九時ごろに、ドアがコンコンと叩かれ、ベルが控えめに押された。
 ドアを開くと、大家の老婆が立っていた。