番外編 お嬢様とセバスチャン (どんべえは関西派)




 「お嬢様、本日の夕飯はこちらになります」
 「わーい!! ピザだ!! セバスチャンのピザ久しぶり!!」


 お嬢様は椅子に座ったまま両手を上げて万歳すると満面の笑顔で大喜びする。
 セバスチャンはそれを真顔で眺める。クトゥグアに変身している時とは違い、彼の体は黒い燕尾服に包まれて、その左目には片眼鏡がかけられている。はっきりとした年齢こそわからないが、そう若くはないだろうと思わせる皺がいくつか刻まれている。髪の毛は艶々とした黒色だが、目は美しい赤色をしていた。身長は非常に高く百九〇を軽くこえている。
 彼はピザカッターを手に取ると、皿を自分の元へ引き寄せてピザを八分割する。
 そしてそのうち一つをお嬢様の皿にそっと乗せた。


 「どうぞ」
 「ありがとー!! セバスチャン」
 「いえ」
 「いっただっきまーす!!」


 律儀に手を合わせてからピザをぱくつき始めるお嬢様。
 その様子を隣で立ちながら、温かい目で眺める。


 お嬢様のご飯を作るのもすっかり慣れた。
 彼女は意外と好き嫌いが多い。
 例えば海鮮類を使った料理はあまり好かない。特に蛸の料理を出すと「お友達だ」と言って弄び始め、決して食べようとしない。そのため、肉やパスタと言った料理が中心的となる。それでも決して食事が偏らないのはセバスチャンが有能だからだ。


 ここはある山奥にある古い洋館。
 地元でも誰も知らないようなそこで、お嬢様とセバスチャンの二人は過ごしていた。この五年から六年はずっとここに暮らしている。それはマーリンが日本に来た時期とぴったり一致している。この二人はずっとマーリンと行動を共にしているのだ。
 ちなみにここはマーリンが見つけてきた。
 多少交通の便は悪いが、一時間も歩けばすぐ商店街につくのでそこまで気にならない。
 神討大戦、それが始まるまでの間、ここが彼女たちの家となる予定だ。


 「セバスチャン」
 「なんですか?」
 「おいしい!!」


 口周りをトマトで汚しながら満面の笑みを見せるお嬢様。
 セバスチャンはほんの少しだけ眉を上げると、ほとんど表情を変えず「それはよかった」と呟いた。

 彼女と共に生きてきて、もう三十年以上の時が経とうとしている。
 それは長いようで短い時間だった。

 クトゥルフことお嬢様は他の普通の準悪魔とはまた違う生まれ方をした。
 彼女は生まれついての準悪魔なのだ。

 それはどういうことかというと、話をすると長くなる。
 お嬢様、彼女の両親もまた準悪魔だった。マーリン配下の高名かつ強力な準悪魔で、穏健派からの信頼も厚かった。ハスターも彼らの名前を知っている。過激で強く、容赦のない戦い方の受けが良かった。四大幹部には遠く及ばなかったものの、並の準悪魔とは一線を貸した物があった。
 そんな準悪魔の二人が産んだ子供、それがクトゥルフお嬢様だ。
 前述したとおり、彼女は生まれついての怪物だった。
 原理はよく分からない。
 なぜそうなったのか、いくら分析してもマーリンですら詳しくは分からなかった。
 でもお嬢様は正真正銘の準悪魔だった。


 初めは普通の胎児の姿で、しかし、二日目には既に邪悪武装を顕現し、悪鬼のごとき姿へと変貌を遂げていた。歩くより先に粘液を操れるようになり、喋るより早く「お友達」を呼び出すことに成功していた。
 両親は彼女を育てるのに非常に苦労した。
 物心つく年齢まで、彼女は自身の邪悪武装を制御できずにいたのだ。
 普通の子供はお漏らしをして気持ちが悪くなると激しく泣きじゃくるだろう。ところが彼女は泣き叫ぶだけでなく、粘液をまき散らして周囲の物を破壊するのだ。それは非常に面倒なことだった。
 それでも彼女の両親は深い愛情を注ぎながら育てていった。


 それはなぜか、理由は単純で両親は結婚こそしたものの、普通の生活を諦めていた両親にとって、神が(いや、邪神というべきか)が与えてくれた奇跡だったからだ。
 それが功をなしたのか、五歳を過ぎたあたりからお嬢様は自身の力を制御できるようになっていった。
 正確に言うと、今までの生活から力の使い方を学んで行ったのだ。

 それとほぼ同じ時期にセバスチャンはお嬢様の遊び相手として連れられてきた。
 当時、セバスチャンはお嬢様と同じく五歳の子供だった。両親を紛争でなくし、身寄りのないところを他の準悪魔が保護したのだが、その準悪魔が行方不明となってしまったのでそれをさらに引き取ったのだ。
 準悪魔となる素質があるということだがいかんせん若すぎた。
 いずれ準悪魔となるになるという契約の元、彼は住む場所と食事、そして仕事を手に入れた。
 お嬢様は学校には通わなかった。それはもちろん近くに良い学校がなかったということもあるし、もし学校で邪悪武装が暴走してしまったら目も当てられないことになるからだ。それに、両親もずっとお屋敷で引きこもっているわけにはいかない。お嬢様が暇な昼間の時間、常に一緒にいれる相手が必要だったのだ。
 セバスチャンはあまり良い境遇の元で育ったわけではないので、あまり愛想よくしていたわけではないが、無駄に明るく活発なお嬢様と接していくうちに、年々態度は軟化していった。二人が十歳になる頃にはすっかり柔らかくなり、普通に笑顔を見せるようになった。
 セバスチャンがすっかり家族の一員になった頃、お嬢様に更なる異変が訪れることとなった。


 十五歳を過ぎた頃、お嬢様の記憶が全て失われたのだ。
 自分の名前、両親の名前、セバスチャンの事、何もかもが消えてなくなった。
 それだけならよかったのだが、セバスチャンがまた他のことにも気が付いてしまった。
 お嬢様の肉体の成長が止まっていたのだ。
 少なくとも十五歳の、一般的に言えばもうすぐ中学を卒業するであろう少女の肉体にしてはあまりにも幼すぎた。


 その理由をマーリンはこう推測した。
 普通の人間としてではなく、準悪魔として生まれてきた彼女には生まれながらにして脳に何らかの障害があるらしく、一定期間――正確に言うと一年から二年の間――に記憶が完全にリセットされてしまい、その上、肉体の成長が止まっているらしかった。
 セバスチャンや彼女の両親はそれを知り、非常に悲しんだ。
 それでもしょうがない。
 悲しい運命を背負った彼女だが、それでもいつも笑顔でニコニコと毎日を過ごしていた。
 セバスチャン達もそれを見て、より一層彼女を支えていった。


 すっかりお嬢様に情が移っていたセバスチャンは、契約だからではなく、彼女を守る力を得るために準悪魔となった。と言ってもまだ当時はお嬢様の両親に引っ付くだけのヒヨッコだった。
 それでも、めきめきと力をつけ、強力な準悪魔へと成長していった。
 基本的には屋敷でお嬢様の相手をして、ご飯を作ったり掃除をしたり。一緒に勉強をしたり、セバスチャンは非常に頭がよく、何でもかんでもすぐに覚えたが、お嬢様はあまり勉強が得意ではなかった、
 そして、たまに両親について行って非正規英雄を狩ったりした。


 そんな比較的平和な生活がいつまでも続くと思っていた。
 しかし、セバスチャンが十八歳になった年に新たな悲劇が舞い降りることとなる。
 お嬢様の両親が非正規英雄に狩られたのだ。

 ある日の夜の事、非正規英雄が屋敷に現れた。
 どのルートからかは分からないが、屋敷の位置が非正規英雄側に漏れていたのだ。一人や二人ではなく、七から八人もが大挙して押し寄せて屋敷に火を放った。幸いにも――いや不幸にもかもしれないが――お嬢様とセバスチャンは少し足を伸ばして商店街にまで遊びに行っていた。
 異変に気が付き、急いで二人が帰って来たその時にはもう手遅れだった。
 屋敷は半壊し、残った部分も景気よく燃えていた。

 そして、残った屋敷の正門前にずたずたに引き裂かれた両親の死体と、勝ち誇る非正規英雄たちの姿があった。


 途中で屋敷が燃えていることに気が付いたセバスチャンとお嬢様は車を捨てて走って向かっていた。そのせいで、お嬢様はその最悪の光景を目の当たりにすることとなった。地獄のごときその光景。それが網膜に刻まれた瞬間。
 壊れた。

 何かが、吹っ切れた。

 セバスチャンはその後のことをしっかりと覚えている。
 覚えているからこそ、忘れたい。

 お嬢様の邪悪武装が暴走したのだ。
 それは凄まじい光景だった。
 血で血を洗う、なんて生易しい物ではない。
 全てが叩き潰されたと表現するのが正しいだろう。


 触手がうごめき、粘液がふりまかれる。赤く爛々と光る眼が、青い血の涙を流し、それとは対照的に赤い血で地面を染めていく。その背後ではゆっくりと慣れ親しんだ屋敷が崩れ落ちていく。死体が次々と増えていく。だがそれは四肢が無かったり頭が無かったり、そもそも人体なのかすら怪しかった。
 セバスチャンはその惨劇を近くで見ていることしかできなかった。
 何をすればいいのか分からなったし、何が起きているのかもわからなかった。

 朝日が昇る頃、全ては終わった。
 まだ炎の残る瓦礫の山を背後に、人間の姿に戻ったお嬢様は死体で汚れた地面にへたり込んだまま、ゆっくりとセバスチャンの方を向くといつも通りの元気な声でセバスチャンに向けてこう話しかけた。



 「あなたは、誰?」



 次の日、セバスチャンとお嬢様はマーリンに保護された。
 両親がマーリンから離れて行動していたということもあって、一応穏健派に籍を置いている彼らだが、実際に彼と会うのは初めての事だった。彼は二人の力を求め、セバスチャン達は居場所を求めていた。
 それからお嬢さまとクトゥグアは基本的にマーリンと行動を共にしている。


 これはそれから分かったことなのだが、お嬢様の記憶障害と肉体障害。
 それをマーリンの術式で抑えることが可能だった。お嬢様の疾患は、両親が準悪魔だったことと、生まれる前から強力な魔力を浴び続けたことに原因があるらしかった。準悪魔に子供ができることからして珍しく、それ以上の治療法は分からなかった。
 マーリンとしては失った以上の戦力に加え、めったにない貴重な資料を入手することもでき、結果としてはトントン。
 二人は少しだけ変わってしまったが、比較的平和な日常を過ごすことができるようになった。
 こうしてお嬢様は永遠に年を取らないまま、四大幹部の一人として戦いを続けている。

 記憶が失われることこそ無くなったが、精神年齢も成長しないようで、今でも十歳足らずの子供でしかない。ニコニコ笑顔を振りまき、セバスチャンと共に楽しい毎日を過ごしながら圧倒的な力で非正規英雄を殺していく。
 セバスチャンはお嬢様の身の回りの世話をしつつ、めきめきと力をつけて行って、今では四大幹部の一員となっている。



 「ふぅ…………」


 お嬢様を寝かしつけてから、セバスチャンは外に出て、そこで葉巻を吸う。
 お嬢様の健康に悪いこともあるし、売っている店が少ないので自重するようにしているのだが、定期的に吸いたくなる。思いっきり肺に煙を満たすと、何とも言えない満足感が押し寄せてくるのだ。
 葉巻を教えてくれたのもまた、お嬢様の両親だった。
 ただし、酒は飲まないことに決めている。
 昔飲んだとき、大荒れしたからだ。
 あんな姿をお嬢様に見せたくはない。

 今日も無事に一日が終わろうとしている。
 セバスチャンは何の気もなしに空を見上げると、そこに浮かぶ月を眺める。
 このまま何事もなく一日が終われば最高なのだが、そう思った瞬間だった。


 「おい!! そこのお前!!」
 「…………なんでしょうか?」
 「ここら辺に怪物が出るという噂があるんだが……知らないか」
 「…………」


 どうやらここもばれたらしい。
 いったいどこから情報が洩れるのか、確かにこの間は装甲三柱会合があったりしてアグレッシブに行動していたがこんなに早くばれるとは思ってもいなかった。
 セバスチャンはもったいないがせっかくの葉巻を投げ捨てると、眼鏡越しに鋭い眼光を向ける。


 「あなたは非正規英雄でございますか?」
 「それを知っているということは………お前は悪魔か」
 「その通りでございます」
 「なら好都合だ。早く終わらせる」


 そう言ってその非正規英雄は腕を掲げると細い一本の槍のような神聖武具を顕現する。どんな能力を持っているのか、どんな戦い方をするのか、そんな事これっぽっちも興味なかった。ただ、早く終わらせたかった。
 直立不動の姿勢のまま、全身からドッと火を吹き出す。
 すると、燃えさかる悪鬼の姿へと変貌する。

 それを見ても対峙する非正規英雄は大して表情を変えない。
 どうやら自分のことを知らないらしかった。
 それで自分に勝とうなど、論外だ。
 セバスチャンは腕を振るうと自身の周囲に燃え盛る円形の壁を生み出す。

 マーリン配下に収まってから、セバスチャンは自身の炎について詳しく知った。
 この炎には様々な特徴がある。水をぶっかけられたり酸素が無くならない限り消えることが無い。また、他の物に燃え移ることもほとんどない。そして自分の意志で自由自在に操作することができる。普通の炎とは一線を画すものがある。
 それはなぜか。
 セバスチャンは自身の炎とほかの準悪魔の炎にどんな違いがあるかを調べた。

 その答えは単純だった。

 自分の炎は生きている。
 正確に言うと炎ではなく、限りなく炎に近い性質を持った生き物ということだ。

 お嬢様の「お友達」に近いようで少し違う。
 この炎は自分の分身体なのだ。


 セバスチャンはこの炎をこう呼んでいた「質量のある炎」と。
 轟音と共に自分の体をより多くの炎が包み込み、ゆっくりと大きく大きく育っていく。五分と経たぬうちに全長十mを超える炎の巨人が完成する。

 「なんだよ……これ」

 目の前の非正規英雄はそれを見上げながら小さな声でそう呟く。
 だがセバスチャンはそれを無視して叫ぶ。


 「お覚悟を!! 四大幹部の恐ろしさ、とくとその目に刻むと良い!!」


 腕を上げ、一撃で終わらせることに決める。
 対する非正規英雄も、覚悟を決めた顔をすると槍を振りかざし、果敢に突っ込んできた。



 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 「うぅん………」


 お嬢様は嫌な夢を見た気がして目が覚めた。
 眠たい目をこすりながらなんとかもう一度眠りにつこうとしたのだが、なんだかうまく寝付けなかった。しょうがないのでベッドから出ると、セバスチャンに温かいミルクでも入れてもらうと思い、彼のことを探していた。
 いつもなら「セバスチャン、来て」と呼ぶとどこからともなく飛んでくるのだが、今日はなぜか来ない。
 そういう時は彼の寝室にまで行けばいい。
 長く暗い廊下をおぼつかない足取りで進みながら、お嬢様はセバスチャンの姿を探す。
 その道中だった。


 「え?」
 「………んん?」


 聞きなれない声が聞こえてくる。
 お嬢様はそちらに顔を向けると、暗がりの中、目を凝らして誰がいるのかを確認する。
 すると、一人の少年が現れるのが見えた。
 そう、現れたのだ。闇の中から突然に。
 その手には一本の短剣を握り締め、その少年はそこにいた。
 さっきまでそこに誰もいないことは確認済みだった。
 ということは彼は虚空から現れたということになる。

 しかし、そんなことはほとんど意に介さず、お嬢様は眠そうな顔で話しかける。


 「んー……んーセバスチャン?」
 「え……どうしてこんな子供がこんなところに……」
 「違うのぉ……。ねぇ、セバスチャンどこいるか知らない?」
 「え、えぇ?」
 「あれ? 知らない人だ」


 視界がはっきりとしてきた。
 目の前にいる少年の姿がはっきりと見えるようになった。動きやすいジャージ姿で、暗闇の中でも怪しく光る鋭い短刀。そしてその身から放たれる非正規英雄独特の魔力。お嬢様はそれを肌で感じ取る。その瞬間、鳥肌がドッと立ち、目がより一層怪しく光る。
 だが、対する非正規英雄はそれに気が付かない。目の前にいるのはあくまで普通の女の子としか思っていない。
 それゆえ、優しい声をかけて、無警戒で近づいていく。


 「怪我はない? さらわれたの? 大丈夫?」
 「あなたはだぁれ?」
 「僕? 僕はそうだな………ヒーロー……かな」
 「ヒーロー」
 「そうさ、英雄さ」


 それを聞いた瞬間、お嬢様はカッと目を見開くと叫んだ。


 「じゃあ私の新しいおもちゃだね!!」
 「え?」
 「前の奴は壊し損ねちゃったからちょっと退屈してたんだ!!」
 「まさか…………」
 「いいよね!!! 壊しても!!」


 そう言ってお嬢様の姿が変貌していく。
 全身が触手に覆われて、あの異形の怪物となる。それを見て少年も短刀を掲げると戦闘態勢を整えようとする。だが、さっきまでの可愛らしい少女の姿からは想像できない変身に戸惑い、少しだけ反応が遅れてしまう。
 その間に、お嬢様は全身から大量の粘液を発すると、お屋敷の廊下一帯を覆いつくしてしまう。
 直後、そこから何本もの「お友達」が生まれると少年を囲み、逃げ場を奪う。


 「どんな風に壊れたい!?」
 「え…………?」
 「無くなるなら腕がいい!? それとも足がいい!?」
 「ふ……ふざけるな!!」
 「んー、じゃ、全力で壊すね!!」


 直後、少年の姿が消えた。
 どうやらそういう能力らしい。
 しかし、触手は自動で動くと消えたはずの少年の姿を見つけると捉える。ただ見えなくなる程度の能力ならば、クトゥルフの触手の前には無力だ。なぜなら、「お友達」には嗅覚があり簡単に敵を見つけることができる。
 為すすべなく捕まってしまった少年は、完全に身動きが取れない状態で怯えきった眼をクトゥルフに向ける。


 「じゃあ、覚悟してね!!」
 「ヒッ!!」


 お嬢様のお楽しみが始まった。


 お嬢様に善悪の区別はある。
 物を盗むのは悪いこと、ご飯を残すことは悪いこと、周りを気にせず駄々をこねることも悪いこと。対して良いことは例えば募金すること、疲れてるセバスチャンをいたわること、そして誰かのためになることをすること。
 しかし、「壊す」ことは違う。
 これはお嬢様の数少ない趣味だ。
 非正規英雄は「玩具」でそれを使った楽しい「お遊び」

 それが「壊す」ことなのだ。

 これは
 お嬢様にとって、善悪を超越した遊びなのだ。。



 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 数分後
 「お嬢様、マーリン様と連絡が取れました。新しいお屋敷を紹介していただくようです」
 「分かったよー。楽しみだねぇ」
 「ええ」
 どす黒い血と気色の悪い粘液でいっぱいになった廊下。その中央でお嬢様はネグリジュが汚れることを一切気にせずに座り込み、一本だけ残った小さな触手を指でつついたりして弄んでいる。
 さっきまで屋敷内部に侵入した非正規英雄で遊んでいたのだが、思いのほか早く飽きてしまったらしく、残った部分は全て叩き潰してしまった。そのため、肉片がほんの少しだけ残っているだけだった。
 セバスチャンは電話をかけつつ、既に引っ越しの準備を終えていた。
 あらかじめすぐにでも出ていけるように最低限の荷物をいつでも持ち運べるようにしてある。
 後はお嬢様を着替えさせればすぐにでもここを発てる。
 ないと思うが他にも非正規英雄がいるかもしれない。
 急がなければ。

 そう思った瞬間だった。
 お嬢様はゆっくりと口を開くと小さな声で話しかけてきた、


 「セバスチャンはさ」
 「はい」
 「ううん…………ルシアンはさ」
 「……!?」


 久しぶりに本名を呼ばれ、少し動揺するセバスチャン。
 記憶を失うようになってから、聞かれない限り自分の本名を教えず、基本的にセバスチャンで通してきた。マーリンのおかげで障害は抑えられているとはいえ、記憶力は一般人と比べて遥かに劣っている。
 まさか覚えているとは思っていなかったのだ。
 驚いているセバスチャンをよそに、お嬢様は言葉を続ける。


 「ルシアンは、ずっと私と一緒にいてくれるよね」
 「…………」


 顔を伏せ、悲しげな眼をしたままそう尋ねるお嬢様。
 セバスチャンはほんの少しだけ口角を上げるとこう答えた。


 「もちろんでございます。クインお嬢様」
 「そう……なら、いいよ!!!」


 元気にそう答えるお嬢様。
 そのはじけんばかりの笑顔を受けて、セバスチャンは思った。

 お嬢様は、自分の命に代えても守らなければならない。
 それが自分の使命なのだ。
 セバスチャンはより一層、決意を固くした。



                番外編 完
sage