84話 奥の手

84話 奥の手





 闇マンボウと巨大化したメゼツの姿は、途方もない大きさであったので、戦場のどこからでも視認できるほどであった。
「あとはあの小僧に託すしかあるまい」
 戦場から退避していくハイランド軍を率いながら、馬上の人となった傭兵王ゲオルクはそう呟いた。
「そうですね…これほどの戦い。人知の及ぶところではありません」
 それに同意する英雄クラウス。
 彼もまた、彼に付き従うアメティスタ、ビビ、ミーシャらと共に、ハイランド軍の用意した馬にまたがって戦場から退避していた。
 豪傑も、英雄も、精霊戦士も、今や何もできない。
 メゼツがたった一撃の蹴りで、蘇った地獄の亡者の軍団を消滅させたように…誰も両者の戦いに介入することは不可能と思われた。
 ただ、戦いを見守ることしかできないのだ。
 ゲオルクやクラウスを中心とする一団は、ゲーリング要塞の麓へ向けて下山を続けていた。
 その最中のこと──。
「クラウス」
「なんだ、アメティスタ…なのか!?」
 呼びかけられ振り向いたクラウスは驚く。
 アメティスタは、ビビのビキニアーマーの予備をまとっていたはずだが、いつの間にか黒騎士が残した黒い鎧をまとっていたのだった。
 声はあの低音のアメティスタのものだったのですぐ分かったが、一瞬ぎょっとしてしまう。
「どうやら呪われてはいないようですし、せっかくなので使うことにしました」
「隊長。あたしのあげた鎧は…」
 後ろからビビが口を挟んだ。
「あの“紐”は小さすぎる」
 兜の面頬を上げ、浅黒い顔を見せるアメティスタは、悪戯っぽく笑みを見せる。
 クラウスはそのやりとりに苦笑しながらも、すぐにいつもの癖で思案顔となる。
「…そういえば、黒騎士が死んだ後、何かの闇のオーラのようなものが飛び出していくのが見えたな…」
「はい。恐らくあれがこの黒い鎧を動かしていたものでしょう。今のこの鎧からは、我々が戦った時のような禍々しさは消えています」
「なるほど…しかし、不吉な鎧だ。安全なところまで行ったら早々に処分した方がいいのでは?」
「いえ、せっかく手に入れたのですから、良いアイデアがあります」
「……と言うと?」
「それは生きて帰ることができれば、お話しましょう───どうやら、こちらにも敵が現れたようです」
「敵だと…!?」
 今更、戦う相手などいるのか!?
 誰しもがそう思ったが、地面がぼこぼこと盛り上がり、地獄の亡者が雄たけびを上げながら復活を遂げていた。
 アルフヘイムの戦士、甲皇軍の兵士、どちらもいる。
 今回の戦いで数刻前に死んだばかりの新鮮な亡者である。
 中には少し前まで味方だった者の、見知った顔の亡者も混じっている。
「くそっ、こちらは消耗しているというのに…」
 メゼツが蹴り飛ばして消滅させたのは、その時に現れていたほんの一部の亡者にしか過ぎなかったのだ。
 また、光の巨人と化したメゼツが空から現れた際、空を覆っていた闇を僅かに切り裂いたものの、依然として空は大半が闇に覆われたままだった。その闇が完全に払われない限り、亡者たちに永遠の眠りを与えることはない。
「来るぞ!」
「応戦せよ!」
 クラウス、アメティスタらが剣を抜き放つ。
「ゴンザ、槍を持て!」
「はっ!」
 ルネスの聖剣を失ったゲオルクは、他のハイランド軍の兵士らと共に槍を持つ。
「数が多い…! でも、魔法はもう…」
 黒騎士との戦いで魔力は尽きていた。全金属製ハルバードをビビは構える。
 空は暗く、今が昼なのか夕方なのか夜かも分からない。まるで何日も何か月も経っているかのようにも感じる。
 時間の感覚もないまま、戦士たちは戦い続け、疲労の色は濃い。が、それでも生き延びるためには戦い続けるしかない。それぞれ、戦士たちは悲壮な覚悟で戦いに臨もうとしていた。
 亡者の大群は、虚ろな表情のまま、獣の咆哮をあげながら津波のように押し寄せてくる。
 まさに津波であった。
 山の中腹から見渡す限り、地面が見えないほど隙間なく、いつ果てるともなく亡者が蘇って蠢いている。
 ゲオルクやクラウスらは、そんな亡者の大群にすっかり取り囲まれていたのだった。




 一方その頃。
 ゲオルクやクラウスらはゲーリング要塞の東側の山の斜面を下っている。
 その反対側、西側のアリューザ方面も、地獄のような有様だった。
「うおおお!」
 甲皇軍大佐のゲル・グリップが鉄拳を振るい、目の前にいた亡者の兵士を叩きのめす。
 アリューザを目指して撤退するゲルとホロヴィズが率いる甲皇国第一軍は、迅速に撤退を続け、既にアリューザまで数十キロという地点まで逃れていた。ゲーリング要塞ははるか後方にあり、巨人と化したメゼツの姿も見えない。だがそんなところまで逃れても、彼らの前に亡者の軍団は湧き出ていた。
 近年の戦いで死んでいった亡者のようには見えない。
 ひょっとしたら数百年は昔の亡者であろう。
 古めかしい鎧をまとった兵隊が次々と湧き出て、剣や斧を手に襲い掛かってくる。
 いかな近代兵器を擁する甲皇軍といえど、無限に湧き出てくる亡者兵に対し、既に弾薬は尽きており、小銃の先についた銃剣で戦うしかなく、ゲル・グリップも義手である鉄拳を握りしめて戦っていた。
 軍馬や軍用車両さえ使えれば…アリューザまであと少しのところだった。
 しかし、眼前の平野には何十万、何百万という亡者の大群が次から次へと押し寄せ、軍馬も軍用車両も使い物にならない。
 もはや、数キロどころか、数百メートル進むことさえ困難だった。
「ゲルよ、もはや…」
「諦めないでください。閣下!」
「やれやれ、老体に無理をさせおって」
 ホロヴィズは地面にへたり込んでいたが、重い腰をあげてヨロヨロと立ち上がる。
「空軍の連中は何をしておる? 我々を回収せず、己らだけで逃げおったのか」
「どうやらそのようですね…」
「使えぬ連中よ。そういえば、ゼットはともかく、その部下には乙家の連中が多かったな。わざと儂らを見捨ておったか」
「……」
 ゲルは返事をしなかったが、アリューザ作戦において乙家支持者であった第四軍将兵を皆殺しにしてしまったことが、ここにきて響いているのは察している。
 が、それについてホロヴィズをなじることもしないし、何か意見を言うつもりもない。
 過ぎたことを悔やんでも仕方がない。
 今を生き延びるために戦わねばならないのだ。
 ゲルは戦う。
 例え、部下がどれだけ傷つき倒れていこうが。
 例え、ホロヴィズが判断を誤っていようが。
 親代わりであり、忠誠を誓うホロヴィズだけは、自分が守らねばならない。
 ユリウス亡き今、ホロヴィズの真実と真意を知る者は、自分しか残されていないのだ。




 また、一方その頃。
 停戦を果たしたニコロ率いるアルフヘイム軍とダーク率いる甲皇軍。
 両者は、それぞれ東西に分かれて戦場から離脱しようとしていた。
 ニコロらはボルニア方面へ。
 ダークらは南西のレンヌ方面へと。
 だがそんな彼らの行く手にも、やはり亡者の大群が押し寄せていたのだった。
 今や、どこにも逃げ場などない。
 禁断魔法の効力範囲はとてつもなく広い。
 ゲーリング要塞を中心として、アルフヘイム大陸の三分の一を闇の空が覆っている。
 この闇の空が晴れない限り、地獄の夜は続く。
「ニコロ!」
 プレーリードラゴンを駆け、サラマンドル族のトーチが抜き身のサーベルを手に、亡者兵らをなぎ倒しながら現れる。部下を随分と減らしてはいたが、それでもまだ健在であった。
「おお、トーチ! 生きていたか…!」
 ニコロは僅かに表情をほころばせた。
「当然だ。停戦は成ったようだが、キツイ状況だな。ボルニアまで撤退するしかないだろうが、何せ亡者どもの数が多い。どう切り抜ける?」
 そんな会話を続けながらも、ニコロもトーチも剣や斧を振るい、押し寄せる亡者兵らと戦い続けている。
「はぁ、はぁ……そうさな。こちらの魔道士軍団も消耗が激しい。だがやってもらうしかないな。メラルダどのや、ベルクェットどのの魔道士軍団を守りつつ、地道に進むしかないだろう」
「分かった。俺はメラルダどのの方へ行く。ニコロ、貴様はベルクェットどのの方へ行け」
「承知」
 ニコロは簡潔に話を終わらせ、戦斧を持ってベルクェット隊の方へ向かう。
 トーチも同様に、プレーリードラゴンを駆け、メラルダ隊の方へ向かう。
 両者とも何も感傷めいたことは言わなかったが、二度と会えないかもしれないと感じていた。
 それほど、両者とも傷つき、既に疲労困憊だったのだ。
 ピギャアアア!
 トーチの乗っていたプレーリードラゴンが悲痛な声をあげる。
「…ぬうっ」
 トーチは危うく落馬しそうになるが、すんでのところで態勢を立て直し、だがそのままドラゴンを走らせることは不可能と感じ、跳躍して地に降り立つ。
 後ろを振り返ると、トーチの乗っていたプレーリードラゴンは亡者らによって取り囲まれて、噛みつかれ、斬られていた。
「おのれぇ!」
 トーチはサーベルを振るって亡者らをなぎ倒すが、トーチの相棒だったプレーリードラゴンは既に八つ裂きになって絶命していた。
 ぐるる…。
 ウゴァアアア!
 亡者らは、今度はトーチの方へ矛先を向ける。
 腐った臭いが鼻につき、疲労もあって吐きそうである。
「ふぅっ……ふぅっ……ここまでか」
 覚悟を決め、トーチはサーベルを構えた。
 見ると、もはや自分の部下の兵も、もう十名ほどしか残っていない。
 かつて南方戦線を戦った時、千名を超すサラマンドル隊がいた。
 ゲル・グリップに敗れ、たったの百名の敗残兵となり、ホタル谷でクラウス義勇軍と合流した。
 それから転戦に転戦を重ね…遂に十名までに…いや、九名、八名…。
「───エイルゥ隊長! 俺に、力を…!」
 トーチは最後の灯を、命を燃やすかのように咆哮する。
 その時であった。
 地面から湧き出るように、青く輝く高熱の炎が噴き出したのだった。
「……!!」
 その炎は、サラマンドル隊を護るかのように、炎の壁となって周囲の亡者どもを焼き尽くし、燃え広がっていく…。
(───キビダンゴをあげよう…)
 確かにその声を、特徴的な訛りのある声を、トーチと、生き残ったサラマンドル隊隊員は聞いたのだった。
「その声は……!」
 トーチとサラマンドル隊員らは周囲を見渡すが、声の主はどこにもいない。
 ただ、青く高熱に輝く炎だけが。
 かつてのサラマンドル隊隊長エイルゥの精霊剣シェーレが放つ炎のごとく、亡者たちを焼き尽くし、それでもなお絶えることなく燃え続けていた。



  


「薄気味悪いやつだ」
 メゼツは闇マンボウを見て、思わず悪態をついた。
 眼前の敵は、あらゆるところから集められた闇の魔素により、いよいよ完全体となり、その全長は巨大化メゼツと同じく1000メートルに達していた。
 全体的に黒々とした体をしているが、なぜかその黒い体から伸びる両足は、白くなまめかしい女性の足のようで、美しい脚線美となっている。
 体は…やはりどう見ても黒々とした魚であり、フグのようにタラコ唇を開きっぱなしにしており、目も口も知性が感じられず間抜けそうな真ん丸である。
 その、真ん丸な目玉がぎょろりとメゼツを見た。
「ひひひ…久しぶりだな、ウンチダス」
 闇マンボウの声は、粘っこい声だった。
 体は恐ろしくでかいくせに、小物というか…そこらへんにいる野盗のおっさんのような…“やられ役”のような声である。
 メゼツが思いつく限りでは、ハゲワシ中隊にいた柄の悪いベルトランドのような声である。
「なんだぁ? 巨人の姿なんかになりやがって。お前の正体はあのみっともねぇ姿のはずだろうが。何かっこつけてんだよ」
 言うことまで小物臭かった。
「…喋れるのか」
 知性が見られない顔つきだったので、メゼツは少し驚いた。
(───あんなやつと会話する価値はない。聞き流しておけ)
 脳内からウンチダスの幼児のような声が響く。
「そうなのか? 分かった」
「おいおいおい、すましやがって。気に食わねぇな。“前”のようにはいかねぇぞ」
 ウンチダスの声は、メゼツにだけ届いているのかと思えば闇マンボウにも聞こえているようだった。
「今度はその小僧を使って俺と決着をつけようってんだな。だが、復活した俺の前には、何をしたって無駄ってことを分からせてやるよ」
 そう言って、闇マンボウが咆哮し、開いた口から闇のブレスを吐きだした。
「ぬうっ…!」
 メゼツは両手を交差し、その闇のブレスから顔を守る。
 だがそうするまでもなく、光の膜のようなものがメゼツの体を覆っており、闇のブレスから体を守ってくれていた。
(この光の魔素を使えば…)
 メゼツはゼロ魔素であり、これまで魔法というものを使ったことがない。
 そして光や闇の魔素というものは扱いが非常に難しく、禁断魔法や超上位魔法として一部の大魔導士しか使えない。
 にも関わらず、ウンチダスと融合したからであろうか、光の魔素を使って攻撃に使えると本能的に悟っていた。
「今度はこちらの番だ。三枚におろしてやるぜ」
 メゼツは両手に光の魔素を集中させる。
 手首から発した光輪がぐるぐると手首を回っていた。
 それを、メゼツはチャクラムのように投げつける。
 闇マンボウの体を光輪が八つ裂きに切り裂いていった。
 三枚におろすどころか、ぶつ切りである。
「やったか!?」
「ひひひ…無駄無駄ぁ!」
 勝ち誇ったように、バラバラになったはずの闇マンボウが笑う。
 闇マンボウの体を覆っている闇の魔素は、ねっとりとした接着剤のように、切り裂かれた闇マンボウの体を再び癒着させていくのだった。
 あっという間に、闇マンボウは元の姿を取り戻す。
「何だと…! これは、埒が明かねぇな…」
 光と闇は拮抗しており、互いを倒す決め手に欠けていたのだった。
「ひひひ」
 闇マンボウは、いやらしく笑ったかと思えば、くるりと尾びれの方をメゼツに向ける。
「埒が明かねぇのはこちらも同じだ。だから、お前なんか相手にしない」
「何!?」
「状況を良く見るがいい。地獄と化したこの光景を。どちらが“勝っている”かは一目瞭然だ。俺はお前など相手にせずとも、この地上を地獄に変えることができている。一方、お前は俺を倒さねばこの状況は覆せない」
「……」
「俺はお前と戦うつもりはない。じゃあな」
「待て」
「待たない」
 闇マンボウは悠々とメゼツに対して尾びれを見せ、ボルニア方面へと浮遊しながら移動しようとしていた。
「どうすればいい。ウンチダス!」
 メゼツは苛立って叫ぶ。
(───“あれ”しか、奥の手を使うしかないだろうな)
「奥の手だと?」
(───俺の名を言ってみろ)
「……ウンチダス」
(───そういうことだ。奥の手だ。尻の方の)
 メゼツは何とも言えない表情となる。
 幾ら何でもそれはないだろうと思っていたが、しかしウンチダスと融合したために、その考えや能力がすぐに頭に入ってきて、それしか手がないことが分かる。ウンチダスに手はないが、奥の手はある…。
「分かった、やろう」
 メゼツの体は再び発光する。
 その体が徐々に、元のウンチダスと同じ姿へと変化していく。
 ただし、サイズは1000メートル級のウンチダスへと。
「くそくらえ」
 完全にウンチダスとなったメゼツは、尻を闇マンボウへと向ける。
 そして、放出された“あれ”は、古代ミシュガルドを滅亡させた時以来の、滅びの爆裂疾風弾バーストストリームとなったのである。






つづく
sage