第二話 デビュー戦 (どんべえは関西派)



 俺は天使と名乗る女からいろいろな説明を聞いた後、アパートから外に出た。
 特に目的地も決めず散歩でもすることにしたのだ。テコテコと道を歩きながら、隣にいる女を覗き見る。
 先ほどまで出していた羽や天使の輪は影も形もなく、初めて会った時と全く同じ姿で俺に速度を合わせて歩いていた

 俺は歩きながら、さっきまでしていた話を頭の中で反芻してみた。と言ってもそこまで大したことではなく、主に給料に関するあれやこれだった。
 天使が言うには悪魔を一体倒す毎にまとまった額の金が銀行に振り込まれるらしく、その中には危険手当等も含まれているそう
 それ以外で交通費も支給されるらしかった
 基本的にこの天使というのが俺を二四時間監視しているらしく、電車移動などが記録され、その分の金がその都度支払われる。
 何となく、英雄というには金の話が色々出てきて嫌な感じがするが、天使はそんな俺の様子を見てこう付け加えた。
 「あなたはあくまで臨時雇いの「非正規英雄」です。こちらが無理を言って働いてもらっています、これはその対価なのです。気にせず受け取ってください。どうせ我々にとって金など言うのは無意味なものなのですから」
 そう言われても納得できなかった。
 できなかったが、そこで話を切り上げられたのでそれ以上言及することができなかった。

 俺はひたすら道を歩きながら、考えを巡らす。
 今日から英雄なのだ。
 とりあえずサインから考えようか


 「一ついいでしょうか」
 「ん?」
 天使が話しかけてきた。
 俺は足を止めて顔をそちらに向ける。
 「一つよろしいでしょうか」
 「なんだ?」
 「あなたに戦い方などの説明をするのを忘れておりました」
 「お、そう言えばそうだな」
 確かに給料の話が終わってすぐに家を出たので、そこらへんの話をしていない。
 ちゃんと聞いておきたいところだが、外でする話なのだろうか
 いぶかしげに思っていると、天使がきびきびと話を続けた。
 「ちょうどいいですね」
 「何が?」
 「近くに悪魔が出現しました。説明もかねて初陣と行きましょうか」
 「待ってました!!」
 俺は心が躍るのが分かった。
 生身で悪魔と戦えるとは到底思えない。この天使が何か力のようなものを与えてくれるのだろうか、そう考えると心が躍る。天使はいきなり歩幅を大きくすると、俺より先に道を行く。
 その速度は速く、俺は半分小走りになって追いかけていく。
 「見つけました」
 「あれが悪魔」
 「その通りです」
 天使はまっすぐ腕を上げると、指をピンと伸ばして指さす。
 さびれた小道の中央にそいつはいた。
 赤と緑色が混ざったゴツゴツとした灰色の肌が全身を覆い、赤く血走った目が顔にいくつもついていた。半開きになった口からは緑色をしたよだれがダラダラと流れており、それが胸を酷い色で汚していた。
 身長は三mほどだろうか
 全体的に筋骨隆々だったが、筋肉の付き方はどう見ても人間の物とは違っていた。右腕は肉でできた巨大なハンマーのようになっており、それが地面をズリズリと引きずっていた。一方の左腕は鋭い爪を持つ三本の指が生えていた。
 奴は「グルルルルルル」という不気味な声を出しながらこちらに向けて歩を進めている。

 俺はその姿を見た瞬間
 恥を忍んではっきり言おう。
 怯えた。
 それはそうだ。目の前に現実的ではない凶悪なゾンビのようなものがいるのだ、怯えない人間がいるなら目の前にまで連れてきてほしかった。そしたらそこでプライドも何もかもを投げ捨てて土下座してもいい。
 俺は何も言うことができず、ジッと悪魔を眺めていた。一瞬、逃げようかという思いが脳裏を横切るが、それを遮ったのは天使だった。
 「運がいいですね」
 「え?」
 「生まれて間もない悪魔です、そこまで強力ではありません。初戦の相手には申し分ないでしょう、ボーナスこそ少ないですが」
 「ハ、ハハハ、ハハハハハハ」
 俺は笑いがこみ上げてくるのが分かった。
 何も面白くなかったが、なぜか笑わずにはいられなかったのだ。
 天使は特にそのことについて何もコメントせず、話を続けた。
 「いいですか、今からあなたにアーティファクトを与えます」
 「アーティファクト?」
 「神聖武具です。神からあなたに与えられる武器であり、あなたの身を守る守護天使の宿るものです」
 「へー、面白そうじゃん」
 「いいですか、時間がないので急いで説明させていただきます」
 「なんだ?」
 「アーティファクトがどんな物になるかはあなたによって変わります。どんな能力を持つものか、どんな形状をしているのか、それは私にも分かりません。ご了承ください」
 「あぁ、ぶっつけ本番ということか」
 「そうです。では、アーティファクトを顕現いたします」
 「分かった、急いでくれよ」
 「了解しました」
 天使はそういうと、再び白い羽を生やし神々しい姿に戻る。
 悪魔はその姿を見ると、いきなり足を速めてこちらに向かってきた。しかしハンマーがでかくて走りづらいのかそこまで足は速くなかった。おかげで時間の余裕はまだありそうだった。
 目を閉じて、口を開くと天使は詠唱を始めた。



 続く

 「神の御名において我が命じる、英雄の魂を守りし守護天使と悪魔を断罪する剣をかの者に与えよ。その天使が支配せしは烈火、指し示すは南方、勝利と平等を司りし熾天使よ。この現世に姿を現せ!!」
 「かっこいいな、おい!!」
 詠唱が終わると同時に、俺の目の前に地面に大きな亀裂が入る。
 そこから眩いばかりの光が放たれ、ゆっくりと何かがせりあがってくるのが見える。じっと目を凝らしても最初は何か分からなかったが、すぐにその正体が明らかになった。
 剣だ。
 見事なまでに美しい剣が出てきているのだ。
 地面から生えてきたそれは、途中でぴたりと動きを止めると光も治まる。どうやらこれ以上先は自分で引き抜かなくてはいけないようだった。見惚れていた俺は急いで腕を伸ばすと、持ち手をギュッと握りこむ。
 すると、そこから何か暖かい感覚が流れ込んでくるのが分かった。それは俺の全身を包み込むと、まるでコートでも羽織っているかのような錯覚に陥る。同時に全身に力が満ち溢れていく。
 「おおおおお!!」
 ちょっと感動しながら、思いっきり剣を引き抜く。
 中世のロングソードと呼ばれる剣とよく似た形状をしたそれは、全容が明らかになると同時に刀身部分から光を放ち始めた。後光のように明るい光を見た瞬間、悪魔はピタリと足を止める。どうやら怯えているようだった。
 俺は力任せに一度剣をヒュッと振るってみる。
 すると見た目の割に非常に軽かった。
 俺はご満悦だった。
 こんな美しいものを手にできるなんてファンタジー好きの血が騒ぐ。
 天使はちらりと俺の方を見た後話を始めた。
 「それがアーティファクトです。それに宿る守護天使があなたに加護を与え、戦闘を補助します。今のあなたは人知を超えた身体能力を手にしています」
 「それはありがたいな」
 「では、心置きなく戦ってください。私は姿を消して見守ってますんで」
 「よし、分かった。やってやるぜ」
 「期待してます」
 その言葉を最後に天使は空中に溶けるように消えていった。
 俺は剣道の要領で剣を両手に持って構えると、その先を悪魔に向ける。まだ光を放ってこそいたが、さっきほど強くない。気を取り直したのか悪魔も再び走り出すと、俺に向かって来る。
 さっきまで怯えていたのが嘘のよう、俺はやる気に満ち溢れていた。


 「来いよ。くそ野郎」
 「グルァァァァァァァァァァァァ!!!!!」
 よだれをまき散らながら悪魔は右腕を振るうとハンマーで自分を横殴りにしようとしてくる。
 俺はそれを見て反射的に体を動かすと、刀身部分でそのハンマーを受け止めた。ガキンッという鈍い音がして、衝撃が腕に伝わってくる。
 それは非常に強力な一撃だった。
 腕がしびれる。足を必死で堪えていたからいいものの、油断していたら吹き飛ばされていたかもしれない。そう思うとぞっとする。
 「――ッ!!」
 「グルァ!!」
 ふと見てみると、俺はあることに気が付いた。
 悪魔が左手の爪の先をこちらに向けているのが分かった。
 このままでは突き殺されてしまう。
 そう思った俺は全力を込めて腕を振るうと、無理矢理ハンマーを弾き飛ばす。そして地面を蹴って後ろに飛ぶと、悪魔から距離を取った。そのおかげで左手の爪は宙を切るだけでとどまった。
 俺は体勢を立て直し、もう一度構えなおす。
 どうやら単純なパワーではあちらの方が上だった。しかし、さっきの動きを見ている限り、そこまで動きは早くない。だったらこちらに勝機はある。小回りだったらこちらの方が上回っている自身があった。
 右足を引き体を右斜めに向け刀を右脇に取り、剣先を後ろに下げた脇構えという姿勢を取る。
 悪魔はそんな俺の姿を見て口をバカッと開く。すると、どす黒い喉奥から炎球が吐き出される。
 「うぉ!!」
 高熱を放つそれは空気を焼きながら宙を切り、飛んでくる。
 俺はかわそうかと思うがやめた。あえて一歩前に踏み出すと向かって行く。一瞬の間に火球との間合いが詰まるが、命中する寸前に左に飛ぶとそれを躱す。ヒーターが真横にあるような熱が襲ってくるが、すぐに消える。
 火球はそのまま後ろにある電柱に命中し、大爆発を起こしたがそんなこと気にしない。
 ドゴォォォォンという激しい爆音と黒い爆煙を背景に俺は悪魔に向かって突き進んでいく。
 悪魔はハンマーを振りかざすと迎え撃つ気満々の姿勢を見せる。
 「ケッ……舐めるなよ」
 地面に足跡が残る。
 ウサインボルト顔負けの速度で走る俺はあっという間に距離が詰まる。
 悪魔は俺が間合いに入ったその瞬間に腕を振るうと、何かをされる前に殴り殺そうとする。
 だが、俺はギリギリのところで急停止する。ピタっと動きが止まる、思いっきり地面に足を叩きつけて急ブレーキをかけたのだ。鼻の先をヒュッとハンマーがかすっていく、冷汗が流れたが無事かわすことができた。
 危なかったが成功だ。
 俺はニッと笑うと、一歩前に踏み出して剣を振るう。
 刀身がさっきまでとは違う燃え上がるような光を放つと、がら空きになっていた悪魔の左わき腹から右肩までを斜めに切り上げた。何か抵抗でもあるかと思っていたが、そんなことはなかった。悪魔に防御力がなかったのか、もしくは切れ味が見事だったのか
 一瞬の間が開いて悪魔の体が崩れていく。最初に切れた上半身が重力に引かれて落ちていき、次に膝が崩れ落ちる。イカ墨のようにどす黒く、ネチョネチョとして血液が地面を汚していく。
 最後に何か悪あがきでもするんじゃないかと警戒していたがそんなことはなかった。
 思いの外あっさりと終わってしまったことに拍子抜けする。
 俺は悪魔の死体を見下しながら、満面の笑みを浮かべると叫んだ。


 「やったぜ!! 俺の勝ちだ!!」
 「お見事です」
 「お前、いつの間に」
 気が付くと天使が後ろに立っていた。
 彼女は特に何の感傷も抱いていないように無表情のままジッと自分のことを見ていた。悪魔の死体はどういう訳か、まるで溶けていくかのように消えていった。最初に上半身、下半身、最後に血液の順だった。
 俺は途中までは珍しいものを見る目で見ていたが、天使に聞きたいことがあったので顔を背けると尋ねてみる。
 「おい、この剣、名前あるのか?」
 「ありません、好きに名付けて構いませんよ」
 「…………そうだな」
 少し悩んだ後、俺は決めた。
 「英雄といえばアーサー王だな。アーサー王と言えば、エクスカリバーだ。それに、さっきの姿を見るに石に生えた剣というのもあっている」
 「なるほど」
 「この剣の名前はエクスカリバーだ」
 そう呟きながら、俺は天高く剣を掲げる。
 すると月光を反射し、その勇壮たる姿が一層強調される。
 天使は「いい名前ですね」と呟いた後、ふと気が付いたというような顔をすると言った。
 「その剣の形状はスクラマサックスではありませんよ」
 「…………いいんだよ。細かいことは」
 「そうですか」
 白けてしまった。
 俺は小さくため息を吐いた後、帰宅することにした。
 気が付くと剣は姿を消していた。俺は少し驚くが、天使が補足説明を入れた。
 「次の戦闘時に再び顕現します、次は詠唱なしでも可能です。ただし、石動様一人でやっていただくことになりますが」
 「おう、構わないぜ」
 「それでは失礼いたします」
 そう言って天使はフッと消えた。
 俺は「非正規英雄」として得た初めての勝利の余韻に浸りながら、一人くらい夜道を歩いていった。


 第二話 デビュー戦 完


sage