29 嘆きの黒兎


蟹人族の亜人兵ガザミが皮肉っぽく言い、ぺっと唾を吐く。

 「まっとうに保護を求める奴ァ……半分もいないようだがな」

 降り積もった粉雪のような砂が彼女の唾を飲み込む。

「豚狩りの次は兎狩りかよ」

 脱走兵ヴォルガーらのように、統率を失った軍がならず者集団になるのは戦場の常だ。
一度は脱走兵に身を堕としたガザミ自身、そのことは重々理解していたが、やり切れない。
ガザミとゲオルクはあの後、撤退中のノースハウザー曹長、リュウ・ドゥ1曹率いる十六夜と合流。
敗走する第一小隊の兵士を保護していった。そんな彼らを保護するようにゲオルク軍は歩を進めていく。

「・・・至る所に女子供の亡骸が転っているな・・・」

兵士の遺体だけでなく、周囲には女子供の亡骸が転がっていた。
その殆どが・・・・・・この物語を読み続けてきた貴方ならもう言わずとも分かるだろう。これ以上、このような類の話を詳細に描写するのは控えることにする。
ガザミも蟹である前に、兵士である前に、人であり、女性である。

「ひでぇ……女に生まれたのが罪だって言うのかよ……!!」

彼等の惨たらしい亡骸を見つめる瞳には、不器用で残酷な生物である男達への怒りが焔の如く、燃えていた。 
だが、戦場が男達の生きる場所である以上、それは不可避なのかもしれない。
いつであれ、男たちの行く戦場には死と破壊しか残りはしない。
逃げ遅れればどうなるか……たとえ女子供だろうと その波に飲み込まれるしかないのだ。

「・・・アンタの言う戦場の仁義など何処にも無ぇんじゃねぇのか?」

抗うことすら出来ぬ程の強大な現実を前に、ガザミは不貞腐されながら
ゲオルクに問い掛けた。

「くさるな、ガザミ」
 ゲオルクは首を振る。

「…貴様の気持ちも分かる。だが誰かが仁義を貫いてやらねば・・・本当に仁義など無くなってしまう。」
「・・・世界にアンター人しか仁義を貫く奴が居なくなっても それでもアンタは仁義を貫くのかい?」

「・・・あぁ 誰かの心に響いてくれることを信じてな」

利害だらけの世界を歩んできた傭兵王ゲオルクだからこその言葉だった。 
限られた選択肢しか与えられない人生の中で、いかに自分を貫くか・・・
その答えをゲオルクは見出した。現実だからとねじ伏せられてたまるか、
自分を押し殺してたまるか、きっとゲオルクはそれだけを信念に生きてきたに違いない。
ガザミは心底この男に付いてきて良かったと思った。

「・・・それにしても アルフヘイムに来てからというもの、甲皇軍と戦いに来たというのに、
やっているのは亜人の脱走兵や敗残兵の制圧ばかり。真っ当な戦いは一度も無いな・・・」

「嫌気が差してきたかい?」

「・・・少しな。だが、甲皇軍との戦いも近いだろう」

 行軍を続けるゲオルク達は、逃げてくる兎人族兵らの変化に気づいていた。死傷者が増えている。

「・・・戦場は近いぞ 警戒を怠るな」
「・・・了解」
ガザミの言葉の刹那、斥候のゲオルクを呼ぶ声が聞こえてきた。
「ゲオルク様!」
 軍の先頭を進んでいた斥候が、緊迫した面持ちで馬を駆けてきた。

「前方で、白兎人族の兵士と見られる男が…」

「むっ…!」

 報告を受けている最中、目の前に現れたのは白兎人族の第一小隊長タナー中尉、その人であった。

「はぁっ……はぁっ……!」

全身に傷を負う白兎人族兵士の男。姿かたちを見るに指揮官であることは分かった。

「……白兎人族第一小隊、小隊長 タナー中尉だな……?」

セキーネから保護を頼まれた人物だ。話に聞いてはいたが、
このような人物とは思えない あまりにも見るからに弱々しい姿であった。


「……はぁっ……はぁっ……そう……です……」
タナー中尉はそう名乗ると力なく膝をつき、倒れた。
背中に石の破片を受け、ところどころ出血している。かなりの深手を負っている。

「タナー中尉!!小隊長!!」

タナー中尉をその両腕に抱き抱えるゲオルク。
それに安心したのかタナー中尉は疲労困憊した目でゲオルクを見つめる。

「……あなたは……味方ですか……? わ……私の……部下は……どこにいるんです?」
ゲオルクの胸ぐらを掴み、タナー中尉はどうか助けて欲しいと懇願するかのように尋ねた。

「もう大丈夫だ。 安心するが良い……そなたの部下は我々が保護した!
貴官も直ちに我々が保護する。」

「急いで……私のことは構わない…………まだ後ろに部下が…… お願いです……早く…助けてやってくださ」

タナー中尉は吸い込まれるようにして目を閉じて意識を失った。

「タナー中尉!!中尉!!! しっかりするのだ!!」
慌てて呼吸を確認するゲオルク……虫の息ではあるが、まだ助かる見込みはありそうだった。

「マズイな……脱水症状と出血だ……衛生兵!!」

ガザミが衛生兵を呼び、タナー中尉を担架に乗せて後方へと運んでゆく

「勇ましい男だ……あまり戦い慣れておらぬ身体だと言うのに よくぞあそこまで」

抱き抱えながら、ゲオルクはタナー中尉の辿ってきた道を悟った。
あの屈強なノースハウザー曹長や精鋭の十六夜からも「お願いです、なんとしても中尉を救ってください」と
懇願されたほどの男と聞いて よほどの豪腕で筋骨隆々の男かと思っていた。
だが、目の前に現れた男は中肉中背の見たところか弱い兵士であった。

「助かりますかね……あの中尉さん」
ヒザーニャがゲオルクに尋ねる

「部下を置き去りにはしない男と聞いている。武運を祈ろう。」

「ゲオルク!!」


ガザミの怒号と時を同じくして凄まじい轟音と共に、ゲオルク軍前方で大きな土煙が舞い上がった。
 もうもうと立ち上る土煙は、大砲の弾でも落ちたような衝撃があった事を物語る。土煙の中から、何人かの白兎人族兵が飛び出してくる。

「うわぁあぁ~ッ!!」
「ぎいやぁああぁあッ!!」

恐怖に歪んだ表情で、負傷した体を引きずりながら彼等は逃げ惑っていた。
「彼等を保護しろ!」
彼等の保護がセキーネから与えられた任務の一つだ。

「石弓の用意を」
 ゲオルクの前に、石弓兵らがずらりと並び、土煙が晴れていくのを待ち構える。
 土煙が晴れるのを待たず、何かが飛び出してくる。
 黒い肌、コウモリの羽が耳となったという4つの長耳、そして凶暴そうな白い牙を持った黒服の亜人の男が飛び出してきた。

「ウシャアアアアッ!」


牙をむいて咆哮する黒兎人族兵の男──その男こそディオゴ・J・コルレオーネだった。

「殺す殺す殺す殺す殺す殺すッ……ブッ殺してやる――――ッッ!!!」

獅子の如き怒りの咆哮をあげたディオゴは次の瞬間

「ぐ…あぁ…!!」

「ひぎゃぁぁあああああっっ!!」

類まれな跳躍力で突進し、逃げ惑う白兎人族兵を追い抜きざまに首を掻き切ってしまった。


「クソッ!!やめろぉおおおおお!!!」

ガザミの叫びも虚しく、白兎人族兵は次々と血の噴水を挙げながら、血の海へと沈んでいった

 両腕に刃を取り付け、跳躍力を活かした素早い動きからの即死攻撃は、兎人族兵特有の武器であり、脅威である。

「ウイングブレードか・・・白兵戦で厄介なことこの上無い」

敗走したとはいえ、北方戦線を支えた兎人族である。彼等の得意とする白兵戦に特化したウイングブレードは両腕の外側に刃を出し、敵に向け突進する・・・まるでその姿が翼を広げた鳥の姿であることから名付けられた。兎人族を数える時に「~羽」と数えるものがいるのもその影響かもしれない。

「放て!」
ゲオルクの号令で、石弓の矢が放たれた。
だが、ディオゴは放たれた石弓の矢を巧みに回避してしまう。
その秘密は、コウモリ人からの特性・エコーロケーション能力にあった。
兎の長耳に加えてコウモリの羽が変質した耳により、視界が悪いところでも鋭敏な聴覚がある。
石弓が放たれる音からどこに矢が飛んでくるかを聞きとり、回避してしまう。
元々、兎人族はその神速と言える程の素早さを誇る亜人であるのに、これでは防戦一方だ。

それにしてもこの黒兎人族の男……
いくらその強靭な素早さを生かすためとはいえ、胸当てしかつけていないとは何事か……
殺傷力の高い石弓の矢が一発でも当たれば致命傷となるのにも関わらずだ……

「ヌグあぁぁアああアアアアああッッ!!」
石弓の攻撃を回避すべく、空高く舞い上がるディオゴ……
だが、それでもゲオルク軍団の石弓の猛攻は止まない。
空高く舞い上がるディオゴに容赦なく降り注ぐ石弓の雨という雨……
だが、その雨の中をディオゴは身体をくねらせ、しならせ、回避していく。
わずか数ミリ身体をズラせば、蜂の巣になってもおかしくない。
余程の肝っ玉が無ければ絶対に出来ない戦い方だ。

「……命知らずな戦いをする・・・この男に何があったのだ?」

いくら強靭な身体能力のおかげとはいえ、この石弓の雨の中をこれほど掻い潜ってまで敵を倒そうとするディオゴ。
その戦いぶりには命を投げ出している素振りが見て取れた。

「ゲオルク!!」


ガザミの声が彼の名を呼び終えるのを待たず、次の瞬間ゲオルクの前に
ディオゴが飛びかかってきた。
「なにィ!?」
ほんの一瞬であった。正直、ゲオルクはディオゴの舞いに少し見とれてしまっていた……
故に、ディオゴが着地してから、その勢いを利用してゲオルク目掛けて
弾丸の如く飛びかかってくる予兆を見逃してしまった。
だが、流石は歴戦の覇者ゲオルクである。
たとえ、心は遅れを取ろうとも、長年戦場を潜り抜けてきた身体は遅れをとってはいなかった。
ゲオルクの大木のような腕は飛びかかるディオゴを防ぐべく、
咄嗟に両側の腰に差してあった短刀をガンマンの如く引き抜き、目前で交差させ、顔面を護った。
交差するのとほぼ同時に、ディオゴは両腕のウイングブレードを目の前で交差させ、
ゲオルクの顔面を護る短刀に叩きつけた。
「ぐぅおオォオッ・・・!」
怪力で知られた豪腕のゲオルクが樹齢数千年の巨大な大木ような
腰を背後に折り曲げながら踏ん張る。

「ゲオルク様ぁぁああッ!!」

「シィアアアアアーッ!!」
コウモリ人の血を物語る耳をつんざくような口蓋音の雄叫びをあげながら、
ディオゴは牙を剥き出しにし、自身のウイングブレードをゲオルクの短刀に圧しつける。
そして、ゲオルクの両腕を踏みつけ、そこを支点として全体重をのせた。
兎人族の脚力は人間の約10倍とされている……これは兎タイプの兎人族の話ではある。
だが、人間タイプの兎人族の脚力とて人間の約8倍はあるのだ…
はっきりと言おう……たとえディオゴは裸足であろうとも、この体勢から
ものの数秒で人間の腰をブチ折ることなど造作も無いことだ。

加えて、ゲオルクの両腕にはディオゴの戦闘靴が食い込んでいる。
兎人族の強靭な跳躍力に耐えられるように設計された
オリハルコン製の鉄板が入った戦闘靴の重みが加わり、尋常では無いほどの圧力が、ゲオルクの両腕から腰へと伝わっていく…

(こやつ……俺の腰をブチ折る気か……!!)

腰から骨盤へ やがて両足へと抜けていったその凄まじいパワーは
ゲオルクの足から大地へと抜け、その身体を地面へとめり込ませる。
まるで沼にでも足を踏み入れたかのように

(馬鹿な……俺の身体は200kg近くあるのだぞ……!?
こやつの枯れ木のような身体に こんな力が……!?)

だが、その兎人族の脚力が成せる芸当を不可能にしているのは
ゲオルクの巨大な大木のような筋肉という筋肉の塊だ……
老獪といえど、かつて「動く山脈」「歩く千年樹」と呼ばれた
大男ゲオルクの筋肉は重機関車に匹敵するほどの爆発的エネルギーを秘めていた。

(……舐めるなよ……このゲオルク……老いても貴様如き若造にねじ伏せられるわけにはいかん……)

かつて若かりし頃のゲオルクは、
平手打ちだけで男の顎を外し、目玉を一つ吹き飛ばすほどの超怪力を誇っていた。
その怪力は老いた今でも、変わらない。むしろ、戦場をくぐり抜けて来たことによって より一層磨かれていた。

だが、そんなゲオルクでもディオゴを振りほどくことが出来ない……

「こやつ・・・ッッ……何という……馬鹿力だ!!」

目の前のこの黒兎人族の男……確かに筋肉質ではある。
だが、身の丈で言うとたかが175cmぐらい、体重も75kgはいかぬであろう……
細身のこの男に身の丈200cm、体重も200kgを越そうかという巨漢の自分が圧されている。

「ぬぐぅおあアァぁあッ!」

額中の血管を走らせ、目から血潮を噴き出さんばかりの怪力でディオゴを押し返そうとするゲオルク。
対して、ディオゴは歯を食いしばり今度は膝を折り畳み、ゲオルクを押さえ込む

「シィヤあアァぁぁアアああああァァァッッ!!」

(ただの馬鹿力などではない……こやつを支えているのは暗黒の憎悪……!!

全てをねじ伏せ、滅ぼそうとする暗黒の憎悪……それこそがこやつの力か……!!)

ゲオルクを支える地面がやがて ひび割れを起こし、彼の足が陥没する……

何度も踏み固められた筈の荒野の大地が まるで沼地のように彼の足を受け入れざるを得なかったのだ。


「ぬぐぅぉアアあぁああッ!!」
血が沸騰し、血管がブチブチとちぎれて行くのがゲオルクには分かった。
かつての若かりしゲオルクであれば……あるいは……この状況を
打破出来たのかもしれない。だが、肝心の後一息が出せない。

「ゲオルク様!!」

弓兵達もこの事態を静観していたわけではない。
当然のことながら、彼等は主に飛びかかるディオゴに狙いを定めてはいた。
だが、万が一外れてゲオルクに当たった時のことを考えると矢を発射出来ずにいたのだ。
たとえ、千年樹の如きゲオルクの身体でも この石弓が急所に当たれば無事では済まないだろう。
主を失えば、彼等はその瞬間から浪人と化すのだ……己の人生だけが犠牲になるだけでは済まない。
己の家族から、果ては仲間の家族まで……ハイランド全国民の人生全てが犠牲となるのだ。

「くそっ……!」
そんな人生の生死の狭間を分けた一撃は彼等には重過ぎた……

一方で、ガザミは彼等の躊躇する中でも比較的冷静に狙いを定めていた。
ただ、構えるのは石弓ではなく、鋏状になった自身の右手であったが……

右手の鋏の 刃と刃が重なる交点からシャボン玉状の泡の塊が
見る見る内に溜まっていく……

「頃合だな……」

次の瞬間、ガザミは右手に溜まった泡をゲオルクとディオゴ目掛けて
弾丸の如く発射した。ガザミが得意とするバブルマシンガンである。
彼女は水分から生成された体液を泡状に変化させ、手から発射することが出来る。

泡の変化具合、発射速度も調節が可能であるため、
威力も平手打ち程度のものから、ライフル並みの破壊力を誇るものに変化することが可能である。
先ほど発射したバブルマシンガンの威力は、暴徒鎮圧用の比較的低威力のものである。
これなら、万が一、味方に当たってしまっても致命傷にはならない。

「ッ!!」

次の瞬間、ディオゴはゲオルクの両腕を踏み台にして飛び上がり、
ガザミのバブルマシンガンを回避した。
暴徒鎮圧用の低威力のものとは言え、ディオゴによっては 未知の敵による未知の攻撃である。
当たらぬに越したことはない。流石に冷静さを欠いてはいたディオゴであったが、
未知の攻撃に本能的に恐れをなし、すぐさまゲオルクの両腕を踏み台にして蹴り上げ、跳躍した。
ゲオルクはたとえ、ガザミの攻撃を受けて転倒したり、気絶しようとも
周囲の味方がバックアップしてくれるが 
ディオゴの場合、周囲には敵しかいないのだ。低威力の攻撃であろうとも、転倒したり気絶すれば、待っているのは死だけだ。

「グヌぉ!!」

踏み台にされた衝撃で、ゲオルクは背中が地面すれすれまで大きく仰け反った。
先程までゲオルクとディオゴの身体があった場所をバブルマシンガンの弾が
えぐっていく。そのため、両者に命中することはなかった。

「…チッ!」
舌打ちをして悔しがるガザミの心情に反比例して、状況は好転した。
ゲオルクという人質を失った今、ディオゴに全火力を集中することが出来る。
この時を待ち望んでいたと言わんばかりに石弓兵の第3波が、ディオゴに向けて集中する。

瞬時にそれを察知し、飛び上がるディオゴ……
負けじとそれを追う石弓の雨だったが、相変わらずディオゴはそれを回避してしまう。

「厄介だな……」
ゲオルクは石弓兵らを下がらせた。
扱いの容易い石弓といえど、通常の弓よりも連射速度に乏しいのは否めず、
次の射撃に時間がかかってしまうのが難点である。


「槍兵 前へ―――ッッ!!!」

ゲオルクの号令に間髪入れず、槍兵が前へと出る。
ディオゴの攻撃は、要は騎兵突撃と類似している。
元々、騎馬隊で丙武軍団と渡り合った経験がそれを物語っている。
白兵戦を得意とするディオゴのリーチは当然のことながら短い……
ならば、槍で対抗するのが正解というものだ。

「おらおらー!かかってこいやー!!」

膝を震わせながらも、槍兵の一人ヒザーニャが威勢よく叫んでいる
槍とウイングブレードではリーチの差は明確だ。

「行くぞウラぁぁああああああああ!!」

「待て!!」
一人で果敢に飛び出していくヒザーニャをガザミは止めようとするが、
闘気のあまり錯乱しているヒザーニャの耳には届くことはない。

「クッ……!」

突進してくるヒザーニャの槍を目にして、
ディオゴは冷静さを取り戻したのか周囲を見渡す……
槍にウイングブレードでは分が悪い……ロングレンジとショートレンジ。圧倒的不利だ。
ディオゴは手首を内側にくいっと向け、ウィングブレードの刃を仕舞う。
シャキィーンという鋭い音を立てながら、ディオゴは先ほど殺害した白兎人族が所持していた斧を拾った。

「グルルルルルル……!」

斧を拾い、ヒザーニャに向けて突きつけるディオゴ。
槍ほどではないが、少しばかりレンジの長い得物にヒザーニャは戦慄した。

「おいおい、マジかよ」

ヒザーニャは冷や汗をかくのにも気を止めず突撃をかますディオゴ。

「ゥシャあァァアアアアアッッ!!」

大きく斧を振りかぶり、ディオゴはヒザーニャに向けて斬撃を繰り出した。
「おわぁあッ!!!」
ディオゴの斬撃に、ヒザーニャは咄嗟に槍を振り回し、
斧による斬撃を弾き飛ばす……

火花が飛び散ってもなお、怯むことなくディオゴは
斧をすかさず振り荒らす……

「危ッぶねェぞ!!コラァ!!!」

内心、ヒザーニャは
虚勢を張りながらも内心、金玉が縮み上がり、
心臓が丸めた新聞紙のように圧縮される程の
強烈な恐怖心を抱いていた。

それでもヒザーニャは槍を振り回す……恐怖のあまり、
大爆笑をかまして震える膝を死にたくない一心で必死に抑えつけながら……
ヒザーニャの太刀筋は、ゲオルク程洗練されたものではない。
はっきり言って荒削りである。
ただ、槍のロングレンジを生かした斬撃と、日頃から彼が槍の扱いに
手馴れていたことが幸いしてか、ディオゴの斧による斬撃を辛うじて防ぎきっていた。

「チッ!!」

ディオゴはかつて丙武軍団と渡り合った時も、斧を使って騎馬戦に挑んでいた。
だが、それはあくまでも襲いかかる飛び道具を薙ぎ払うための用途としてしか使用していなかった。
故に、ディオゴの斧による太刀筋はヒザーニャの槍による太刀筋ほど繊細ではなく、
かなりの荒削りで、斬撃というよりもむしろ打撃に近かった。

斬撃戦においては刃の先端から末端にかけての繊細な感覚が必要である。
ウイングブレードにおいて、ディオゴのそれはほぼ完成に近いものであったが、
斧においてのそれは、ヒザーニャの槍においてのそれに著しく劣っていた。
だからこそ、あと一歩というところでディオゴは王手が掛けられずにいたのだ。

ヒザーニャにおいては 最早 己の力量をディオゴを見て瞬時に悟った。

(……っ!! コイツッ……!! 間合いに入られたら確実に死ぬ……!!)

 ディオゴの斧の太刀筋程度でも、槍の内側に入り込まれれば 
その瞬間、死に直結するのは確実であった。
だが、ヒザーニャは長年の槍の扱いによってその間合いを瞬時に見切り、
微調整をし、ディオゴの斧の攻撃を防ぎきっていた。

「……ッ そっ……これ……ッ!」

行けるのではという確信を抱いたほんの一瞬の気の緩みを、
ディオゴは見逃さなかった。

「ぐぁアアあぁああアアあッ!!!」

突如、ディオゴは持っていた斧を叩きつけるかのように投げつけた。
羽織っていた服がまるでマントのように翻り、宙を舞うほどの勢いで放たれた斧は
弾丸のようにヒザーニャの顔面へと放たれる。

「ヒザーニャ!!!」

ガザミの怒号で思わずハッと我に返ったヒザーニャは咄嗟に左手の盾を構えて頭部を守る。
先ほどまでヒザーニャの顔があった場所を盾が庇い、その衝撃の凄まじさが自分の顔へと伝わる。
鉄同士をぶつけた音なのか、それとも巨人が盾を殴った音なのか……
もはやどちらか分からなくなるほどの衝撃だった。その衝撃に思わずバランスを崩しそうになり、慌てて踏みこらえる。

(……!!しまっ!!)

だが、その判断が悪手だったことに気づく。
盾で顔を覆ったがばかりにディオゴの場所が掴めない。


そして身の毛のよだつ戦慄が走ったのも束の間、彼の盾を持っている左手側から
神速の如き 素早さでディオゴが姿を見せる。

右手を水平に構え、ウイングブレードの刃を出し、斬撃の体勢に入る……
僅か数秒のこととはいえ、ヒザーニャは確かにこの一連の動作を忘れることが出来ない。

その気迫に思わず後ろに転倒したヒザーニャの左足の膝をディオゴの……
槍と同時に、膝の半月板をイカの甲を真っ二つにするが如く斬られてしまったのだ……

「ぐわっガァァァああアアああ」

得意とする武器を使っていたり、相手よりも有利な武器を使っていれば尚更のことであった。
素人にも分かる具体例を出すのであれば……銃 対 剣。
どう考えても銃の方が有利な武器であることは、明らかだ。
にも関わらず、数多の戦場において銃が剣に遅れをとった事実は少数とは言え存在する。

先ほどのヒザーニャとディオゴによる槍・盾 対 斧にも同じことが言えよう。
得物を投かんし、咄嗟に相手が盾を構えるのを利用して視界を奪う。
まさに相手の防御を目くらましに利用する作戦。
だが、思いついても普通はやらない戦法である。いくらウイングブレードがあるとはいえ、
折角状況を有利にした得物を捨てるのはリスクが大きすぎる。命を捨てた戦いだからこそ出来る戦法だ。


「ハッ!」

仰向けに倒れこむヒザーニャの前には、月明かりに照らされたディオゴの姿があった。
斧を振りかぶり、4つの長耳を広げるその姿はまるで、
四翼の悪魔のように映った

(……あぁ…俺は死ぬのか……)
ヒザーニャは月を背後に映る四翼の悪魔を虚ろに見上げながら死を悟った。
そして、最期に浮かぶ願望を閉じる瞼で噛み締めながら
迫り来る死への覚悟を決めた。

(最期に……セックスしたかったなぁ……)

死を目前に生命の危機を感じたヒザーニャの本能が種の保存を訴えていた。
だが、そんなヒザーニャの不謹慎な思いを他所にガザミは 右手をディオゴに向けて構えていた。

「……野郎ッ!!」

ガザミはバブルマシンガンをディオゴ目掛けて発射する……
今度はアサルトライフル並みの威力で発射した……当たれば命は無い。
ディオゴは相変わらず、彼女のマシンガン攻撃を回避する。
その軽々しい足取りはまるで二度も同じ手は食わぬと言いた気であった。

「……ケッ バカが……!!
 まんまとかかりやがって……」

ガザミが不敵に笑う……
その不敵な笑顔に血走った瞳を向けていたディオゴが
冷静さを取り戻し、疑問の表情を見せる。
その直後……ディオゴの左脇腹を槍が貫いた……

「か!!!!」

背後から左脇腹を槍で貫かれたディオゴは、突如として
襲いかかった刺突による激痛で月を見上げた……

「……ようやく仕留めたぞ……黒兎め……!」

ディオゴの脇腹を貫いたのはゲオルクであった。
彼はヒザーニャの落とした槍を使い、背後からディオゴを刺したのだ。

「……多勢に無勢。無勢の不利を思い知るがいい……!」

「くヌゥぁぁあああッ……!!!」

内臓を突き刺された激痛と卑怯にも背後から刺された怒りから、ディオゴはゲオルクの鳩尾に
右足の踵を叩き込んだ……

「ぅごうッ!!!!!!!」

人間の約8倍の脚力を誇る強烈な後ろ蹴りがモロに鳩尾にクリーンヒットし、
ゲオルクは砂煙をまき散らしながら4~5メートル吹き飛ばされる……
辛うじて転倒はしなかったが、衝撃を踏みこたえた両足が
まるで重機関車の線路を描くかのように地面を抉った。

「ぐふッ…!!」

硬直が遅れたためか、今の蹴りで内臓を痛めたようだ。
口から吐血するゲオルク……だが、これでも軽傷と言える。
並みの人間なら内臓破裂どころか、背骨まで粉砕されていただろう。
不意を突かれたとは言え、そんな蹴りでここまでの軽傷で済んだのはゲオルクが甲冑をつけていただけではない。
自前の鋼のように幾層にも積み重ねられた筋肉の塊のおかげである。
ゲオルクの甲冑はまるでぐしゃぐしゃにした紙のようにひしゃげてしまっている、

「はぁーッ……はぁーッ……」

脇腹から滴り落ちる血を左手で抑え、直ぐに血にまみれた左手を見つめるディオゴ……

「……もう……いい……もういい…」

狂乱の最中、ふと我に返ったかの如く
突如言葉を発した黒兎人族の男を前にガザミはディオゴが降参の意思を見せたかと思った。

「…ケッ……降参か?」

だが、ゲオルクだけはその心中を理解していた

(この男……死ぬ気か……)

ゲオルクは何度もこういう男たちを見てきた
戦いのために己の命を散らそうとする男の哀しくも美しい諦めの目……
その諦めとは、自暴自棄になり命を無駄に散らすという意味ではない。
戦いに殉じ、命を諦める。そしてそのために何かを成そうとする執念の目だ。

(この執念……もはや復讐しかあるまい)

ゲオルクの推理は当たっていた

(……俺の命など……もういい……
こいつだけは……こいつだけは……確実に……仕留める……)

ディオゴの目はゲオルクを見据えていた。そして突如、収納したウイングブレードを
鋭い音を立てて構えた。


(……こやつ 女のために命を散らす気か……)

ディオゴはゲオルクを敵軍の大将と見なしていた。
妹の人生を侮辱し、死に追いやった白兎人族に味方する憎い大将と……
ディオゴは失血で目を霞ませながら 亡き妹に誓う……

もはや……もう長くないとディオゴが分かっていた。


(モニーク……見ていてくれ……俺の死に様を……
俺の死に様をおまえに捧げるよ……お前を死に追いやった奴らの……屍の山を
儚く散っていったお前の人生に捧げるよ……)


元より、ディオゴは生きて帰るつもりなどなかった…
初恋の女…いや、生涯の伴侶以上に妹モニークを愛したディオゴの心は 既に死を迎えていた。

レイプされ、初恋の男と初夜を迎えることも、子を成すことも、
母となることも出来ず……哀れに死んでいった愛するモニーク……
そんな薄幸すぎる人生を歩ませたのは 
果たして運命か…それとも神か……あるいは敵か……
いずれにしろ、ディオゴは愛した女に こんな薄幸な仕打ちをした者たちに
復讐をしなければ死んでも死にきれなかった。

(決着はつける……この俺の生命を賭けて……!)

ディオゴの哀しき男の挽歌が奏でられようとしていた……