人物紹介


   『第一話~第十一話   序幕・特異家系と都市伝説編』


   人面犬
 種族・妖怪種
 
 浅い歴史の中にありながら、驚異的な伝播速度を以て社会問題にまで発展させた『都市伝説』における筆頭格の一つ。
 高速道路を走る車に追い付くほどの脚力、瞬発力を持つ人の顔を持った犬型の人外。
 運転している人間を恐怖に陥れ事故死させる事件を繰り返していたところ、『陽向』の討伐依頼に挙げられることとなった。
 退魔師・陽向晶納との戦闘の末に敗走。その際に晶納が所持していた神代三剣が一振り、 布都御魂の効力によって強大な力の半分ほどを削ぎ落とされ人面犬としての性質をも大半失う。
 過去編での最盛期人面犬の実力は『陽向』の精鋭を圧倒するほどであり、神剣の決定打無くして勝利はありえないほどであった。この段階であれば同じ都市伝説の口裂け女をも上回るクラス。


   憑百 珀理 (つくも びゃくり)
 種族・人間種(特異家系)

 元々は神職に連なる家系であり、代々から『神降』や『降魔』と呼ばれて来た降霊術“憑依”を得手としてきた一族。その今代当主。
 退魔ならぬ滅魔を掲げる人外殲滅を目指した危険な家系であり、此度も人面犬と妖精の抹殺に出向いてきた。
 語源は遥かな昔、初代当主が自らの身に神霊亡霊の類を百も取り込み、その身で万にも億にも上る数の人外を屠って来たという逸話から来る『憑百』である。


   神門
 種族・人間種(特異家系)

 憑百の非道を阻止すべくやってきた、曰く『最強の特異家系者当主』。自身と珀理との絶対的な力の差を理解した旭の眼前で珀理を完膚無きまでに叩きのめし撤退まで追いやった。


   リリヤテューリ
 種族・妖精種

 人面犬の行いを正す為にやってきた妖精の姫君らしき少女。そこで運悪く『憑百』と遭遇してしまい、襲撃される。
 心優しく、相手が敵意溢れる者や悪意に塗れた者であっても対話を試みようとする逞しい精神も宿しているが、単に世間知らずであるという部分も大きい。
 『憑百』の襲撃を『陽向』と『神門』によって助けられ、人間の善性と悪性に僅かな戸惑いを見せるも、それとは別に旭のことは人格者として好意的に受け止めた。


   レイススフォード
 種族・妖精種

 リリヤテューリを守る近衛の妖精騎士。
 基本的には彼女の無事を第一と捉え、その他を些事であると斬り捨てる極端な面がある。それが強い思い込みにさらなる拍車を掛け、一時は旭と事を構える寸前まで迫った。
 『憑百』を退け安全を確信した後に、リリヤテューリを連れ街を出た。