第二十四話 魔術師は嗤う (鹽竈)


「もおー!堅悟くんてば最近ぜんっぜん事務所にも来ないし連絡しても通じないしメールしたって返ってこないし家行ってみても当たり前のようにいつも居ないし何してんのかなってずっと心配してたんだよそれなのにやっと会えたと思ったらなにその大ケガ大丈夫なの包帯ぐるぐるだよ死んじゃわないよね堅悟くんに死なれたら私どうしたら」
「黙れ。うるさい。頼むから少し静かにしててくれ」

 アパートの一室。随分と留守にしていた部屋の中で、耳を押さえたくなるほど長々高々と乱射される言葉の数々。現に堅悟は耳を両手で押さえて膝立ちで迫る佐奈から出来るだけ距離を取ろうと仰け反っていた。
 デビルタワー襲撃からのバハムート撃破。そして連戦となった間遠和宮との戦闘と敗走。本来は阿武隈と佐奈の護衛の任につけていたはずの翼がいなければ死は免れなかったところだ。
 いつかリリアックの長たる自分の弱点を突くべくして襲撃されることが予想されていた事務所から翼が無断で離れたことは、命を救われた堅悟にとってはとても責められたものではない。
 アパートへ逃げ帰り翼から適切な手当てを受けている間、堅悟の意識は朦朧としていた。いつの間にやら眠ってしまっていたらしいことに気が付いたのは、これまたいつの間にやら勝手に部屋に突入してきた佐奈に揺さぶり起こされてからである。
 寝ている場合ではなかったというのに。起きて早々悔恨が押し寄せてくる。
 昨夜のあれから、状況はどうなった。腕を失った四谷は?他のメンバーは?間遠の乱入による『デビルバスターズ』の動きはあったのか?
 それらの答えは、連絡役として使いに出てもらった翼の帰還まではまったくもってわからない。間遠から受けた傷は思った以上に深かったらしい。もうしばらくは安静にしている必要がありそうだった。
(…間遠、和宮)
 実質的には二度目の敗北。前回通りの戦力であれば勝てたはずだった。だがしかし、奴は前回以上の力を身に着けていた。それの正体を、中国で修行していた堅悟には看破できた。
(八門か、ハッとんだ英雄様だな。風俗通いでケツの穴かっぴろげた変態野郎に負けるなんざ、忌々しすぎて憤死しそうだ)
 業腹であることに変わりないが、しかしなるほど強力な能力ではある。
 燃費の悪さに定評のある神聖武具の欠点はこれで解消されたも同然であるし、何より間遠和宮が八門の解放に伴って発動させた絶技・ブリューナクのなんと厄介なことか。
(八門による外側からの高速チャージを利用した魔力大量消費による肉体のバーストモード。単純に考えて、俺がやる体術頼りの身体強化に対する魔力全振り…の上位互換)
 外から取り入れた魔力を、取り入れた分だけ戦闘能力に変換させる。タネさえ分かれば実にシンプルなものだ。
 それだけに、反動も容易に推察できるが。
(常にフルスロットルでふかし続ける身体エンジン…八門解放だけでも相当な負担だってのに明らかな過負荷だ。いくら魔力ねんりょうがほぼ無尽蔵だろうが肉体はそうもいかねえ。寿命を削ってるな…)
 あの男はそうまでして決着を望んでいたのか。だとしたら、
(面倒な奴に、目を付けられたもんだ)
「ねえねえ堅悟くんったら無視しないでよ私がどれだけ君のこと考えてたかわからないでしょほんとに不安で不安でしょうがなかったんだよずっと探し回ってたけどなんか物騒な話ばっかり拾っちゃってどうしてくれんの雑誌のネタがどんどん増えてきて今じゃ阿武さん過労死寸前なんだよ今は一人でも多くの人手が必要なんだよだから早く戻ってきてよねえねえ」
「うるせえっつってんのがわかんねぇのかこの馬鹿!傷に響くんだよお前のマシンガンはっ」
 佐奈の永劫終わる気のしない一方的な会話を掻き消すように大声で怒鳴り散らすと、ようやく佐奈は口を閉じた。だが。
「……っう、んぅう……っ」
「はあ!?」
 やれやれと思ったのも一瞬のこと。閉じた口の代わりに抗議するのは両の瞳から止め処なく流れる透明な雫と呻き声。うるさいと言われた手前で極力押し殺すようにしているのが尚更罪悪感を後押ししてくる。
「おいやめろ泣くな、それはズルいだろふざけんなよお前!」
「っく、ひゃっく…。……だて、だぁって。ほんとに、心配だったんだもん。つ、翼ちゃんに、うぐ、訊いた、って、教えてくれなかったしぃ…!」
 うぐえぐと目元を擦りながら嗚咽まじりに漏らす言葉に、ようやく堅悟も聞く耳を持つ。
 いつもいつも口喧しく喋ってないと気の済まない騒音娘だが、こういう時ばかりは邪険にするわけにもいかない。そもそも、心配していたのも不安だったのも嘘ではなかったはずだ。ただ、それらを全部言葉にして確認しないと、この娘は安心できなかっただけで。
 だから。堅悟は掛けられていた布団を剥ぐって体をずらし、畳の上で泣き続ける佐奈の肩に右手を置いた。
「わかった、悪かったよ。お前に、お前の傍にいるわけにはいかなかったんだ。巻き込むかもしれなかったから。なんの連絡もしなかったのも、謝る。ごめんな」
 本音を言えば、何かしら情報を与えてしまえばこの女のことだ。必ずアクションを起こしてしまうと確信していたからこそ何も教えるわけにはいかなかった。
 こうなってしまった以上、既にその考えも意味を成さないわけだが。
 堅悟の謝罪に、涙ぐんだままこくこくと頷く佐奈が泣き止むまで肩や背中をさすり続ける。
 情報を掌握した翼が部屋に帰還するまで、それは続くことになった。



     -----

「『リリアック』のメンバーは全員生存を確認。重軽傷諸々ありますが、死人はゼロでした。一番の重傷者は片腕を失った四谷様ですね。それも安静にしていればじきに生え変わりますが、ちゃっかり切り落とされた腕を拾っていたようで、接合自体はさほどの時間を要さずに完了するようです」

 組織のいくつかあるアジトを回って、翼は散り散りに逃げた『リリアック』のメンバー達からそれぞれ情報を掻き集めてきた。
 ひとまずは組織自体に特段大きなダメージは無し。今後の行動にインターバルを挟む必要も無いだろう。
 深手をも超速再生させる燐、自らをもゾンビ化させている久慈、我が身をも悪魔に喰らわせた菱村、等々。元より死にづらい連中を選別した少数精鋭だったのも功を奏しているようだ。
 となれば、次に得るべきは。
「『過激派』はどうなった。竜の頭を失って、さぞ荒れてるこったろ」
「それが」
 言い淀む翼に疑問を覚え、視線で続きを促す。
 昨夜の今日だ。流石にまだパニックが収まっているとは思えないが、もしや。
「バハムート…馬場夢人の死亡は確かなようですが、それ自体は公に明かされていません。ニュースでは馬場コーポレーションの本社へテロリストが突撃、社員を殺して回り逃亡。…その程度の騒ぎで今のところは収束に向かっているようです」
「ああ?んなわけあるかよ、いくらなんでも組織のてっぺんが死んでそこまで迅速に立て直せるはずが…!」
 思わず前のめりになって声を荒げたところを、開きかけた傷に苛まれて片目を閉じる。佐奈が落ち着いてと背後から腕を回してきた。
 おかしい。確かにヤツは、バハムートは優秀な人間だったはずだ。人としても悪魔としても。
 アレを失ってなお、俯くことなく前を見据えられるほどに『過激派』の芯は強かったのか。あれだけの強者は精神的な支柱としても大きな役割を果たしていたはず。それが折れて、未だに崩れ落ちないのは。
 ―――補い切れるほどの。穴を埋められるだけの存在が、他にまだいたから。



     -----
「ハスターかっ!」
 ドン!と、無事な左手を壁に叩きつけて四谷は憤る。間遠に落とされた右腕は、接合させて包帯で巻き、固定した上で首から吊るした布に安定させてある。久慈の能力を応用させて、思った以上に完治までの時間は早まった。
「四谷…うるさい。怪我人は…おとなしく、してて」
 パーカーのフードを目深に被った燐が、少し離れた壁に寄り掛かっていた。体育座りで体を丸め、スマホをいじっている。薄暗い周囲の中で、燐の物憂げな表情だけが液晶画面の光に照らし出される。
 ここは『リリアック』が隠れ家としている内の一つ。地下水路の一角を改装した簡易的なものだが、身を隠すだけならば十分に事足りる。
 燐の責めるでも嘲るでもない調子の声に宥められ、四谷はいつも通りの平静をどうにか取り繕う。それを確認して、興味の無さそうな様子のままスマホを見つめながら声だけ四谷へ向ける。
「…それで、ハスターが…どうしたって?」
「あいつの仕業だよ、燐ちゃん。頭を失った竜を取り纏めたのがあいつだ。『過激派』の連中を即座に統制、統率。さらに外部への情報封鎖と操作。外の人間はうまいこと丸め込まれたな」
 ハスター…人の世で蓮田と名乗っているあの男が馬場コーポレーションを影から動かしていることは知っていた。バハムートが彼に頭が上がらないことも知っている。知っていた。
 しかし、だ。
(ここまで早く…ってのが疑問だ。あまりにもおかしい。僕らの襲撃は完全に連中の意表を突いていたはず。バハムートの殺害なんてもっての他だったに違いないんだ、装甲三柱だぞ?それも『過激派』連中の本陣本丸で、誰が殺せると思うんだ)
 誰にとっても驚愕に値する事実、動揺を隠し得ない現実。その状態から一晩で立て直した。
 だとしたら異常だ。何かがある。『リリアック』の奇襲において、『リリアック』が知らなかった何かがある。完膚無きまでの完全な成功の裏に、決定的な失敗があったと考えて然るべき事態。
 イレギュラーを叩き出せ。この作戦で何が不自然だったのかを導き出せ。
 情報漏洩はありえない。だとしたらデビルタワー潜入の前に妨害があったはずだ。いや違う、もしあり得るのだとしたら潜入してからの話。敵の陽動、少数の突貫、幹部を足止めし、迅速に大将を仕留めた。
 幹部の足止め?
(……『彼ら』の言葉を鵜呑みにするのなら、『翼』と『炎』は排除したと言っていた。それだけしか、言っていなかった)



     -----

 だとしたら、待て。
 『お前ら』の役目は、そうじゃなかったはずだ。
 守護隊ガードナーの『槍』、『翼』、『炎』。どれも強力な悪魔だ。こちらの戦力でも連中の相手を単体で成すのは難しいだろう。だが装甲三柱の一角から認められたあの二体の悪魔であれば、撃破は不可能ではない。
 だが違う。そうじゃない。
 四大幹部の第二位と第三位。その実力を見込んでこそ、止めてもらいたかったヤツらがいたはずなのに。
 叩きつけた拳が畳に減り込む。佐奈がびくりと体を震わせ、瞳を鋭くした翼に見据えられる。
「クトゥルフ、クトゥグア。……てめえら」
 ギリと奥歯を強く噛み締め、ここには居ないあの二体の悪魔の名を掠れる声で呼ぶ。擦り切れそうな喉の奥から、憎悪が零れ出るほどの声色で、堅悟は吐き捨てる。

「テメェら。『黄衣』と『混沌』…四大幹部で雁首揃えて、一体何をしていやがった…ッ!!!」