを一人で持っているにも関わらず、何食わぬ余裕の表情でビジネス書を読んでいた。自動巻きの厚めの時計に目をやり時間を確認した。
「お、もうすぐ着くね」
窓からの風景を見て現在地の推測をする。その窓にはぼんやり誰かが反射して映っているのが確認できる。タクローが上村の隣に座っていた。
 上村がタクローに問いかける。
「追っ手か?」
「警察かもよ」
自分の会話ペースを作る、タクローはそう決めて目も合わさず毅然と返した。一方、上村は気にも留めず続けた。
「ヤマザキの追っ手だろ?」
「……ヤマザキ?」
タクローは知らない名を突然出され、上村の方をじっと見てしまう。
「俺たちに力を与えてくれたおじさんだよ。たまにそう名乗ってる」
タクローは反応できず眉間にしわを寄せたまま一瞬、固まった。上村は小さく笑みを浮かべ、タクローをゆっくりと指差しながら笑う。
「いきなり馬鹿だね君も!そんな事も知らないなんて、まだ日が浅い新入りってバレちゃったじゃん」
しまった、聞き返すんじゃなかった。黙っていれば良かったんだ。完全に相手のペースになってしまっている。タクローは慌てて仕切り直そうとする。
「んな事はどうでもいい!てめぇ、盗んだデータをどうするつもりなんだ」
上村はジェスチャーを交えながら雄弁に答える。
「欲しがる企業は多いからね。売って大きな金にするつもりさ。業界で圧倒的なシェアを占める上位数社以外に売れば勢力図が一気に変わる。それはそう、革命だよ!古い体質の者ばかりがのさばって既得権益を守ってるだけの現状を変えてやるんだ。弱者に夢を与えるいい話だろう?」
タクローは声を荒げ反論する。
「詭弁、そしてただの建前だ!お前は世の中のためなんかじゃなく、自分の金のために動いてるだけだ。現にデータを盗んだことで多くの人を不幸にしてるじゃねぇか!」
上村はそれもくだらない反論だとばかりに畳み掛ける。
「何を言う!壮大な革命のための些末な犠牲に過ぎないじゃないか。弱者には絶対に到達し得ないチャンスを与えてあげるんだ。一部の巨大な者達にしか出せない答えを教えてあげるんだよ?」
そしてタクローの目を見据える。
「弱者が強者を粉砕する。僕は自分の『力』を使い、こんなビッグバンを世界中で起こす。今回はその試金石ってわけだ」
「根本的にズレてんだよ!犯罪で実現させたってまともな世の中にならねぇよ!なんでてめえのような奴にチームのメンバーがついていくか分からない」
「知略に長けたリーダーは皆信頼するもんだ。必要なのは何でも圧倒的であること」
「…お前はメンバーを信頼してるのか?」
少しの間があり、上村は君の悪い笑みを浮かべた。
「してるさ。完璧な歯車として動き続けるよう教育しているからね」
タクローはぞくっと身震いがした。ある程度同じステージで話をしているつもりだったが、全く違う正義がそこにあった。例えるなら、相手の価値観という形を、力づくで自分の形に整えてやろうと思ったが、触った瞬間の触感が想像し得ない気持ち悪いものだった、そんな悪寒だ。
 上村はタクローの反応に隙を見るや、すかさず身を乗り出し、タクローの喉元にムチのような勢いで右腕を振り下ろした。タクローは電撃のように走る痛みで前かがみになり咳込むが、その行為すら鈍い痛みに変わる。上村は嘲笑いながら「あと数分なんだからさぁ」と言うと、持て余した左腕で鋭いボディブローをねじ込んだ。先程からタクローの背面には背もたれがある為、挟まれて確実に深い攻撃を受ける形となっていた。そのまま気が遠くなりそうになったが、胃からモノが逆流しそうになることでハッとして我に返った。こっちもスピードで応戦しなければならない。タクローは気力で立ち上がろうとするが上村の懐に倒れ込んでしまう。
「くっそ!」
タクローはその情けない体制のまま子供がだだをこねるように両手をバタバタと動かし、なんとか男に攻撃しようとするが、男は軽い掌底でタクローを引き剥がした。走行中の車両とはいえ、かなりの物音を立てているが、この車両は上村が貸し切っているため誰も気付きはしない。
 立ち上がった二人の間に出来た少しの距離を、タクローは飛び込み詰めながら大きなモーションで殴りかかる。上村は余裕の表情でそれをかわすと、タクローの後方に回り込む。
「まだ何とか出来ると思ってんの?……それともただのやけ糞か」
と吐き捨て、タクローが振り返ったその瞬間を狙い、思い切りタクローの顎へ真っ直ぐに伸びるハイキックを突き刺した。
「新横浜。新横浜。新横浜に到着です」
ゴングのように社内アナウンスが響く。勝負は決まった。タクローはそのまま後ろへ倒れ込んだ。上村は座席に置いたトートバッグを肩に掛けながら
「じゃあな。着いちゃったよ」
と残すと車両出口へ向かった。
 上村はデッキに中年男性、つまりヤマザキと呼ばれる男が立っていることに気付き、声をかけた。
「ヤマザキさん、あんたもいたのか」
反応のないヤマザキに皮肉っぽい笑いを投げかけながら続けた。
「あんな弱い奴を送り込むなんてどうかしてるよ」
「いや、そうでもなかった」
上村はその回答の意味が掴めなかったが、
「ま、今後も好きにやらせてもらうよ」
と言い駅に降り立った。そして任務の達成感を感じながら次の作業、奪ったメモリーからデータをコピーする事を考えていた。奪った小型のメモリーカードは、腕時計のケースと裏蓋の間に入れてある。ちょっとした工具セットで裏蓋を開け……と考え腕時計を触ろうとした時にハッとした。あるはずの腕時計が左腕に無い。先程タクローが懐に倒れ込んだ時に奪われていたのだ。なんて間抜けな事を!油断が大きな隙を作ってしまっていた。
  まだ扉は10秒程度は閉まらなそうだ。気絶した茶髪野郎から時計を奪い返してまた戻って降りる、自分なら間に合うはずだ。上村は本気のスピードで新幹線に飛び乗ると一瞬目の合ったヤマザキが「気付かれたか……」と呟くのに大きく舌打ちを返し、車両の自動ドアの前に立つ。ドアが開くのを待つ一瞬の間、シミュレーションした。車両内でタクローが倒れていた位置、そして奪い返して戻るまでの流れを完璧に。自動ドアが開くと同時に地を蹴りその場所へ思い切り駆け込んだ。するとどうだ。倒れていたはずの場所にタクローはいない。その時、死角からタイミングを計っていたタクローが飛び出してきた。
「戻ってくると思っていたぜ。その圧倒的なスピードでな」
タクローのタイミングは完璧だった。思い切り勢いがついた上村へ、カウンターとして渾身の右ストレートを放った。
 上村は車両端まで弾き飛ばされ、壁に全身を打ちつける。……決まったか?タクローにはもうこれ以上追い討ちをかける余力は残っていない。上村は
「冗談言うなよ……。君如きに負けたら大恥なんだ」
と言いながらよろよろと立ち上がった。思いっ切り殴ったはずだったが、本気で人を殴る経験のないタクローは、その瞬間自制心が働き、踏み込みをほんの少し緩めてしまっていたようだ。
「この先の僕の活躍を、指をくわえて見ているんだな」
上村は発車間際の出口へ走る。そして車外に飛び出す……はずだったが、ひとりの男が待ち構えており、無防備な上村に肘打ちを決めた。田宮コウタだった。その後ろにはヤマザキが腕組みして壁にもたれて立っていた。
 ぐったりした上村の頭をポンポンと叩きながらタクローは言った。
「なんだよおっさん、コウタも呼んでたんかよ」
「そのつもりはなかったが、近くにいたようだから連絡しておいた」
コウタは答えた。
「横浜アリーナでやってるお客さんのイベントに顔を出していたんだ」
そういや金曜日にそんな事を言っていたかもしれない。ヤマザキは無表情なのは変わらなかったが、二人を見ながら少し感心したように言った。
「しかし格上の相手に勝つとは立派だ。上村は8倍の力を持つ者だったのだが」
コウタはそれを聞いて驚いた。
「俺は5倍だから……普通に戦ったら負けていたな」
「それだけ鹿野タクローの働きが良かったということだろう」
ボロボロだったが、タクローはまんざらでもない様子だった。
 ヤマザキの説明によると、コウタには上村の半分の力が付与され9倍の力になった。そして更に今回はヤマザキからの依頼のため、特別ボーナスとしてタクローにも今のコウタと同じだけの力が与えられることになった(ヤマザキからの依頼の場合は追加で付与されるものがあるという事だ)。
 もうすぐ降りる予定の駅、東京に着く。上村が目を覚まし、小さい声でヤマザキに聞いた。
「……ヤマザキ、そのメモリーカードはどうするつもりなんだ。お前に正義感なんて物は欠片さえも無いことは知っているぞ。何のために必死に取り返そうとした?」
ヤマザキは沈黙のまま上村を見ていたが、  やがて口を開いた。
「何事もなかったように研究所に戻す。『選ばれた者』の行動にはできるだけ干渉しないがーー世間に目立つ行動をされると色々困る。だから阻止した。以上だ」
新幹線は東京駅のホームに入った。山崎は出口へと向かった。途中、立ち止まり一言付け加えた。
「正義感の欠片もない……か。確か興味は一切ない。だがそれらが君らの行動原理と言うのなら好きにやりたまえ。それが正義だろうが悪だろうが」
去りゆくヤマザキをタクローとコウタはただ呆然と眺めていた。タクローはやるせない気持ちで「なんだよ、それ……」と呟いた。そんな二人に、上村タツミは自分自身にも言い聞かせるように言った。
「ヤマザキはあまり信用するな、とだけ言っておくよ」
コウタには分からなかった。そうも思う一方、ヤマザキの後ろ姿も寂しそうでもあったからだ。

sage