Aブロック 一回戦 第一試合

途中版:アウトライン

「山田、生涯を振り返る」の巻
-------------------------


バスに乗せられた山田は睡眠ガスで眠らされていた。
所詮はただの池沼、科学の力には勝てない。
目覚めたとき、山田は鉄格子の中にいた。
格子の柵は直径300cmの鉄柱。
池沼の山田といえどもそう簡単には破壊できない。
籠の中の鳥状態の山田はトラックによって試合会場に輸送されていた。

「じょ? あで~、ここはどこだい? オイラの知らない所だじょ^^」

檻の中から辺りを見回せば、そこはまるでジャングル。
試合会場は北西にある過疎地の孤島。
国はこの島を買い取り、島ごと池沼闘技場に作り変えた。

「あ”~~~!! お猿さんがいる”じょ!! ひきぃぃぃ!! ひきききききき!!!」

猿を見つけた途端にさっきまで考えていたことなど上の空。
檻の隙間から腕を出して、猿の真似をしながら猿を捕まえようとする山田。
だが、柵に阻まれる。

「ヴァあああああ!!! なんで出れないじょ!! じょぉぉおおおお!!!!」

いつもはコンクリートだろうが電柱だろうがタックルひとつで破壊する山田。
山田にとっては自分を隔てる壁など未体験、初体験。
その瞬間、烈火の如く怒り狂い、柵を掴んで無茶苦茶に揺さぶっていた。
もはや猿のことなど眼中にない。

山田の暴走によってトラックが揺れる。
池沼仕様のトラックは当然 池沼の暴走を想定済み。
幅12m、重さ800tの巨大ダンプカー並みだ。
揺れこそすれど転倒などするはずもない。
そうしてひとしきり暴れた山田は疲れ切り、目玉を真っ赤に充血させながら泥のように眠りについた。