アーティファクト一覧


 ≪アーティファクト一覧≫


〇『必勝の剣』エクスカリバー 
所有者―石動堅悟
形状――剣

[能力『絶対切断』]
 その刃に膨大な量の魔力を集中させ、いかなるものをも切断する。それを止める術は何もなく、目に見えないモノ、形がないモノでも切り裂くことができる。どんなに強力な悪魔でさえ、その一撃を受けてはなす術なく死を受け入れるしかない。
 時間制限があるため、無限に使うことはできない。現在石動堅悟は最長三十分間ほど使用できる。

[代償『力の低下・減衰』]
 能力を発動した時間に応じて一定期間の間、守護天使の加護が薄れ、肉体強化その他と言った恩恵が失われてしまう。数分間の使用で一日。三十分も使用した日は、一週間はまともに戦えない事を覚悟しなければならない


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇『賢者の指輪』ソロモン
所有者―石動堅悟
形状――指輪

[能力『変身』]
 頭の中で思い描いた動物に変身することができる。変身にかかる時間は一秒未満。また全身が強制的に変身するわけではなく、体の一部分だけを変えるという応用も利かすことができる。ただし、あまり効果的ではない。
 変身時間には制限があるが、二度目の発動までのインターバルはほとんどない。石動は今、最大三十秒間変身することができる。

[代償『不変』]
 制限時間を超えて変身していた場合、二週間ほど元の体に戻れなくなる。その際は脳の意識さえもその動物の物と同等と化してしまうので、その動物であることに違和感を抱くことができない。
 そのため、下手にウニや魚になって戻れなくなった場合、捕獲されて死ぬ可能性も出てくる。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇『絶対なる長剣』アインスウェラー
所有者―間遠和宮
形状――長剣

[能力『完全自動攻防』]
 使用中、定めた一つの対象の動きを完全に読み切り、最善の一手を英雄に与える。体は勝手に動くので、アインスウェラーに身を任せている間に勝負を決めることができる。ちなみに定める対象の数は増やすことができる。
 また、対象とは一個の生命体という意味を持つ。
 集団戦はあまり得意ではないが、一騎打ちでは無類の強さを誇る。

[代償『肉体機能の一部不全』]
 能力使用中、使用の深度や持続時間によってはその後しばらくにおいてランダムに決定された身体機能のいずれかが使用不可になる。身体機能には五感、感情、体力、筋組織など肉体に限らず精神に依るものまで含まれる。
仮に五体の悪魔を相手に五感全てを不全とした場合、脳へ送られる感覚情報を放棄した長時間戦闘は人間としての精神性の崩壊、つまるところ発狂に繋がるリスクもある。
 また、代償ではないが精神的なダメージを負うと機能不全に陥ることもある。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇『雷神の鉄槌』トール
所有者―鈴井鹿子
形状――小槌

[能力『空間殴打』]
 攻撃する際に周囲の空間ごと敵を叩きのめすことができる。条件さえ満たせばその一撃は比類なき威力の物となる。しかし、ただ単に振るっただけでは手持ちサイズのハンマーで殴っているだけなので、大したダメージはない。

[代償『充填』]
 能力を発動するまで、一歩も動かず魔力を集中させる必要が出てくるという物。このチャージ時間に応じて『空間殴打』の威力は上がるのだが、それだけ隙が生じることとなる。斧代償はスタンドプレーを好む鹿子との相性はあまり良くない。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇『風神の舞踏』ティップ・タップ
所有者―秋風天音
形状――ピンホール型の靴

[能力『大気操作』]
 足の靴で待機を操り攻撃を仕掛ける。それは多彩な戦闘法が可能で、かまいたちを発生させて切り裂いたり、空気弾を打ち出したり、遠近距離で活躍できる非常に強力なアーティファクトとなっている。

[代償『中断』]
 能力発動中、およびアーティファクト顕現中に敵からの攻撃を受けるとアーティファクトや能力攻撃が全て消えてしまい、次の発動まで一定時間のインターバルが必要となってしまう。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇『完治の奇跡』ベレヌス
所有者―秋風天音
形状――ブレスレット

[能力『瞬間治癒』]
 一瞬の間に自らの傷を治すことができる。それが致命傷であれ、軽いかすり傷であっても平等に癒す。失われた血液さえも戻ってくる。意識が残っていれば、問題ないので即死しない限り復活できる。

[代償『反動』]
 大量の魔力を利用する能力のため、一度利用すると最低でも一週間は使用することができない。また傷を癒して数分後には傷の重さに応じた疲労感が戻ってくるため、戦闘を続けることは現実的に不可能である。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇『一対の激昂』コモン・アンコモン
所有者―今鐘キョータ
形状――カタール型の手甲

[能力『限定強化』]
 振り分ける能力の最大値を一〇〇とし、それを左右の手甲に攻撃・防御で振り分ける自己強化型の能力。通常時は両手とも二五~三〇程度で抑えている。強化すればその一撃は十二分な威力発揮することができる。

[代償『偏り』]
 当たり前のことだが、一方を一〇〇とすると、もう一方は零となる。その結果どうなるかというと、通常時より弱くなってしまう。右側だけを強化して戦っていると、左手を狙われた時にやられてしまう可能性が高くなる。頭を使う能力なので、馬鹿のキョータとは相性の悪い部分がある。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇『岩石の尖兵』シーシュポス
所有者―今鐘キョータ
形状――腕輪

[能力『硬質化』]
 魔力で生み出した岩で全身を覆い強化することができる。通常時と比べ遥かに腕力、防御力が桁違いに跳ね上がる。また制限時間はなく、自身が能力を解除しない限り永遠に続く。唯一速度が多少落ちるがそのことで困ったことはない。

[代償『弱体化』]
 内部にいる本体の防御力、攻撃力が一般人レベルに落ちてしまうこと、能力を解除すれば元に戻る。仮に岩を突破されると致命傷を負う可能性がある。結果、完全に岩に依存することとなってしまう。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇『必中の鋭槍』グングニル
所有者―リザ
形状――槍

[能力『自動追尾』]
 グングニルを投げた後、狙った標的に命中するまで追いかける。操作する必要はないので自分は自由に動くことができる。ちなみに、標的に命中した後はその生死にかかわらず手元に戻ってくる。また追尾中でも命令すれば戻ってくる。

[代償『無力』]
 能力発動中(グングニルを手放している間)は守護天使の加護を得られず、肉体強化と言った非正規英雄としての特性を全て失ってしまう。ただし、リザの場合は他にも神聖武具があるため全く問題がない。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇『不屈の円楯』アイギス
所有者―リザ
形状――円楯

[能力『絶対防御』]
 この楯はいかなる攻撃をも通さない。受けたダメージは全て衝撃としてアイギスのコアである中心の水晶体内部へと蓄積されていく。この衝撃は正面に吐き出すことができて、それでダメージを与えることができる。

[代償『危険』]
 水晶体は衝撃が溜まれば溜まるほど赤くなっていき、限界まで達すると崩壊してしまう。するとアイギスを所持している非正規英雄は死亡してしまう。その前に衝撃を吐きださなければならない。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇『最悪の一振り』ジークフリード
所有者―リザ
形状――剣

[能力『等価交換』]
 その刃で切り裂いた相手に確実に傷を負わせることができる。傷の重さは代償で払った命の重さだけ重くなる。ジークフリード同様、どんなに装甲が厚くても、どれだけ強い悪魔でもそれから逃れることはできない。

「代償『命』」
 自らの命を払い、能力で与えるダメージを増やせる。寿命一か月なら一か月分の十年なら十年分の。つまり、調子に乗って戦い続けていると、やがて寿命が尽きて死んでしまうこととなる。また代償ではないが、その寿命分のダメージしか与えることのできないという弱点も持つ。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇『無限の悪夢』ヒュプノス(作中では名称は未登場)
所有者―清水智裕(作中では名乗らなかった)
形状――シェルター状の楯

[能力『幻覚』]
 対象の精神に干渉し、悪夢のような幻影を見せることができる。その内容に干渉したり、中身を知ることはできない。対象の精神力、その他によっては突破される可能性があるが、ほぼほぼこの能力から逃れる術は無い。

[代償『不干渉』]
 能力をかけている間、その対象に干渉することができない。仮に攻撃を仕掛けたりすると能力が解除されてしまう。




sage