穢れに捧げ、癒し歌:13


――――


 人魚の里と呼ばれたその海底の街が“黒”に襲われたのは禁断魔法が発動した直後だった。
 “生焔礼賛”がアルフヘイムの大地を穢した衝撃は遥か深海にまで伝わってきた。その衝撃を、そして海の悲鳴を聞いた時には既に逃げ場はなかった。
 水棲型の亜人たる彼らは幸いにも甲皇国の侵略を受けることはなかった。しかし、祖国の大地からもたらされた凶悪な魔法にはいともたやすく攻め込まれてしまったのだ。
 突如として海上からやってきたその黒色は激流をともないながら人魚の里を飲み込み始めた。
 黒色は周囲のものを飲み込みながらも勢いよくその範囲を広げる。飲み込まれたものはどうなってしまったかはわからない。何も見えず、ただ黒があるだけだ。
 逃げた。何を考えるでもなく本能が叫ぶままに逃げた。
 あれに飲み込まれては駄目だ。帰ってこれない。
 声がする。悲鳴だ。昨日まで笑い声にあふれていたのに。今は仲間の悲痛な叫びだけが海底に響く。
 穏やかなはずの海中が荒れ狂い視界が回転する。水棲の身体をもってしても身動きが取れない。息苦しい。
 黒が。黒が迫る。海を、街を、人を、あらゆるものを穢しながら死がやってくる。
 必死に体をくねらせる。下半身は魚のそれであるにもかかわらず上手く泳ぐことができない。徐々に近づいてくる。
 なおも泳ぎつづけた。もう振り返ることすらしたくない。振り返ったら、仲間が黒に堕ちていく様を見せつけられる。
 普段なら難なくよける海底の岩に体をぶつけ、激流に漂う海藻に視界を阻まれながらも泳ぐ。
 何が起きたのか、どこまで行けばいいのか、何もわからない。

 ――ぇ…ちゃん…

 轟音にまぎれて微かに声が聞こえた。思わず動きを止める。
 愕然とあの子の存在が自分を支配した。
 どれほど世界が荒れ狂っていようともこの声だけは聞き逃さない。
 愕然と辺りを見回す。どこだ。どこにいる。

 ――…ね…ちゃ……助け…

 青が黒に染まっていく。白いあぶくが眼前に踊る。
 確かに声がする。助けを、否、自分を求める声が。
 あの子がこの世に生を受けて以来、ずっと聞き続けてきた声が。

 ――………!!

 いた。岩に必死にしがみついている。荒れ狂う海の中で体は傷だらけだ。
 大人ですら泳げないほどの荒波に耐える小さな子供。

 ――………!!

 もう一度、名前を呼ぶ。
 そして何もかもかなぐり捨てて彼のもとへと向かった。
 激流に身をあおられ、一回転する。それでも無理やりに腕を伸ばす。
 まっすぐあの子の方へ手が伸ばせない。どうして。こんなに手を伸ばしているのに。どうしてあの子に届かない。
 
 ――…ぇ…ちゃ…っ

 助けを求めながら、あの子も手を伸ばした。
 必死に前に進んだ。
 もうすぐだ。もうすぐあの子の手を掴める。そうしたら2人で一緒にこの黒から逃げるのだ。
 荒れ狂う世界に負けじと手を伸ばす。掴む。握り返してみせる。
 唐突にあの子が掴まっていた岩が崩れた。
 声を出すでもなく、思考をするでもなく、一瞬で。

 一瞬で、弟は黒に飲み込まれていった。

 そして、彼の歪んだ表情を網膜に焼き付ける間もなく、自分自身もあの黒色に――


 ヒュドールはそこでブルーが自分の名を呼ぶ声を聞いた。
 夢から覚めたように、目を大きく開く。
 「ヒュド、大丈夫?」
 ブルーが彼女の顔を覗き込む。
 「ブッ君…」
 力のない声。ブルーだけではなくケーゴたちも異変に気付いた。
 身を案じたブルーが口を開く前にヒュドールは彼の肩を掴み、勢いよく言った。
 「ブッ君、お願い、私を海につれていって…!」
 「海に!?」
 予想だにしない懇願に素っ頓狂な声をあげる。周囲の人々がちらとブルーの方を見たが、すぐに力なく視線を戻した。
 「何言ってるんだよヒュド!今僕たちその海から必死に逃げて来たんじゃないか!」
 ヒュドールはもどかしそうにかぶりを振った。
 「それでも、それでもお願い!私、私…あの子の所に行かないと…!」
 「あの子…?」
 訝しがりながらもヒュドールの視線の先を見る。
 彼女はニッツェが持つ水晶、それに映る少年の人魚を見ていた。
 ニッツェがついと水晶を差し出すと、ヒュドールは半ば奪うようにそれを掴み、怪物に戦いを挑むその人魚を凝視した。
 水晶を固く持ちながらヒュドールは小さく呟いた。
 それが、人魚の少年の名前なのだろうとブルーは考えた。
 「お願いよ…ブッ君…」
 そうしてヒュドールは再びブルーに言った。
 震える声はブルーの心に突き刺さる。それでも彼は彼女の願いを是とするわけにはいかなかった。
 「…駄目だよヒュド…!」
 涙をためた目を大きく開いてヒュドールはブルーを見上げた。
 顔には失望が浮かんでいる。ブルーは思わず顔をそらした。
 どう思われようとも構わない。嫌われてもいい。
 「危険なんだ」
 ブルーはともすれば荒くなりそうな呼吸を落ち着けながら言い切った。
 「危険なんだよヒュド!外にはあの黒い亡者みたいなのがうようよしているし、それに、あんなに酷い目にもあったじゃないか!海だってすごく荒れてるし、それにあんな巨大な化け物が黒い海に…!」
 違う。言葉を紡ぎながらブルーは気づいた。
 こんなことを、こんな常識的な理由を言いたいんじゃない。
 胸からこみあげてくる想いはただ1つ。
 その想いが自分の言葉を薄っぺらな警告だと胸中で暴れる。
 暴れるその感情に任せてブルーは叫んだ。
 「…っ、僕は!ヒュドのことが大切なんだ!」
 ヒュドールの目がより一層大きく開かれた。
 つつ、と涙が一筋零れる。
 「大切なんだよ…!君のことが…!死んでほしくないんだよ…!」
 それが、ブルーの本音。
 化け物でも人間でもない。それが彼女を行かせたくない理由。
 今、彼女を行かせてはいけない気がした。
 どうしても、彼女の手を掴んでいなくてはいけない気がした。
 想いを吐き出した後の心は空っぽで、それでも不思議と何かに満たされているようで。
 ブルーにはそれ以上何を言えばいいのかわからなかった。
 誰もがブルーの告白に圧倒されて呆然としている。ヒュドールでさえ返す言葉を探している。
 時が止まったようだった。
 少なくとも深呼吸3つ分の沈黙が続いた後、静かにケーゴが口を開いた。
 「…ヒュド、前に手を握り返したいって言っていたね」
 彼の声は奇妙なほどに落ち着いていた。
 そして彼はヒュドールが持つ水晶へと視線を注ぐ。
 「…その子の事だったんだ」
 ヒュドールは無言でゆっくりと首を縦に振った。
 「………そっか」
 短く呟く。そして何かを覚悟するように。何かを祈るように。
 ケーゴはゆっくりと目を閉じた。
 地下通路の時ほどではないが、何かが違う。
 アンネリエとベルウッドは硬い表情でケーゴを見守る。
 緩慢にケーゴが目をひらいた。
 そこにあるのは黒曜石の瞳ではない。ゆっくりと燃える温かな紅の瞳だ。
 誰もが息をのむ中でケーゴは明るい声をつくった。
 「…ヒュドール、ありがとな!」
 「…え?」
 唐突に礼を言われたヒュドールは何事かとぱちくりと目を瞬かせる。
 ケーゴは続けた。
 「俺さ、ずっと悩んでて!すごく苦しくて、それでもどうしようもなくて、戦うしかできなくて!」
 不自然なほど明るい声だ。それは誰もが分かった。
 でもどうして、ケーゴはこんな振る舞いをするのだろう。
 疑念の視線をものともせず、ケーゴは笑顔で続けた。
 「でもさ、ヒュドールが言ってくれた手を握り返したいって言葉の意味が分かって、ようやくお互いに手を取り合うことができたんだ!」
 そこでケーゴがアンネリエに顔を向けた。
 振り返ったヒュドールに向けて彼女は戸惑いながらも頷いてみせた。
 そうしてアンネリエは、どうして自分は今涙を浮かべているのだろうと疑問に思った。
 「守るってすごく難しい。俺、やっとその言葉の意味も、本当に俺が守りたいものもわかったんだ」
 ヒュドールの脳裏にケーゴと話をした夜のことが浮かぶ。
 あの時、ただただ力を求めていた少年が、袋小路で悩んでいた少年が、今こうして彼が守りたい本当のものに気づくことができたという。
 あぁ、そうか。この子は、ケーゴは、大切なアンネリエの手を握り返すことができたのだ。
 全てを諒解し、彼女は漸う微笑んだ。
 「…よかったわね、ケーゴ」
 「うん、だから」

 ケーゴの声が一瞬震えた。

 次の瞬間、ヒュドールの身体は赤い粒子と化した。
 反射的にブルーがその粒子を掴むかのように手を伸ばした。しかし、赤い粒子は彼の手をすり抜け、水晶へと吸い込まれていった。
 「…ありがとう、ヒュドール。きっとヒュドールも手を握り返せるよ」
 ゆっくりとケーゴはそう言葉をきった。

――――


 「あっ、こんなところにいたのねハナバッ!」
 フロストの声にハナバはおっかなびっくり飛び上がった。
 「うわっ!わっ!?……自分、何してたんだっけ?」
 辺りを見回すハナバに対してフロストは大仰にため息をついて見せた。
 「あんたねぇ…」
 どうやらここは調査報告所の2階らしい。はて、本当にどうしてここにいるのだろうか。そう首をかしげるハナバにフロストは説明をする。
 「ずっと姿が見えなかったから探してたのよ?せっかくニフィルさんと禁断魔法や海の怪物について話をしてたのにどこにもいないんですもの。それで、色々一段落して、ようやくこの部屋でぼーっとしてるあんたを見つけたってわけ」
 「へぇー…」
 そう言われても、何故こんな場所にいるのか思い出せない。
 もしかしたらこれは美少女不足症候群ではないだろうか。
 大真面目にそう考えたハナバに対してフロストは硬い声音で言った。
 「それで、また伝心の術が必要なの。ハナバ、手伝って」



 廊下を歩きながらかいつまんだ話を聞く。
 「へぇー…じゃあ、生焔礼賛の影響であの怪物が生まれたってこと」
 「ニフィルさんの予想ではね」
 ふむふむと頷きながらもハナバの脳裏に浮かぶのは禁断魔法によって豹変した妖仲間だ。
 そうか、妖故に死なない彼女はしかし、“死”に染まってしまったのか。
 「…で、この状況を解決するためにケーゴって人間の子が大役を背負ったわけね」
 フロストの言を整理して口にする。件の少年の名に聞き覚えがあるのは何故だろう。
 フロストは首を縦に振りながら続けた。
 「そうよ。それともう1つ、五色の束ね盾をこの交易所に施すことになったわ」
 「五色の束ね盾!」
 思わず声を上げる。難易度の高い霊術だったはずだ。まさかそれをここで聞くことになるとは。
 「よくそんな術知ってたねぇ」
 「えぇ、詳しい方がいたのよ。それで…」
 「あ、わかった。束ね盾発動のために5人の術師が必要なんでしょ?」
 ハナバも束ね盾の特性はよく心得ているのだ。
 フロストは頷いた。そして苦々しげに続ける。
 「水の性を持つ術師は見つかっているわ。だから、後は木と火と土と金の術師。その術師たちを伝心の術も使って集めたいの」
 ハナバは決然とした顔で頷いた。これは責任重大だ。
 と、ついでに聞いてみる。
 「水の性を持つ術師って誰なん?イーノちゃん?」
 「俺だよ」
 会話に男の声が割り込んだ。
 見れば廊下の壁に男が寄りかかっている。 
 その男の隣に控えるもう1人の男を見て、思わずハナバは目を見開いた。
 そんなハナバの様子には気づかずフロストはウルフバードに向かって冷たく言い放つ。
 「…いくら協力者とはいえふらふらそこらじゅうを歩き回らないでいただきたいわね。丙家の水魔道士」
 「だったらせめて特別歓待室でも用意しておくんだな。…おっと、お前に用意できるのは冷凍室くらいか」
 カラカラと笑うウルフバードに対してフロストは青筋を立てる。
 「……全てが終わったら覚えてらっしゃい…ッ!」
 「そりゃあ嫌でも覚えていることになるだろうよ。アルフヘイムの三特様が丙家の力を借りて事態の収束をした歴史的大事件だからな」
 「それもこれもあんたのか弱い身体にかかってると思うと涙が出てくるわッ!大体あんた、そんな毛皮背負ってるからすぐに体力なくなるのよッ!何よこの白いモフモフ!あんたウルフバードじゃなくてサモエドバードなんじゃないの!?」
 「涙が出るなら凍りつかせとけ。…体ならもう大丈夫だ。相応の魔法に応え得る」
 「はん。魔力を取り戻した丙家の人間なんてなおさら信用できないわ。やっぱり全部終わったら氷漬けにしてやるんだから」
 「クハハ、そうかもな。ま、この際俺は信頼せずともいいさ。だが、俺の力は信じられるだろう?行くぞ、ビャクグン」
 ため息の出るような言い合いの後にウルフバードとフロストは互いに別方向へと歩き出した。ビャクグンとハナバはさも初対面かのように軽く会釈をする。
 だが、伝心の術によって話したいことは全て話し終わっている。
 そんなビャクグンの安堵が彼の目に映る。それをウルフバードは見逃さなかった。


――――


 突如として消えたヒュドール。水晶だけが音を立てて彼女がいた場所に落ちた。
 「…ヒュド!?一体何が!?」
 慌てて辺りを見回し、そして思いついたようにブルーは水晶を拾い上げた。
 ぼんやりと浮かび上がる像。
 黒い海。気味の悪い怪物。少年の人魚。
 そして。
 「…っ!」
 絶句するブルーの目にヒュドールの姿が映っていた。
 彼女は荒れ狂う並みの中で必死に前に進もうとしている。
 ブルーの肩越しに水晶を覗き込んだベルウッドが悲鳴をあげた。
 「何でよ!?今までヒュドールはここにいたじゃない!」
 そう、確かにヒュドールはこの報告所にいた。それが今、遠く離れた黒い海にいる。
 水晶を持つ手が震えている。ブルーは茫然と水晶に映るその光景を見続けた。
 これはきっと間違いだ。嘘だ。作り物だ。
 ヒュドールがこんな所にいるわけがない。いていいわけがない。
 だから違う。これは、偽物だ。
 自然と呼吸が荒くなる。どれだけ言い聞かせようと、心のどこかでこれは真実だと、事実だと、彼女は手の届かない場所に行ってしまったのだと、そう確信が疼いている。
 「何で…何で…!」
 何を思えばいいか、何を考えればいいかわからずブルーは呟き続けた。
 誰もが絶句し、何を言えばいいかわからない中、ケーゴが落ち着いた声でブルーに応えた。
 「ヒュドールがそれを望んだからだよ。だから、海に転移した」
 否、声が微かに震えている。アンネリエとベルウッドはそれに気づいた。
 ブルーはケーゴを唖然として凝視した。
 今のケーゴの言葉を脳裏で反芻する。次第に彼の青い肌が紅潮し、薄い紫へと顔色が変わっていく。
 それをケーゴは無表情で眺めている。
 ブルーの身体が震え始める。先ほどまでと違い、怒りに震えているのだ。心臓がうるさい。呼吸が荒い。
 「あああああああああああああああああああああああ!!」
 そしてついに爆発した。
 周りの避難者たちが何事かとブルーたちに目を向ける。
 「何でだケーゴ!!どうしてだよ!」
 普段の落ち着きようをかなぐり捨ててブルーはケーゴに迫った。
 胸倉を掴み、怒鳴る。ケーゴは体を揺さぶられながらも未だ表情を変えない。
 「僕はヒュドールに行ってほしくなかった!!僕は!僕は望んでいなかった!!」
 怒鳴りながらも、ブルーの目からはとめどなく涙があふれ出る。これは怒声なのか、慟哭なのか、ブルーにはもうわからない。
 激情をもって吠えるブルーの目をケーゴはまっすぐ見返した。
 その瞳はなお紅く、しかし凍てついていた。
 そこでブルーの背中を氷塊が滑り落ち、ようやくケーゴを力任せに揺さぶることをやめた。
 本当にこれはケーゴなのか。
 奇妙な問いが一瞬ブルーの胸をよぎる。
 いつも酒場で気さくに声をかけてきたケーゴは、今どこにいる。
 ケーゴはブルーの狼狽を気にせず口を開いた。

 「――貴様は愛しき亜神あじんの血を欠いている」

 刹那、重圧がその場を支配した。
 思わずブルーは胸倉を掴んでいたその手を離してしまう。全身が震えているのがわかった。
 ニッツェは予想していたかのように恭しく膝をついた。ピクシーも同様に丁寧に頭をさげる。
 ベルウッドをはじめ、報告所のエントランスホールにいた誰もがケーゴを畏れ、直視を避けた。呼吸すら畏れ多いかのように硬直している。
 1人、アンネリエだけがケーゴを見ていた。その瞳に畏れはない。毅然とした表情で彼の言葉を聞いていた。
 「そして我は亜神の血を引いた者の願いを優とした。それだけのことだ」
 「残念だけどね。あなたは人間と亜神のハーフだから…」
 2つの声。そしてゆっくりと息をつきながらケーゴは口を閉じた。同時に彼の目も元の黒曜石の色に戻った。
 重圧から解放された人々は脱力し、しばらくすると今の出来事を忘れたかのようにふるまい始めた。
 アンネリエがケーゴの傍に寄る。彼は微笑と共にアンネリエを受け入れた。ピクシーも2人の周りを飛び回っている。
 ベルウッドは荒い呼吸の中2人に目をやった。昨日まで一緒のパーティにいたはずの2人があまりに遠い。そしてブルーに視線を移した。
 ブルーはしばらく呆然と立ち尽くしていたが、やがて膝から崩れ落ち、床にうずくまって嗚咽を漏らし始めた。
 彼が手放した水晶を拾い上げたニッツェは再び恭しく礼をケーゴとアンネリエにして、その場から立ち去った。
 そこで声がした。
 「ケーゴ!」
 声の方をケーゴが目を向けると、階段をイナオが降りてきている。報告所のエントランスホールの中央へと続く大きな階段だ。
 「今、ものすごい神気がこっちに降りてきた気がしたんだけど…!」
 怪訝な表情のイナオにケーゴは肩をすくめてみせた。
 「神気…?何のことだよ」
 それより、とケーゴは続ける。
 「束ね盾の人員は集まったの?」
 普段と様子の変わらないケーゴに内心首をかしげつつイナオは答えた。
 「……うん、ちょうどそれでケーゴを呼びに行こうと思ってたところだったんだ」
 そう話すイナオの後ろからフロスト、ゼトセ、ゲオルク、アマリと続いて現れる。
 束ね盾の要であるウルフバードもビャクグンを連れて現れた。彼の後ろに続くエルフたちがきっと他の属性の性を持つ魔道士なのだろう。
 ケーゴとアンネリエは顔を見合わせ、頷いた。もう後戻りはできない。
 2人は彼らが階段を降りきるのを待った。
 階段を下りながらゲオルクが問う。
 「覚悟はできているか、ケーゴ」
 「ああ」
 迫力のある声に端的な言葉で、しかし、真摯な表情でケーゴは首を縦に振った。
 ゼトセが薙刀を背負いながらアンネリエに向かって言う。
 「心配しなくてもいいのである。アンネリエ殿は絶対に守ってみせるのである」
 力強い言葉と笑顔にアンネリエは黒板を用いる必要を感じなかった。ただ頷き、ゼトセへの返答とした。
 アマリが唐突に隣にいたイナオの髪をくしゃくしゃと撫でた。
 「うわわっ!何するんですかアマリ様!」
 当のアマリは抗議を笑い飛ばす。
 「なに、緊張をほぐしてやろうと思うてな。…大丈夫じゃイナオ。お前1人じゃない。妾もいる」
 「…はい!」
 勢いよく頷くイナオの後ろでフロストはウルフバードを睨み付けた。
 「…ヘマするんじゃないわよ。全部が終わったらあんたは私が氷漬けにする」
 気にした風でもなくウルフバードは口角を釣り上げる。
 「クハハ、ならお前も無事に帰ってこないとな」
 牽制するように睨み合った後に顔を背け合った2人はそのまま口をきくことはない。
 そんな彼らの傍に控えるビャクグンが2階からの視線に振り返るとハナバがこちらを見ている。
 ビャクグンとハナバは互いに何も言わず、それでも互いを信じ、頷き合った。
 そして彼らはケーゴとアンネリエ、そしてピクシーに合流した。
 人間と亜人、そして妖や人工妖精も入り混じった少し規模の大きいパーティの完成だ。
 ケーゴはそのパーティを見回し、言った。
 「行こう。交易所を取り戻しに…!」
 パーティのメンバーが同時に頷く。
 ケーゴは身を翻し、報告所の扉へと向かう。アンネリエとピクシーが彼に続き、後にぞろぞろと他の者たちも続いた。
 その行軍を避難してきた者たちは最後の希望とばかりに祈るような目つきで見送った。
 ブルーはその場にうずくまり、嗚咽を漏らし続けていた。
 そして、ベルウッドは悄然と立ち尽くしていた。
 扉をくぐるケーゴとアンネリエ、そしてピクシーの後姿。遠ざかっていく彼らに手を伸ばしても、きっと誰も握り返してはくれないのだ。



 ――同時刻、ニフィル・ルル・ニフィーによる禁断魔法“生焔礼賛”の詠唱が開始された。

sage