第三話 その代償は (後藤健二)

 預金通帳には30万とんで210円が振り込まれていた。振込先には「(株)ホーリーローリーカンパニー」などといった聞いたこともない会社名が記載されている。天使から貰った給料明細によれば、額面では35万円だったが、健康保険料、厚生年金、住民税、所得税もろもろ引かれていた。
「非正規英雄とはいえ、報酬や社会保険料は地上界の法に則ってちゃんと支払われています。振込名義になっている会社もちゃんと実在するものです。あなたはそこのアルバイト社員という扱いですね」
 と、相変わらず何の感情もこもってない声で天使は説明してくれた。
 聞いてはいたが……モンスターを倒した報酬が銀行振込とは。子供の頃にやったM●THERってゲームを連想させる。だがゲームで手に入るだけの仮想通貨と違ってこれは現実の金だ。日本円だ。しかもたった数分の労働で、汗水たらして一か月働いて得た俺の手取り給料を倍以上超える金額。
「これでボーナスが少ないだって……?」
「ええ、先にも言いましたが、生まれたてでさほど強力でもない悪魔でしたから」
「それでこの金額……」
 意識せず、口角が上がる。
 確かに最初はぶるった。あんなにでかくて凶暴そうな悪魔と戦うなんて冗談じゃないと思った。でもアーティファクト・エクスカリバーの力で易々と勝てたし、案外、これはボロイ商売なんじゃないだろうか?
「こ、これだけあれば……」
 家賃、光熱費、携帯代、食費もろもろ。頼れる家族も無く、一人暮らしの俺は月収手取り14万では毎月カツカツである。まったく生活に余裕は無く、いつもあのキラキラと輝くネオンサインも涎を垂らしながら横目に通り過ぎる毎日で、あそこは俺にとって大金が手に入ったら真っ先に行ってみたい場所だった。
 俺は速攻でコンビニATMに駆け込んで金を下ろし、そこへ向かう。

 駅前のピンクサロン・“人妻天国・エンジェルキッス”へと……。

 ───1時間後、俺は魂が抜けたような顔をして店を出た。
「くっそ……初風俗であんなのにブチ当たるとは。悪魔より恐ろしい……」
 天国どころか地獄じゃねぇか。30分4000円の激安サロンだからあんなものなのかもしれない。次はもうちょっと高いところにしよう…。貧乏くさい生活をしていたからって変なところでけちけちしてしまうのは俺の悪い癖だ。贅沢するんなら思い切って100分6万円とかする高級ソープにでも……。
「あなた、大金を手にして最初にする行動がそれですか……」
「うお、いたのかよアンタ」
 折り目正しいスーツ姿、凛々しく髪も化粧も整えた天使がそこにいた。
「はい。言ったでしょう? 24時間あなたを監視していると」
「24時間……。って、さっきも見ていたのかよ?」
「ええ。ぷりんちゃんとかいう五十路のふくよかな女性にあなたがのしかかられている姿もじっくり拝見させて頂きましたよ」
「マジかー」
 顔から火が出るように恥ずかしい。無表情すぎてロボットみたいだなと思っていたが、良く見りゃこの天使は人間の女の姿、しかもかなりの美人の範疇に入る容姿だ。芸能人に例えたら本田翼ちゃんみたいである。背中から翼を生やして天使の輪っかを頭上に輝かせていなくても十分に神々しい。さっき遭遇したオークみたいなおばさんとは大違いである。
「……」
 あ、無表情と思っていたけどちょっとだけ蔑んだ目で見られている気がする……。くっ……た、たまらん。ぞくぞくする。すっかり萎えていた俺のエクスカリバーがむくむくと復活してくるのを股間に感じる。
「……言っておきますが、私は便宜上、あなたに親しみやすいように人間の女性の姿をしているだけで、天使に性別というものはありませんよ」
「何だ、そうなのか」
 エクスカリバーがしゅんと萎えてしまった。
「じゃあ、名前は?」
 天使はややくぐもった顔をした……気がする。
「……ちょっと人間には発音しにくい名前ですから、好きに読んでもらって構いません」
「そうか。じゃあ仮に翼ちゃんとでも呼ばせてもらうぜ」
「……」
「名前無しじゃ不便じゃん?」
「そうですね。では、ご随意に」
 何だ、今の間は。余りその話題には触れられたくないような表情だが…。名前に何か引っかかるところでもあるのか?
「そんなことはどうでもいいでしょう。それよりも」
「ん? ああ……」
 気のせいか? この翼ちゃん、俺の思考を読んでいる気がするのだが。
「気のせいではありません。言葉を交わさずともあなたの思考は筒抜けです。それが天使というもの」
 マジか。じゃあ地の文で会話しても大丈夫ってことか…。
「そういうメタ発言は感心しませんね」
「オーケイ、悪かった。でもそれじゃあ、俺が今、何を考えているのかも分かるんだろ?」
「そうですね。早く次の悪魔を倒したいってところでしょうか」
「そうだ。俺はもっと金が欲しい。もっと稼ぎたい。そして高級ソープに行くんだ!」
「……その動機はともかく、やる気になってくださっているのは幸いです。ただ水を差すようで申し訳ありませんが、大事なことをお伝えしないといけません」
「大事なこと?」
「アーティファクトにはリスクがあります」
 翼ちゃんが説明したところによると、アーティファクトは一度使用すると何らかの形で“代償”が生じるのだという。強力なアーティファクトであればそれだけ強力な“代償”を支払わねばならない。
「ただ、先にも説明した通り、それがどんなものになるかは私にも分かりません。顕現させる英雄の資質によりますし。あなたのアーティファクトは生まれたてでさほど強力ではなかったとはいえ悪魔を易々と両断できる剣です。その代償がどんなものなのか、よく確かめてから次の戦いに臨む方が賢明でしょう」
 それだけ言うと、翼ちゃんはすうっと霞のように姿を消した。
(───私も暇ではありません。一応、見てはいますが、あなたの行動は自由です。ご自身の判断で、悪魔を討伐なさってください。期待していますよ)
 頭に響く声。テレパシーってやつか……。
 いよいよもって非現実じみてきたが、これは現実だ。
 預金通帳に刻まれた30万余りの大金も現実だ。
「代償か…」
 気にはなるが、それがどんなものか確かめるすべもないし、おいおい分かることだろう。
 今はとにかく。
「次はポストに良く入ってるピンクチラシにあるデリヘルってのを呼んでみるか…」
 悪いか。
 俺は性欲あり余っている健全な20歳の男子なんだよ!




つづく