共和国軍におけるビールの生産・流通量が劇的に増加している。
帝国情報部はこれを敵の新たな攻勢の前触れではないかと危機感を強めている。