第七話 大乱闘 (どんべえは関西派)


 久しぶりの人間の体
 だが俺は違和感など一切なく体を動かすことができた、おそらくウニになっている間も運動し続けていたからだろう。不安がないと言えばうそになるが、今の俺にはそれ以上に自信に満ち溢れていた。
 エクスカリバーの先をユキに向ける。
 負ける気など、しなかった。

 彼女は石動堅悟の異変に気が付いた。
 まず顔つきが違う。前までの堕落した青年ではなく、一皮剥けた感じがする。体も少し筋肉が付いたのか、肩幅が広くなっているように見えた。エクスカリバーを持つ姿も様になっている。
 魔力の質も違う。
 ただ単に量があったころと違い、洗練されている。
 そして、ユキの視線を最も奪った物、それは堅悟の左人差し指に通されている。金色で、宝石があしらわれた美しいリング。神聖な雰囲気を纏った指輪。この間あった時はそんなものはなかった。
 あれはアーティファクトだ。
 ユキには直感でそれが分かった。しかし、能力が分からない。

 俺はあまり時間をかけずにユキを殺すことにした。
 さっさと終わらせてこの惨劇を止めるのだ。
 エクスカリバーの切っ先をユキに向け、体を斜めにすると中腰の姿勢を取る。リー老師の教えを脳内で反芻する。この体勢なら斬撃でも刺突でもどんな攻撃でも仕掛けることができる、これは俺のオリジナルだ。
 ユキもそれを受けて戦闘態勢をとる。
 両手をダラリと下げて、あしたのジョーでいうところのノーガードだらり戦法を取る。
 緊迫した空気が流れる、まさに一触即発。どちらかが動けば過ぎにでも戦いが始まるだろう。だからと言って動かないでいると、それはそれでお互い探り合いになって一歩も前に進まない。
 俺は、まずユキに向かって言葉を放つ。
 「一つ、いいか」
 「何よ!!!」
 「一瞬だ」
 「え?」
 「一瞬で終わらせてやる」
 「戯言をぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」
 よだれをまき散らし、醜い姿をより一層強調する。その後、怒りに身を任せて地面を蹴ると俺に向かって突っ込んでくる。何も考えていないのか、はたまた何か策を弄しているのか、どっちにしろ関係なかった。
 左指の指輪がキラリと光る。
 「新しいアーティファクトの力、とくと見せてやるよ」


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 一方で鈴井鹿子は苦戦を強いられていた。
 突如空から降って来たウニ、それが人間の形になったのだ。それが一体何なのか気になってそこに向かおうとしたのだ。ところが、その道を塞ぐように突如、一体の悪魔が姿を現したのだ。
 始めそれを見た時、鹿子は純粋に驚いた。
 なぜならその姿が人間ではない異形の姿だったからだ。
 その姿は犬に近いものだった。がっしりとした四つ足に、どす黒くゴワゴワした毛が全身に生えていた。それだけではなく、どういう訳か首が三つに分かれ、それぞれ一つずつ不気味な犬の顔が生えていた。
 三つ首の走狗
 つまりはケルベロスだ。
 「――ッ!! コイツが来てるなんて聞いてナイ!!」
 「「「グルァァァァァァッ!!!」」」
 首を振るい、大声で叫ぶ。それと同時に強力な衝撃波一斉に放たれる。鹿子はそれに吹き飛ばされてしまい、数m後ろまで後退る。
 冷静に考えてみる。ケルベロスは相当強力な悪魔で、非正規英雄たちの中でも相当名が知られている。彼が最後に確認されたのは数週間前のことで、その時も鹿子と和宮が後始末に追われることとなった。
 場所はここから数十km離れた寂れた町である。そのあたりをなわばりにしていると聞いて、張っていたのだ。
 それなのにどうしたここまで遠出しているのだろうか
 答えはすぐに出た。
 こちらと同じだろう、自分たちは天使の情報でここに集まった。悪魔も「ここに非正規英雄が来る」との情報を得て集まってきていたのだろう。
 「チッ!! 面倒ね」
 鹿子は自身のアーティファクトを生み出すと、それを構えてケルベロスと向かい合う。
 ウニのことも気になるが、とりあえずは目の前の危機から処理せねばなるまい。
 「覚悟しな」
 口元に凄惨な笑みを浮かべる。
 彼女は戦いが好きなのだ。



 ―――――――――――――――――――――――――――――――――


 「興が削がれた」
 間遠和宮はそういうとアンスウェラーを下げる。何が起きたのかよく分からないがウニから人間になったあの男がもともとサハギンを倒すはずだった非正規英雄なのだろう。だとしたら、自分の出番はもうない。
 先ほど鹿子も言っていたように、下手に仲間内で荒事になるのは避けたい。
 ということは本来その役割を担った英雄が来たのなら、自分が手を出して話をややこしくしたくない。ならばここは一旦退いて様子を見るのが賢明と思われたのだ。数歩後ろに下がって距離を取る。
 その間、和宮はアーティファクトの能力を使用したままだった。
 そのため、気が付かなかった。
 自分の後ろに新たな悪魔が出現していることに
 宙を舞う黒い蛇、大きな翼が四枚生えており、それをゆっくりと羽ばたかせて滞空していた。鱗の色はどす黒い血のようだったが、光の加減のせいでどう見ても黒にしか見えなかった。それとは対照的に目は宝石のように美しい翡翠色をしていた。
 汚らしい色をしたよだれをたらしながら、無言のままジッと和宮のことを見下す。
 「さてと、鹿子はどこだ」
 そう呟きながら後ろを向く。
 そこで初めて悪魔のことに気が付いた。
 「あ」
 「ギャァァァァァァァァァァァ!!!!!!」
 空気を震わせる金切り声。だが聴覚を失っている和宮からすると、馬鹿みたいに大口を開けているようにしか見えなかった。「ふむ」と小さく呟いて大きく頷く。そしてアンスウェラーを構えなおす。
 吸い込まれるかのような翡翠の目をジッと睨み付ける。
 そして一言
 「やれやれ、ツィルニトラまでお出ましか……面倒だな」
 この悪魔も英雄の間では名の知れた奴なのだ。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 悪魔と非正規英雄の大乱闘
 それはまさに地獄絵図だった。ほとんどの一般人は既に避難を済ませていたが、そうとは思えないほどの量の死体が転がっていた。血と新鮮な肉の匂い、そして悪魔と刃を交える英雄たちの怒声
 この場に集まった悪魔はサハギンを含めて七体
 ケルベロス、ツィルニトラ、はその筆頭で大して強力ではない悪魔が三体ほど
 彼らは得た力を試してみたく集まっただけの奴で、英雄一人相手に苦戦するようなありさまだった。
 そんな彼らの戦闘を眺める悪魔が一体
 最後にやってきた悪魔にして、どういう訳か戦闘に介入しようとしなかった。
 その悪魔は他の悪魔と明らかに違っていた。纏う雰囲気だけではない、外見からしてがらりと違っていた。他の奴は生物的なデザインをしているにもかかわらず、こいつだけは何もかもが全く違った。
 全身を嫌な感じの光沢を放つ銀色の鎧を身にまとっていた、顔には鬼のような不気味な装甲がかぶせられていた。パッと見では隙間など見て取れず、怪物のような戦国武将がそこに立っているようだった。
 腰には全身の装甲と同じ材質でできた刀が鞘に収まってぶら下がっていた。
 「ふむ……私の出番はなさそうだな」
 彼はカイザーと呼ばれる悪魔だった。
 強さだけでいうなら、この広い世界で五本の指にも入る。単体で一つの国を滅することができると言われている。さすがにそれは言い過ぎだが、この五年間一度も負けたことが無いのは事実だった。
 それだけ強いのにかかわらず、彼は戦うことに積極的ではなかった。
 「帰るかな……」
 カイザーはそう呟くと背を向けて出て行こうとする。
 それを阻む影が一つ
 「逃げるつもり? カイザー」
 「うん? 何だ、リザか」
 カイザーの視線の先に一人の女性がたっている。
 身長は少し高めで一七〇cmはあろうかと思われた。美しい銀髪を風になびかせ、日本人の物とは思えない瑠璃色の瞳をしていた。桜色の唇から流暢な日本語を紡ぎだしながら、一歩ずつ前に進んでくる。
 彼女も非正規英雄だった。
 「ここで死んでいただこうかしら?」
 「うぬぼれるな、君は私に勝ったことが無いのに」
 「あなたも、私に勝ったことないでしょう?」
 その言葉の後に、彼女は戦いを行うため、自身のアーティファクトを顕現する。

 右手には幅広でシンプルなデザインをした重厚な剣、ジークフリードを
 右前腕部には光を反射して輝く美しい円形の楯、アイギスを
 左手にはちょうどいい長さをした鋭い槍、グングニルを

 彼女は世界で唯一、アーティファクトを三つ所持している非正規英雄だった。