目覚めたディオゴの目の前にあったのは聞きなれない機械音だった。
オイルの臭い、滑車の音、星屑のようにバラバラになった金属の粒子の臭いが漂っている。
列車のような広さではあるが、僅かにガタガタと振動を鳴らし
乗組員である自分にもその余波なりが感じ取れるところから
大型の車両に居ることは分かった。事実、ディオゴは甲皇国の装甲車の中に居た。

「………」

重苦しい瞼をこじ開け、ディオゴは目覚めた。
そして、次に感じたのは己が磔状にされ拘束されていることだった。
まるで、十字架で両手両足を串刺しにされたイエス・キリストのように拘束されるその姿は、
ディオゴにはお似合いではある。ほんの数秒、数分、数時間だったのかもしれない。
だが、無限に広がる宇宙の……いや、宇宙という空間が拡張という拡張を広げ
広がってゆくかのように 終わりのない終焉へとただひたすら広がっていくかのように
あそこに居た時間は途方もなく長く感じた。

何億年、何京年……いやその時を何十回、さらに何百、何千、何万、何億、何京も
繰り返したかのような途方もない闇のようにどす黒い蠢き。
その蠢きの中から、ようやくはい出せたことを気づかぬ内に
ディオゴは現実へと引き戻されていた。

それは果たして今ここに居る自分の全てをやり直せるのならと思うほどの
ある一羽の黒兎の願いに報いる神の慈悲か

あるいは 後悔と慙愧の亜空間の中で現実から目をそらし続ける
ある一羽の黒兎の現実逃避を許さぬ神の叱咤か

今のディオゴには分からない。
ただ、一つ言えることは決して
ここで終わることは許されないということだ。

胸を黒く焦がし、腹に熱く焼き付くこの暗黒の感情。
抱えるぐらいなら、心臓を引きずり出し、腸を絞り出して絶命すれば
どれほど楽になれるだろう。
だが、今自分が ディオゴ・J・コルレオーネがここに居るのは
それが許されないからだ。

許されなくとも生きるしかないからだ。
何をすべきか 何も見えずとも 抜け出すために
何かを掴まねばならない。それ以外に道が無いからだ。


「うん、起きたね。うん。」

ディオゴの目の前に居たのは口の裂けた短髪の男だった。
黒い軍服に身を包み、勲章を左胸に幾つも掲げている男だった。
軍人というにはあまりにもその体躯は細く、
あまりにもその肌は白く、目は真珠のような乳液色の水晶を
はめ込んだかのように丸く輝いている。
その目にただ、墨汁でただ黒い点を落としただけのような
黒い瞳が不気味に輝いている。まるで壊れた東洋の人形のような風貌をした男がそこには居た。

「エントヴァイエン殿下、迂闊に近づかれませんよう。
大量の麻酔薬を注射しておりますが、抵抗の危険性が否めません故……」

エントヴァイエンというマリオネットのような男に向かい、
制帽を真深に被った軍人が忠告をするように告げる。

「うん、分かってる。だけど、迂闊ってどゆこと?迂闊ってなーに?」

エントヴァイエンはその黒い点をその軍人に向ける。
顔こそはまったく変わってはいなかったが、明らかにその場の雰囲気が変わったのを
ディオゴは察知した。背中から手を突っ込まれ、そのまま背骨を鷲掴みにされたような悪寒が走る。
この時のディオゴは知る由もなかったが、エントヴァイエンは
甲皇国皇帝クノッヘンの第一子の皇太子である。ディオゴが
エントヴァイエンの放つオーラに底知れぬ闇を感じたのも無理はないことだろう。
これも後に知ったことだが、落ちこぼれだと甲皇国では噂されていたらしい。
事実は噂とはまったく異なることを後にディオゴは思い知らされるのであった。

「……失礼を。殿下。殿下のお身体に万に一つ、いえ億に一つ、
手傷を負わせるわけにはいきませぬ。 どうか、ここは私めにお任せを。」

エントヴァイエンの機嫌を損ねたことに激しい恐怖を抱きながらも、
軍人は制帽を被りなおすと、そのまま跪く。

もはや、己の使命に殉ずるのみ。言い訳など絶対無用。
それ故に己の運命を決めるは、目の前の御方エントヴァイエンのみ。
その気持ちがエントヴァイエンを止めた。


「うん、おまえがそう言うんなら、うん、そうだね。分かった。」

跪く軍人の前をエントヴァイエンはそのまま通り過ぎていく。
しばしの静寂の後、軍人は立ち上がると制帽を取り
その素顔を見せた。

「ご無沙汰だなァ、クソッタレの黒兎さん。」

ディオゴの目の前に過去の記憶が思い起こされる。
それはかつて北方戦線で死闘を繰り広げた
あの丙武だった。

「おまえは……丙武大佐」
かつて戦いを棄て、安楽の日々を過ごしていたディオゴの心にとっては
もはや忘れ去りたい過去だった。目の前に居るこの丙武の顔は
先ほどのエントヴァイエンに負けず劣らず不気味に微笑んでいた。

「下半身に血の気が言ってる割には随分と物覚えがいいな。
だが、生憎と准将に昇格してね。」

義手の右手で勲章を見せびらかす丙武は
准将の階級章を指さしながら、ディオゴを見つめていた。

「エントヴァイエン殿下は偉大なる我が祖国の富国強兵のため
強化人間の製造を 目的としておられる!
お前たち亜人どもに見切りをつけ、獣神帝と獣神将にターゲットを絞った
この道中で まさかお前に会えるとはな。」

丙武は、己の義手の手の甲からブレードを出し、ディオゴの喉笛に
突きつけながら ジロジロと睨みつけるように言った。


「今更……何の用だ? 未だに終わった筈の戦いを求めているのか?」

ディオゴは下を俯き、呆れるように投げかける。
また首を下へと向けて俯いたことに、ディオゴは思わず
あの地獄で己が取った愚かな行動を思い出し、恐怖のあまり頭を上げた。

「終わった"筈"だと……!?
勝手に終わらせるな!! 俺にとって戦いは終わっちゃいない!」

かっと目を血走らせ、丙武は吠えるように叫んだ。

「戦いとは勝利して 成果を勝ち取ることだ!!
あのアルフヘイムで俺は何を得た!? 何も得ちゃあいない!!
精霊樹を司る巫女も得られず、亜人如き 貴様ら野蛮人に敗北した!
俺は何一つ勝ち取ってはいない!!」

ディオゴの喉笛に噛み付かんばかりの勢いで丙武は
怒鳴りつけた。唾が飛び、ディオゴの顔面に霧のように飛散したが
それでも構っている余裕は丙武にはなかった。

「勝利とは戦いの終わり、敗北とは戦いの始まり……偉大なるクノッヘン皇帝陛下のお言葉だ!
フローリアで敗北を喫してから 俺の戦いは始まったのだ……!
この惨めな人生との戦いの日々がな!」

丙武は軍服を引き裂き、胸に刻まれたその焼印を
ディオゴの目にも焼き付けるように言う。
ハンマーで叩き潰された髑髏の焼印……粉々に砕け、散らばる骸骨の破片が
ディオゴの目に焼き付いた。

「この烙印を押されたことが何を意味するか……お前には分かるか?
敗北を背負い、生きろという証だ。甲皇国に生きる軍人であれば、これは死も同然だ。
生きながらの死だ。貴様は俺の心に死を刻んだ………決して許しはしない。」


「……なる程 詰まるところ俺にそれに報いろというわけか?」

「あぁ、そうだ。まずは貴様の耳をすべて引きちぎる。
痛みという痛みを全て味あわせ、涙と糞尿も枯れるほどに追い込む……
そして、おまえの陰茎と金玉を切り取り、殺す!
もはや性欲が取り柄のおまえにとっては死より辛い生き地獄だろう。
後はその貴様の遺伝子を貰い受ける……お前は仮にも甲皇国軍を
相手取ったアルフヘイムの英雄の一人だ。殿下も少しばかり興味を抱いておられる。」

ブレードをディオゴの身体にあてがい、筋肉の流れに沿うように
その肌に這わせていく。今にもそのままブレードが肉を切り裂き、
その場に血を撒き散らしてもおかしくはない状況であった。
完全に仕留められたジビエといっても過言ではないほど
ディオゴが追い詰められているのは誰の目に見ても明らかだったが、
その状況でディオゴが発した言葉は通常では選択し得ないものだった。

「……お前は本当の痛みを分かっていない。」

その言葉に丙武のブレードの刃先が止まったことは言うまでもなかった。