最終話・√どんべえは関西派 終幕後の演劇



 「セバスチャンに何をしているの?」

 そう言って彼女は激戦を終え大きく息を吐いていた戦士たちのもとに現れた。
 どうやら燐はやられてしまったらしい。死んでいるのかいないのか、ここからそれを確認することはできない。だが、問題はそこではない。お嬢様がここにいるという事実、それが最大の問題だ。
 カーサスとヴァイオレットは二人は何とか異形の怪物を倒す――というよりばらばらにして戦闘不能状態にまで――追い込むことに成功した。今彼らの目の前に転がっているのは二人分あるかないかのどす黒い肉塊だった。ピクピクとうごめいているが非常に気味悪い、鹿子など今にも吐きそうな顔色をしている。
 和宮も軽く同情をするほどそれは醜い姿だった。
 しかし、そんなことはお構いなし、我らの意にそぐわぬ者は全て滅する信念を持つカーサスとは止めを刺してやろうと腕を振り上げた。

 その時だった。
 お嬢様が現れたのは
 圧倒的殺意と、絶望的な魔力を吐き出しながら。

 それにいち早く気が付いた。
 ヴァイオレットは少し顔を青くしながら「なにこれ」と呟いた。カーサスも眉を片方上げて目を見開く。マーリンやさっきの邪神と比べると少し劣っている程度の魔力の量。しかしそれがまるで個別の意志を持っているように、自分たちに襲い掛かってくる様が見えてくる。何をしている訳でもないのに。
 石動がまず驚いたのは、お嬢様がそもそも生き物なのかすら怪しい邪神の欠片をセバスチャンだと見破ったことだ。なぜかと聞いてみたかったが、できるはずもない。

 「ちょっと落ち着いてくれ」

 そう話しかけて、まずは落ち着いてもらおうとする石動。
 だが、お嬢様は聞く耳を持たない。無視して歩いてくる。
 返事はない。その沈黙が痛くて重い。

 「おい、彼女は何者だ」
 「純悪魔さ」
 「それは知っている」
 「じゅんの部分は純粋の純だ」
 「……ふむ、何となく言いたいことは分かった」


 それだけで察するカーサス。前にも似たようなタイプの悪魔に遭遇したことがある。その時は自身の魔力を制御できず、激昂するとただただ暴れまわる面倒な奴だった。だが、そいつとお嬢様には一つの大きな違いがあった。そいつの魔力は非常に不安定だったが、お嬢様は安定している。もちろんそれには肉体への負荷という大きな代償を抱いているのだが。
 今、この場にいる全員は疲弊しきっている。しかし人数差では勝っている。
 止めることぐらいはできるか。
 石動はそう思っていた。だが、カーサスはそう思っていなかった。彼女の能力が何かまで把握していないが。相当強いことは分かる。現に彼女が出していると思われる粘膜は既にここ一帯にいきわたっている。
 いつでも皆殺しにできる準備は整っているのだろう。
 逃げ場はただ一つ。
 彼女が入って来た出入り口だけだ。

 「はて、どうするか」

 ここにきて、一番面倒なのが来てしまった。
 最悪の展開。
 石動が応戦するべきか逃げるべきか、ほんの一瞬考え込む。
 その間にもお嬢様はゆっくりと歩を進めてくる。

 「やるしかないか………」

 気が進まないが致し方ない。剣を構え、応戦する決意を見せる。それに合わせてお嬢様の放つ粘液からゆっくりと触手が生えてくる。その数は一つや二つではない。十、二十、いや数えきれない。
 和宮たちも辺りを見渡して大きなため息を吐く。
 またここに醜い戦いが始まるのか、誰もがそう思った時。


 「私が解決しよう」


 そんな声が突如響いて来た。
 石動はそれに驚き、声のする方を向く。

 するとそこには一つの黒い影が立っていた。


 誰もが疑心暗鬼だったが彼女の言うことは確かに効果があった。満身創痍だったものの、セバスチャンは傷だらけで見る影もないものの、一応元に戻ったし残った邪神の力も無事に封じることができた。だが、それと共に別に疑問が湧くこととなった。
 彼女の正体だ。


 「お前は一体何者なんだ」

 石動がその場にいる皆を代表しそう尋ねた。
 それに応じて彼女はこう答えた。


 「その答えを知る権利があるのは、石動堅悟、あなただけだ」

 こうしてわずかな謎を残して第二次神討大戦は終わりを告げたのだ。