第八話 賓客達のそれぞれ 《夜の部》


「ほおー、なるほどなぁ。人外共が我が物面で横行してるってこた、やっぱ外はそこそこ物騒ってことか」
「ここに比べればどこだって物騒だろうけどな」

 国王にして城主、イクスエキナに連れられて再び王城に戻った守羽と静音に対し振る舞われたのは数々の珍味と、大きな酒樽。
 つまるところ酒盛りだった。
「んで、どうだった?お前のこれまでの経験で一番強かったのはどこのどいつよ」
「どう考えても大鬼だ、もう一度闘っても勝てる気がしない」
「そうかそうか!確かに鬼性種は純粋な戦闘能力に秀でた怪物が多いってのは有名な話だ、一騎打ちで勝ったお前も大概だがな!」
 妖精界に住まう者達は一部を除いて外の世界を知らない。それはこの世界の構築・維持を保ち続けている妖精王とて例外ではなかった。
 いきなり二人で部屋に待機させられたかと思えばすぐさまに酒樽を肩に担いで扉を蹴り開けたイクスエキナの目的とは、ようするにただの歓談だったというだけの話。
 ぐいぐいと杯を押し付けて来るイクスエキナの誘いに、そんな場合じゃない未成年だ明日には敵になる相手だぞと断り続けた守羽がついには頭を押さえ付けられ強引に一杯喉に流し込まれた時点で色々と諦めるに至った。
 意外だったのは静音がなんの躊躇いもなく酒杯に口を付けていたこと。こと優等生たる彼女にとっては二十歳に満たない身での飲酒など御法度ではないかと考えていたのだが、
「ここは人の世界じゃないからね。郷に入っては郷に従え、とも言うし。それに美味しいよ?これ」
 とのことで、想像以上に適応力の高かった静音の態度に妙な感銘を受けてしまい、守羽も(突然のことで渋々ではあったが)妖精王の酌に付き合うことにしたのだった。
 そもそも鬼神酒呑童子との間で既に一献交えている過去がある手前、飲酒自体に抵抗のある守羽でもなかった。
 そうして酒盛りを開始したのが今から三十分ほど前のことで。
「ああーー!!ちょっとおかしいですからイクス!!守羽さま達には夕餉にたくさん御馳走を食べてもらおうと思ってたのになにお酒と珍味で懐柔しようとしてるんですか!?」
 裏切られたかのような表情を浮かべ、扉を叩き壊す勢いで開いたルルナテューリが当然のように自前の杯を片手に参加したのが十分前のことである。
「それで、学校での守羽さまはどんなご様子ですか?お友達はたくさんいますか?勉学に励んでおられますか?楽しくやっていますか?」
「……えっと」
 半分ほど減らした杯を両手で握り、守羽の人間界での様子を何故か当人ではなく静音へと訊ねるルルナにどう返答したものかと逡巡を見せる。
 せわしなくこちら側へ視線を送る守羽は、しかしイクスに捕まり二人の会話を遮ることが出来ないでいた。必至にアイコンタクトで『うまいこと言っといてください』と送る。
「私は学年が違うのでずっと一緒にいられるわけではないですけど、学校での生活は問題なく送れている、と思います。勉強も頑張っていますし、分からなければ私が出来る範囲で教えてあげられますので…」
「ほほう!そうですかそうですかっ。やはりお二人はもうそういう関係なのですね、私とっても安心しましたから!それで、守羽さまと静音さまは普段どのようにお過ごしで?」
「ちょっとルルさんその話題一旦打ち切ってもらっていいですかね!?」
 タァンと酒杯をテーブルに置いて立ち上がりかけた守羽の肩が、巌のようなゴツイ手に押さえ込まれる。
「オイ待てや守羽、こっちの話はまだ途中だろうが」
「離せイクスエキナ今それどころじゃねぇ!」
 三者面談で教師に日々の生活を赤裸々に語られるに等しい恥辱、なんとしてもここらで止めねばならない。
 指が食い込むほどの握力で鷲掴むイクスを引き剥がそうと〝倍加〟を巡らせたとき、再び扉が激しい勢いで開け放たれた。三度目にして扉の蝶番が乱暴に抗議するような軋む。
 今度の来客は複数人だった。
「ちぃぃーっす!!なんかここにいるって聞いたから来た!…えっ何、もう飯?」
「なんだよ酒宴するんならもっと早くに呼べってんだ。外ブラついてる意味なかったじゃねえかよ」
「いい匂い!にゃにそれおいしそう!」
「歩き回って疲れてたからちょうどいいわね、私らも混ざっても?」
 一応確認した音々はまだ良識のある方だった。他三名に関しては勝手に椅子を引っ張り出して席を確保しようとしていた。
「途中参加者はそれぞれ一発芸を披露してからじゃねえと飲食禁止だぞ」
(なにそれ、そんなルールあったの?)
 ごっきゅごっきゅと杯を干すイクスエキナが上機嫌にそんなことを言うものだから、真っ先に反応を返すのはやはりこの男しかおらず。
「よっしゃ見とけ!はーい今からこの酒樽の中身全部飲み干して〝再生〟でアルコール全分解してから山手線の駅名全部言いまーす!」
「分解するなら飲み干す意味なくない?」
 相変わらず素面で酔っ払いのような奴である。しかも悪ノリする面子がここには揃っていた。
「はーい!じゃあそのユイをあたしが風で舞い上げまーっす♪」
「じゃあバックミュージックで私が歌いなおかつ一人で三重の伴奏を唄いまーす」
「おいなんかえらいことになってきたぞイクスエキナ」
「まあ面白いから可で」
 引っ繰り返した酒樽の中身がシェリアの風で浮き上がり、螺旋を描きながら同じく天井近くまで風で浮遊していた由音の口元へ流し込まれて行く。そんな光景を人外特有の凄まじいボイスパフォーマンスで音々が盛り上げていた。確かに芸として見ればとんでもない高等技であることは間違いない。
「……、!」
 それを唯一参加せず腕組みをして見上げていたアルが、ふと最高の思い付きをしたとばかりに指を打ち鳴らし腰を落とす。
「なるほどなぁ!そして仕上げに俺が〝劫焦炎剣レーヴァテイン〟でこの螺旋に浮く酒に着火!炎の大渦を生み出して完成と!」
「待て待てアルこの馬鹿!!」
「それはマジで危険だから絶対やめろよ、いいな絶対やるなよ?」
「振るなボケぇ!!」
 やめろと言いつつも笑っていたイクスエキナを含め、本気で止めようとしていたのは守羽だけのようだった。ルルナテューリはむしろ着火を期待していたようにわくわくした様子で見ていたし、静音は〝復元〟で戻せばいいよと軽い調子だった。
 今思えばあの時点でだいぶ部屋に酒気が充満していたのだろう。酒を飲んでいないシェリアの顔まで赤らんでいたのだから気付くべきだった。…たとえ気付いていたとしても、この面子の中で守羽一人では何を止められたことも無かったろうが。
 結局、この酒盛りは騒ぎを聞きつけてやって来た(ブチ切れの)近衛騎士によってお開きとされるまで続いた。