森深く、獣は嘯く:2

 大通りに面した酒屋。昼間だというのに客が多い。混雑した店の中で何とか空いている席を見つけ、三人で座る。
 ロビンの隣にシンチーが座り、少年は二人に向かい合う形だ。
 少年は頼んだ炭酸水を飲み干すと、自己紹介を始めた。
 「俺、ケーゴ。ちょっと前にこの大陸にきて、今はトレジャーハンターをやってる」
たった今ハントされていた奴がハンターを名乗るか、とシンチーは冷ややかにケーゴの顔を見た。
 まだ年端もいかない子供がトレジャーハンターを名乗っているのを見るとどこか青臭さというか、むずがゆさというか、いろいろいたたまれない気持ちになる。とは言えども、彼女が仕える男も、「冒険は男のロマンだ」などと間の抜けたことをぬかしてこの大陸行きの船に飛び乗ったのだ。あまり比較はしない方が自身のためだと思われる。
 そんなことを従者に思われているとは露知らず、ロビンもケーゴに言う。
 「俺はロビン・クルー。こっちは相棒のシンチー・ウー」
 「従者です」
 「相棒でもいいじゃない…」
 しょんぼりしつつケーゴにロビンは尋ねた。
 「君、一人でこの大陸に来たんだって?」
 道すがら聞いた話だ。最初は開拓者の子供だと思って、少年の家に泊まらせてもらおうと思っていたのだが、少年は一人で宿をとっているというのだ。
 ケーゴはふんすと鼻を鳴らした。
 「そうさ、ここには俺一人で来たんだ。あんなド田舎になんか住んでられなくてさ」
 …根っからの青さだ。シンチーは頭を抱えた。
 そんな彼女の様子に気づかずにつらつらと少年は語りだした。
 「俺はさ!もっとビッグになりたいんだよ!あんなつまんない場所で地味に生きていくなんて嫌なんだ!このミシュガルドに来れば、俺は絶対もっとビッグになれる!そうだろ?だって、ここには財宝とか、すっげぇお宝とか、そういうのたくさん眠ってるっていうじゃないか!富とか、名声とかそういうのがいっぱい!」
 「後、ダークエルフもいっぱいかもね」
 身を乗り出して熱く語り始めたケーゴにロビンが笑いながらそう言い放った。
 それにケーゴはうぐっ、と言葉を詰まらせる。夢に輝いていた顔が急にしおらしくなる。
 シンチーはロビンの顔をチラと見た。いつも通りの横顔だ。人を茶化してそれを楽しんでいる。
 ケーゴはすとん、と席に座りなおした。そして口を開く。
 「…あの剣は、俺が家を飛び出る時に倉庫から持ち出したものなんだ。父さんはしょぼい商人なんだけどさ、あの剣だけは売ったりせずにずっと倉庫に置いたままだった。もしかしたらすごく貴重なものだったかもしれないし…俺自身、あの剣があれば魔法が使えたし…」
 申し訳なさや後悔がぽつりぽつりと見え隠れする。身の丈に合わない大きな口を叩く一方で、剣を盗られてしまったことが大きな不安になっているようだ。今までの話も空元気だったのかもしれない。
 「で、でもっ!俺が泊まってる部屋をおっさんたちに使わせれば、あの剣取り返してくれるんだろ!?」
 「そりゃあ、そうさ」
 ケーゴがロビンに尋ねる。ロビンは胸を張って答えた。
 そして、胸を張ったままこう付け加える。
 「いつまでかかるかはわからないけど!」
 「えっ」
 思わず間の抜けた声を出してしまった。ロビンは不思議そうに言い返す。
 「そりゃあそうでしょ。こっちはあのエルフがどこに行ったかなんてわからないんだから」
 「それじゃあ、いつまでも俺、自分の部屋に戻れねーじゃんかよぉ!」
 即座にそう言い返すが、ロビンは止まらない。わざわざ大仰にケーゴに言うのだ。
 「ん?もしかして今日一日で片が付くとでも思ってた?それは甘いよケーゴ君!いやぁ、あのダークエルフを探し出すのにどれだけかかるかなぁ。一週間、一か月。それ以上かも」
 ポンポン、と優しく肩を叩くロビン。ケーゴからすればたまったものではない。
「そんな無茶苦茶なぁ!」
 情けない声を出すが、ロビンは笑みを崩さないし、シンチーも無表情で何も言わない。
 どうやら、契約の仕方を、あるいは契約する相手を間違ってしまったらしい。
 そもそも、嫌気がさすくらいの田舎で暮らしていたような子供が1人で大人相手に契約など不可能なのだ。しかも相手は商業国家出身。赤子の手をひねるどころの騒ぎではない。
 「それじゃあ、我々はいったん部屋に戻りますかね。この酒屋の二階だったっけ?」
 「…そうだよ」
 憮然とした表情でそう返された。もう大人なんて信じないとでも言いたげな瞳だ。
 「それじゃあ、何かあったらすぐに我々の部屋に来てね。ちゃんと警護はしてあげるからね!」
 「…はいはい」
 やっぱりこんなおっさんなんて頼りにするべきではなかったのだ。強そうなおねーさんだけに無理やり頼み込んでおくべきだった。
 そんなことを考えているケーゴの肩を、今度はシンチーがポンとたたいた。
 ケーゴはパァと顔を輝かせた。
 「おねーさん、もしかして」
 「…身の丈に合わない夢なんて語らないで」
 見ててかわいそう、と言い捨ててシンチーはロビンの後についていった。

 後には輝いた顔のまま硬直したケーゴが残された
 木造りのすこし小さ目の部屋だったが、2人で過ごすに分にはちょうどいいくらいだ。
 ベッドは一つしかないが、寝袋もあるし問題はない。
 「…それでどうする気ですか?」
 窓の外を眺めながらシンチーは尋ねた。大通りに面した部屋のため、外の様子がよくわかる。ちょうど酒場の入り口の上にある部屋なのだろう、つい先ほど知り合ったばかりの後姿がとぼとぼと酒場を後にするのが見えた。
 外に出ていくにもかかわらず、ロビンたちに声をかけなかったということは恐らく、もう彼らを当てにする気はないということだ。無理もない。
 「このまま見捨ててしまえば部屋を楽して手に入れたことになるけど、それじゃあ後味が悪いからね。シンチー、あの子は頼んだよ」
 「それではあなたが」
 一人になってしまう、そう言いたいのだろう。ロビンは首を横に振って見せる。
 「この交易所の中なら多分そこまで危険じゃないさ。君もできるだけ外には出ないように、いや出さないように」
 「…」
 無言でうなずく。主の傍を離れるのは彼女の意思に反する。しかし、一応約束をしたのであるから、仕方ない。
 「あぁ、そうだ。シンチー」
 ロビンが呼び止めた。ズボンのポケットからナイフを一本投げてよこした。
 彼のズボンには護身用に左右計6本のナイフが入れてあるのだ。
 「これをどうしろと」
 「護身用にケーゴ君に持たせておいてよ」
 そう言うとシンチーは合点がいった様子で、部屋を出て行った。
 それを見送ったロビンは、一息つく。
 まさかこんなことになるとは思わなかった。だがこれも何かの縁だ。「ミシュガルド冒険記」の第一章は少年を救った話で決まりだろう。
 恐らくケーゴはがむしゃらにダークエルフを探すに違いない。それはシンチーに任せておけばいい。彼女がいればよっぽどのことがない限り安全だろう。
 その間にこちらは情報収集といこう。幸いここは酒場なのだ。フードをかぶったガラの悪いダークエルフについて知っているものがいるかもしれない。あわよくば第二章のネタもほしいところだが。
 まったく、素直に俺たちを頼っておけばいいものを、などと勝手なことを思う。あの年頃の男の子が大人を頼りたがらないのはよくあることだ。その上あんな言い方をしたら、誰だってロビンたちを頼らないだろうが、そこは考えないことにした。


 初めは弱弱しかった歩調が段々と地団太を踏むかのごとき歩き方になっていく。
 「全く、なんなんだよあの二人は!」
 ぷりぷりと怒りながら、荒々しくケーゴは歩いていた。
 完全に詐欺だ。いや、あの時剣を奪われて焦っていながらも契約を交わした自分も悪いかもしれないが。
 「これじゃあ、部屋を盗られただけじゃないかよぉ!」
 そうはいえども、もうあの二人にかかわりたくもない。また何かを要求されたらたまったものじゃないし、それ以上に、なんだあのおねーさんの言いぐさは。身の丈に合った夢?何もあんな言い方をしなくてもいいではないか。
 シンチーの冷ややかな声が頭に響く。
 確かに自分は世間知らずかもしれない。だけど、夢くらい大きく持ったっていいはずだ。きっと馬鹿にしているんだ、あの二人は。この俺を。そうに違いない。
 そんな感情がふつふつとわいてくる。
 とにかく、ここは体勢を立て直そう。どこかでボディガードを雇うのだ。それと、今日泊まる宿も探さなければ。
 と、そこで立ち止まる。
 「なんでついてくるんだよぉ!?」
 ぴったりと一定の距離をとってついてくる亜人にすでに気づいていた。
 シンチーは眉一つ動かさずに答える。
 「あなたが望んだことでしょう」
 「もういいよ!2人して俺のこと馬鹿にしてさぁ!部屋はあげるから好きにしてくれよぉ!」
 言うなり逃げるように走り出すケーゴ。シンチーは特に慌てた様子もなくそれを追いかけ始めた。
 人込みを縫うように走り回る。なかなかこの交易所は広いのだなぁなどとのんきなことを考えながらシンチーは走る。
 まっすぐな道が交差する道だ。ケーゴはシンチーをまくように左へ右へと曲がる。しかし、そんな嫌がらせのような手に窮することはない。
 あと少しでケーゴの肩に手が届くというところで、急に視界が開けた。どうやら東西の大通りに出たようだ。ケーゴはそのまま西門へと向かって走っていく。一瞬大通りの人込みに立ち止まってしまったシンチーはようやく慌ててケーゴを追いかけ始めた。
 ロビンに言われた通り、今丸腰のケーゴを外に出すのはまずい。
 西門は馬車が一台通れるくらいの大きさで、甲冑の兵士が1人門の前に立っていた。ケーゴは腰に下げた鞄から何かを取り出すと門の近くに置いてある箱にそれを入れ、そのまま門の外へと駆けて行った。
 シンチーがそれを追いかけようと門の前まで来ると、兵士にさえぎられた。
 「外へ出るなら、登録証を出していくんだ」
 「…登録証?」
 何だそれは。
 訝しがるシンチーに向かって門番は説明した。
 「この交易所から外に出る場合はミシュガルド大陸入植者登録証が必要になる。この交易所の外は危険だから、いつ命を落としても不思議ではない。だから、誰が今外に出ているかを管理する必要があるのだ」
 もはや一つの都市として入植者の生活の場となっている交易所。だからこその措置だ。交易所内で暮らす者はもちろん、冒険者であっても登録書の提出が義務化されている。長期間外で活動する場合やほかの集落に移る場合は、そのための手続きが必要となる。
 無駄に洗練して、とシンチーは内心悪態をついた。
 ケーゴは森の中へと消えて行ってしまった。今から登録証を作るなり手続きを行うなりの時間はないだろう。
 シンチーは落ち度のない門番をにらんだ。
 黄色い目、縦長の瞳孔はギラリと光り、門番は震えた。
 「フードをかぶったダークエルフ、ですか」
 「そうそう、何か知らないかな」
 酒場で働く黒髪の女性に話を聞いてみた。
 営業スマイルを見せるロビンに、女性は考えるそぶりを見せる。
 「確か、西の森でダークエルフに荷物を奪われたって報告がいくつかあったはずですよ」
 「西の森、ねぇ」
 拠点は交易所の外ということか。まさかとは思うがあの二人も外に出てはいないだろうな。シンチーが子供一人見失うこともないだろうし、杞憂か。
 従者が交易所のシステムに阻まれているなど知る由もなく、ロビンは給仕に礼を言った。
 彼女もほかの客に呼ばれたため、その場を離れようとした。
 「あ、ただ、西の森に行くなら気を付けてくださいね」
だが、何かを思い出したように振り返る。
 「え?」
 「最近、西の森へといった開拓者が帰ってこないということが多くて。だから、そのエルフに荷物を奪われるって話、ちょっと忘れちゃってました」
 「…そう、ありがとう」
 これは本気でボディガード案件になりそうだ。まずはシンチーと合流しなければ。
 

 ようやくまくことができたようだ。
 肩で息をしながらケーゴは辺りを見回した。濃い緑が辺りに広がっている。ずいぶん奥まで走って来たらしく、道も舗装されておらず獣道のようなかろうじて人間が歩ける程度のものだ。日の光もあまり届かず、鳥の鳴き声がやけに大きく響いている。
 薄気味悪さにケーゴは腰に手を伸ばし、剣がないことを思い出した。慌てて辺りを見回し落ちていた棒を手にした。丸腰よりはましだろう。
 交易所に戻ることも考えたが、またあの二人に見つかると面倒だ。それに、自分だって伊達にトレジャーハンターを名乗っているわけではない。ほとぼりが冷めるまでこの辺りを散策してやろうではないか。
 シンチーやロビンの言葉を思い出し、ケーゴは棒で乱暴に木々を折りながら、かろうじてあった小さな道を外れ、森の奥へと進んでいった。
 
 どれくらい歩いただろうか。交易所の石壁は既に見えない。そろそろ、帰ることを考えた方がいい頃合いか。
 森の中をぐるぐる回ってみたが何一つ見つからなかった。モンスターに襲われずに済んだだけましかもしれない。
 特に帰り道のことなど考えずに歩いてきたが、今来た道を戻れば何とかなるだろう。そう楽観的に考えてくるりと後ろを向いた時のことだ。
 「そ、そこの少年…助けてくれ…」
 どこからかかすれた声が聞こえた。
 ケーゴは思わず跳ね上がってしまったが、何のことはない、人間の声ではないか。
 辺りを見回しながら尋ねる。
 「誰?何があったんですか!?」
 「こっちの茂みだ…膝に矢をうけてしまってな…動けないのだ…」
 荒い息遣い。ケーゴは声の主がいる方向を特定し、駆ける。
 「大丈夫ですか!?」
 胸のあたりまである茂みを分け入って声の主のもとへと急ぐ。
 突然、がくんと足が空を踏んだ。
 驚く間もなく、ケーゴは前のめりになって倒れる。茂みの先は小さな崖になっていたのだが、木々に囲まれた景色と、茂みで足元が見えなかったせいでそれに気づくことができなかったのだ。
 顔面から派手に転げ落ちた。腹を打った衝撃で息ができない。必死に立ち上がろうとしたが踏み外した際に左足をひねったらしく、激痛が立つことを拒んだ。
 「カッ…ハッ…」
 いったい何が起きたのかわからない。吐きそうだ。全身が痛い。動けない。
うつぶせで苦痛に耐えるケーゴのもとに一頭の動物が近づいてきた。
 狼のような体躯をした生き物だ。縦長の目が額にもあり、黄色い3つの眼にケーゴは睨まれる。
 獣はケーゴを見てにたりと嗤った。
 「この手にまんまと引っかかるのもヌシで何人目かのう」
 人間の言葉を発する獣にケーゴは目を見開く。
 「な…ん…」
 必死に喉から声を絞り出す。だが何も意味をなさない音が漏れるだけだ。
 「不思議か?ワシがヒトの言葉を解することが。この大地ではウヌらの知恵など役に立たぬということよ」
 クツクツと下品な笑い声を立てながら近づく。
 「ウヌらはワシの飯じゃ。こうやって今までも何人もワシの腹に収まったものよ」
 もっともウヌの場合はまず息の根を止めねばな。そう言って舌なめずりをする。
 そうか、この獣がさっきの声を出していたのか。そしてそれにまんまと引っかかってしまったのだ。なんとか状況を理解し、立ち上がったケーゴは先ほどの落下で折れてしまった棒切れをしかし、剣のように構えた。だが、ズキンと体が痛み、一瞬こわばる。
 その隙を見逃さず、獣はケーゴに飛び掛かった。
sage