ふざけんじゃねえよ、ねえ、参っちゃうよ。こんなん参っちまってどうしようもねえよ。クズが生きててもしょうがねえだろ? なあ、参っちまうよな。こういうのって、ちゃんとピリオドがつくもんだろ? なあ、オスカー取れねえよ。ハリウッドが仰天するクソみてえなノンフィクションが五本でも三百十四本でも出来る予定だったんだよ。こんなんしらねえよ。死なせてくれよ。俺は笑った。その後で僕は発作的に泣き、再び発作的に笑った。やんあるよなあ。
 波の音が聞こえる。遠くから、段々大きくなって。汽笛が聞こえる。白い蒸気が夜の闇に浮かび上がった。運動会の開幕を告げるみたいに。