114 望まぬ再会

跪くダニィを見下ろしながらロスマルトは言う。

「お前ごときがディオゴを倒したなどとは笑止……
貴様の紙のような肉体……エルナティでも砕けるわ。」

「何さぁ……デカチン馬のクセに……」
エルナティは不平を言いながらも、ロスマルトの体力が回復していくのを
感じ取っていた。

「……ふぅ……おまえが力比べしか見る目のない野郎だとは分かっていたが……
少しばかり恐怖があった。少しは頭が働くかもしれないとな。
だが、それも杞憂だとわかったよ……良かったよ……念の為に保険をかけといて。」


跪きながらダニィは不敵な笑みを浮かべた。
その瞬間、ダニィは地面についていた左手を引っ張っていた。
それと同時に、ロスマルトとエルナティの身体が突如として縛り上げられる。
まるで、見えない糸で縛り上げられているかのように。

「なッ!!」

ロスマルトとエルナティがダニィに気を取られている隙に、
ダニィは素早さの向上したクワァンタム・オブ・ソラス~アナザァ・ウェイ・トゥ・ダイ~を使って、
見えないワイヤーをそこらじゅうに張り巡らせ、滑車のようにして
罠を張っていたのだった。

ロスマルトはまるで自分自身を抱きしめるかのごとく、縛り上げられその場に倒れこみ、
エルナティは足首にワイヤーを巻きつけられたワイヤーが上へ引っ張られ、
宙吊りとなっていた。

「我がガーディアン・クワァンタム・オブ・ソラス~アナザァ・ウェイ・トゥ・ダイ~ 
の能力だ。成功して何よりだ。種明かしは今は遠慮させていただく。」

そう言いながら、ダニィは人職人人の許へ歩み寄っていく。

「おのれ……こんなちっぽけな糸で我らを封じたつもりか!このような糸など!」

「『怪我をしてでも解いてみせる』か? そんな時間があればの話だがね。」

ダニィが近くの柱にワイヤーをくくりつけ、足早に人職人人の許に駆け寄るのと同時に部屋に甲皇国軍がなだれ込んできていた。

「なッ……!!」

「なによこれぇえ!!」

ロスマルトは今、気づいた。
ダニィは最初からまともに勝負する気などなかったことに。ディオゴを倒して本来終わる筈の闘いが獣神将が入ったことで長引いてしまったのだ。ダニィとしては一刻も早く終わらせたかったのだった。ダニィがショックノイズを使ったとき、ダニィはその4つの兎耳と、蝙蝠としての超音波能力を使って、遺跡内の甲皇国軍の接近に気づいていたのだ。ダニィにとっての不幸中の幸いであった。

「……あばよ。お前らの相手は彼らに任せる。」

そう言うと、ダニィは人職人人を抱えそのまま太ももにありったけの力を込めると、
そのまま石畳を踏み砕きながら、部屋から飛び去った。ディオゴほどの脚力はないとはいえ、
あのパワァを使えば、即座に退却も可能だ。後はその勢いを利用してどこかで翼を開き、風に乗って
飛び去れば空からでも逃げられる。


「ぐぎゃぁああああああああ!!」

ロスマルトは雪崩込んできた甲皇国の兵隊の麻酔弾や電撃弾の攻撃を喰らい、悶え苦しんでいた。エルナティも同様である。もしも、ワイヤーで拘束されていなければ攻撃を喰らう前に返り討ちにできた筈だった。一瞬の遅れがロスマルトやエルナティへの先制攻撃を許してしまった。

だが、それでもロスマルトやエルナティは立ち上がり、報復を試みる。たかだか虫ケラ如き人間の攻撃、喰らっても蹴散らせるわという気持ちだった。
だが、立ち上がろうとした瞬間 2人の目の前にあったのは地面であった。力が入らないのだ。


「やーれやれ……ゼロマナ加工の特殊弾でようやくマグロか・・・まったく 焦らせてくれる。これでエントヴァイエン閣下のご機嫌もよくなるだろう・・・」

薄れる意識の中、2人の傍で倒れていたディオゴの耳に聞き覚えのある声が響いていた。
その男は両手両足が義手の……


「おまえ狙いで遺跡内を彷徨いていたらまさか
獣神将を捕獲できるとはねぇええ~~~~ ご無沙汰だねぇええ~~クソジビエ野郎のディオゴくん~~~」


丙武少将……その人であった。