第三十一話 隠者マン(混じるバジル)

 堅悟と翼が新宿の歌舞伎町劇場通りの門をくぐり抜けた同時刻、東京都庁舎前では天神救世教の兵士長である今鐘キョータが逃げ惑う市民に銃口を向けていた。

 ここへ来る前に従えていた信徒達の大部分は新宿駅の反対側に向かわせており、キョータ自身は最小限の護衛を敷き、教祖リザの指示通りに部下を動かし人間達を市内から排除していった。

 疑念は特にない。幼少期から周りに言われてきた『先輩のいう事は聞け』という服従の中、生きてきた十六年の歳月。英雄という規格外のチカラを手に入れた今でもその信念はくすぶることなくキョータの胸の奥で火の粉を放っている。

「でもよ、あまりにも強引すぎるぜ」英雄として活動するかたわらで生まれた『デビルバスターズ』という繋がり。人間的にも成長できたその数ヶ月の時間は指揮を執るリザの手によってあっさりと切り落とされた。

 名義こそ兵士長という役職を与えられてはいるが所詮は大義の為の使い捨て。どうしてこんな事になっちまったんだよ。強引過ぎる現実に雨煙るビル群を眺めながら鼠色の雲に舌打ちを浮かべてみる。

 自分の悩みを断ち切るようにアサルトライフルを構え、背広姿の男の背中に鉛玉を打ち込むと顔から外れた銀縁の眼鏡がアスファルトの上を勢いよく転がった。

「ひぃ、ひい!助けてくれ!」地面に伏した気の弱そうなその男は頭の七三分けを崩し、歩み寄ってくるキョータに後ずさりしながら命乞いをした。きっちりとネクタイの巻かれた襟首をむんずと掴みあげる。

「あんたリーマンだな?この場に及んで勤めとはこの国の労働環境はよほど黒いんだな」「逃げ遅れた妻と娘がまだ近くにいるんだ!見逃してくれ!」

「あんた、疎開組の人間か?」キョータが訊ねると血走った目でその男は頷いた。悪魔たちは都内を中心に活動領域を広げているため防衛省は損害の分散化へ向けて住民達の地方への避難を推し進めている。

「…教祖様のお導きだ。そのまま逝けや」キョータが男の顎に銃口を押し当てる。すると右腕が下から当てられた拳で梃子てこの原理のように持ち上げられた。ライフルが音を立てて転がると突然現れたその人物はキョータの腕を握り締めてこう呟いた。

「やれやれ。闘いに民間人を争うに巻き込むとは。都会の英雄はガラが悪いな」

「なんだテメェは!」キョータが掴まれた腕を振り解くとその人物はグローブをはめた腕を大きく回して奇抜な決めポーズを取って言った。

「我が名はインドマン!多種多様の民族、言語、宗教を法輪によってひとつに束ねるペルシアからの使者である!」

「は、はぁ?ふざけてんのかこらぁ!」キョータの目の前に姿を現したその男は目の痛むような配色のコスチュームを身に纏い、腰に円輪が描かれたベルトを巻いた特撮ヒーローのような風貌をして口元に不敵な笑みを浮かべていた。

 キョータは子供の頃にテレビで観たソン・ゴハンのコスプレを思い出して噴出すように顔から唾を飛ばす。突如として超常現象が日常を奪い去り、悪魔が街を闊歩する時代。その中で生き抜く内にアタマがイカれてしまっても無理はない。

「ヒーロー気取りかよ。すぐに楽にしてやるからよ!」名乗りを挙げた男を笑い飛ばすように『コモン・アンコモン』の手甲を実現化するキョータ。

「せっかく都心に来たんだ。場所を替えよう…とぅ!」「なっ!?」インドマンと名乗ったその男がキョータの両腕を掴むと地面を跳ねたブーツが勢いよく飛び上がり、真上にある地上48階の都庁ビルの屋上にふたりは着地した。

 インドマンはキョータを床に転がすと余裕の表情でガルーダのポーズを取りながら前口上を浮かべている。「我が名はインドマン!釈迦に代わって正義の炎で悪を討つ!全てはガンジス河の流れのままに…」

「…こいつ、新手の英雄か?」「何をとぼけている?おまえが持っているカードを私に渡すんだ。さすれば手荒な真似はしない」

「上等だこらぁ!」起き上がるとキョータは腕輪を輝かせてその身体が岩肌に硬質化させ始めた。

「む、相手はパワー型か。それならこいつでどうだ?」大きく膨れ上がった『シーシュポス』を身に纏うキョータの姿を見てインドマンはヨガのポーズを取りやめてベルト横のケースからドライバーのような道具を取り出してそれをベルトに差し込んだ。


『魔人モード:ガネーシャ』ベルトから機械的なアナウンスが流れるとキョータの目の前に3メートル近い体躯の象がイボの付いた足で直立し、ゆったりとした間合いで3本指の腕を構えている。顔の中心から長く伸びた鼻から息を飛ばすとその異形の魔物は圧し静めた声を向けた。

「この姿は古代ペルシアが産み落とした奇跡。仏陀の導きによって貴様の野望を打ち砕く」「なんじゃそりゃ!」キョータが間合いをつめて太い腕で殴りかかる。ガネーシャはそれに鼻を巻きつけて動きを止めるとキョータの身体に腕を抱きつけてそのまま電車道で走り出した。

「インド、インドインドインド、インドインドインドインドインドインド、インドインドインドインドインドインドぉぉおお!!!」

「こいつ、このままオレを突き落とす気か!?」大きな象の瞳がいやらしく歪むとキョータを抱きかかえてガネーシャは屋上から飛び降りた。高さ243.4mからの超重量級フライングボディプレス。周囲が地盤沈下するほどの衝撃に変型を解いて地に伏したキョータの姿を見下ろすとガネーシャも元のインドマンの姿に戻っていた。

「あれ?おかしいな。いつもならここでアナウンスが流れるはずなのに」歩み寄ってくるインドマンを目に捉えるとキョータは呆れたように口から血溜りを吐く。

「メチャクチャだ、コイツ。なにもかも…」「あ、カード持ってないの?じゃ、これでいいや」「ちょ、返せ。オレのポンタカード…!」キョータの薄サイフからカードを引き抜くとインドマンはその場を立ち去っていく。

「人の心をたぶらかす偽神に魂を売り渡すなど言語道断!迷える悪の魂に熱きインドの火を灯せ!」…通り魔にも似た謎の英雄による活動妨害。これでリザに人殺しをしなかった言い訳が出来たかな。遠ざかる勝ち名乗りを聞きながらキョータはゆっくりとその瞳を閉じた。



「見つけた。あの場所だ」

 天神救世教の真相を明かしに東京湾に浮かぶ人工島に忍び込んだ間遠和宮。マイク越しに連絡を取り合う自身の担当天使ミカに報告すると和宮は物陰から開けた空き地に簡易的に設けられた野外ステージに目を向けた。

 先の尖がった怪しいフードを被った信者達が列を成しており彼らの頭上のステージには真っ白いスーツを着た女性――共にデビルバスターズとして過ごした秋風天音が壇上で信者達に向けて《新時代を切り開く神についての講談》を始めた。その声を聞いてミカが呟く。

『アレは洗脳されてるねー。クスリを飲まされてる』

「解るのか?」段ボールを脱いだ和宮がマイク越しにミカに訊ねる。

『うん。声の抑揚としゃくりとビブラート。僕も人間の音楽を聴くようになって結構経つからね』イヤフォンの向こう側から響くデスメタルに耳を澄ませて和宮は深い溜息をつく。

 テレビやネットニュースの報道が伝える天音の役職はリザに次ぐ救世教の第二教主。天音が自らの意思でその職に就いていないとすればリザ以外によるなんらかの武力、または政治的介入があると考えてみていいだろう。これだけの短期間に救世教が勢力を伸ばした事実を受け入れればヤクザや国の官僚を手の内に引き込んでいてもおかしくはない。

『ちょっと待って。回線の調子が悪い』イヤフォンに不快なノイズが混じり、和宮は片耳からそのひとつを外す。天音の演説が熱をまとい信者達の相槌を沸かせていく。

「皆さん!荒れ果てたこの世界を救うものは愛!愛なのです!愛さえ持てばどんな苦境でも人としてたくましく生きられるのです!私がこの神聖武具を手に入れた時、これまでの日々を脱ぎ去り悪魔に怯える者たちを救うため神の御心のままに戦うことを誓いました。
弱者を思いやるその心こそが愛。愛あれば救われる!皆さんも我が天神救世教へのより一層の信仰を!」

 大きく両手を広げ信者達の敬愛の拍手を受け止める壇上の天音。「くだらん。とんだ猿芝居だ」和宮が視線を落とすと『間遠さん、間遠さん、聞いてる?』とミカが喚いてる。片一方のイヤフォンを拾い上げるとその担当天使は言った。

『どうやらこの電波がハッキングされちゃったみたい』「この駄目天使が!」数十メートル先の天音と視線が合う。『ちょ、場所バレちゃってるよ?』陰から広場へ姿を現してアンスウェラーの鞘に指が掛かる。天音は歳相応のぱっと花が咲いたような笑顔を見せた後、表情を戻して魔力を滾らせた指先を和宮に向けた。

「かねてからずっと、お慕い申しておりました。間遠和宮サマ」

 天音の指から糸のように伸ばされた魔力が信者達の背中に繋がれている。かつての修行でみた『戦闘舞曲、-コッペリア』。あの頃よりもはるかに魔力が増している。操り人形と化した信者達がひとつの生き物のように和宮目がけて走り寄ってくる。

 神が導き出した答えは如何なるものか。和宮を取り囲む信者達トイ・ソルジャーを頭上から見下ろす天音の真っ赤な唇から二本の歯が伸びた。