第二十六話 激安野郎ども(後藤健二)

「大体よ、俺はあのドラ息子にはほとほと手を焼いとったのさ」
 ───菱村真一は死んだ。
 実にあっけなく、そこらのホームレスか野良犬のように殺されたのだ。
 むしろ良かったんじゃねぇか?
 あいつがオナネタにしていたっていうビッチの墓参りをしている時に死ねたんだ。
 一緒に墓に入れて本望だろうよ。
 俺にしたって、利害の結びつきで仲間に引き入れたってだけで、元よりさほど仲間意識があったわけでもねぇ。
 それどころか、今目の前にいるこの男と懇意になれたことと比べれば、むしろ…。
 おい、菱村よ。
 よくぞ死んでくれたぁ、おい(笑)
「心中お察しいたします」
 俺は注意深く、いかにも悲哀たっぷりに表情を作り、菱村の父・武蔵たけぞうに弔意を表す。
 菱村真一はあの・・菱村財閥の御曹司だった。
 真一の父・武蔵は、財閥を取り仕切る大富豪ってわけだ。
 真一が死んだことは、菱村財閥の者たちが密かに彼を監視していたのですぐに知れることとなった。薄情なもので、財閥の者たちは監視していただけで菱村真一を助けることはしなかったようだ。が、助けようとしても非正規英雄でも準悪魔でもない一般人に助けられるものではなかっただろう。敵は非常に手強く、聖職者のコスプレをした二人組の暗殺者だったそうだ。非正規英雄のようだが、実に冷徹で容赦の無い殺し方だったらしい。
 武蔵は直ちにリリアックにもコンタクトを取ってきて、そのリーダーである俺を自分の屋敷に招いた。物流業界の大企業の会長の屋敷だけあって巨大で豪華な屋敷には物々しく厳重な警備がされていた。普通なら俺のような高卒フリーターの下層階級が立ち入ることなど許されない上流階級の領域。菱村の野郎、本当にお坊ちゃんだったんだなぁ。
「……それだで言ったんだ。復讐なんて安い真似をするなと。準悪魔だの非正規英雄だの…。そんな訳の分からん連中との戦いに身を投じるなど。実に安い息子だった」
「危険な戦いに、息子さんを巻き込ませてしまい、大変申し訳なく思います…」
「石動くんが謝ることじゃにゃー。あのドラ息子が自分で判断してやったことだでな」
「はっ……」
 武蔵は色々と事情通で話が早くて助かった。
 名古屋弁が混じっているが、名古屋の成金らしい価値観を持っている。
 何事も「高い・安い」で判断するらしい。
「君のその傷を見ると、戦いはどえりゃー激しいもののようだ。本当に命がけなんだな」
 バハムートと和宮と戦って得た傷をそのままにして面会に臨んだのは正解だった。ボロボロの傷だらけの顔もいかにも歴戦の戦士っぽく見えたことだろう。またこの下らねぇ戦いの激しさをアピールできた。
「はい。敵は手強く、しかも多い。それに比べると僕たちは余りにか弱く、少ないです」
「そのようだ。よし、みなまでいうな。わしが力を貸してやる」
「本当ですか? 心強いです」
 そう言って武蔵の顔を見ると、そこには鬼がいた。
 口では迂闊に死んだ息子を罵っているが、やはり心中は猛り狂っているのだった。
「石動くん」
 武蔵が俺の手をがっしと両手で握りしめた。
 五十過ぎのおっさんのどこにそんな力があるのか、骨が砕けようかという力強さ。
「非正規英雄も、準悪魔も、皆殺いにしてやってちょう」
 俺をじっとねめつけるその目は、黄色く小便色に濁っていた。
 分かりやすい。上流階級の人間といっても根っこは俺たちと同じだ。
 身なりや肩書は立派でも、やることは安い。
「ええ、必ずや」
 心にもないことを口走りつつ、俺は沈痛な面持ちを見せた。



 そんなわけで、菱村財閥から紹介を受け、俺は埼玉県大宮区、中でも腐臭の漂う特に治安の悪い地域へ向かっていた。昼間から上半身裸で腹巻きをしたおっさんがカップ酒片手にぶらついている。在日コリアンが犬肉料理を作るための犬屠殺場が近くにあって檻に閉じ込められた犬どもがギャーンギャーンと物悲しそうに泣き叫ぶ。朝まで飲んだくれていた風俗嬢とホストのカップルが意気揚々とバカ騒ぎしつつ、路上でキスしたり抱き合ったりしているが、一方で盛大にゲロをぶちまけている。そういう地域。
「まさかこんな社会の陰部に足を踏み入れることになるたぁな…」
 俺は「広域暴力団・山剣やまけん組」の事務所の前にいた。
 あたりはモルタルの壁が腐ったようなすえた臭いが漂う。近年強化された暴対法の影響で、奴らは登録された建物以外に事務所を構えることができない。老朽化したビルにずっとしがみついていなきゃいけないので、やくざ事務所といえばこういうオンボロビルばかりになっている。ただ設備は最新の物が備え付けられており、ビルの入口に佇む俺をどこからか高性能監視カメラの赤外線センサーが射抜いていた。
「たのもう」
 まるで道場破りに来た素浪人のような心境だ。
 勢いよく安っぽい事務所のドアを開けると、一斉に凶悪そうで頭の悪そうな連中がこっちを見る。室内は冷房が強めに設定されているのか、それとも中のやくざどもの殺気のなせるわざか、冷え冷えとした空気が流れている。法治国家日本というが、ここは間違いなく治外法権だ。
「へぇんな」
 時代がかった口調、ドスのきいた声。オンボロビルに似つかわしくない高価そうな黒塗り皮張りソファに身を沈めるハゲのおっさんがにんまりと金歯だらけの歯を見せて笑っていた。
「ああ、ああ、良く来なさった。武蔵の旦那から話は聞いとるがね」
 ここでも名古屋弁だ。
 菱村武蔵とこの山剣組の田岡組長は同郷の同級生ということらしい。
 俺は田岡組長と向かい合わせとなり、革張りソファに身を沈める。柔らかすぎるソファは身をずぶずぶと深く沈めすぎて居心地が悪い。
「うんうん、非正規英雄だの、準悪魔だのって連中のことは俺たちも良う知っとるぜ。やつらのせいでシノギを奪われることもあるで迷惑してんのさ。やつらをぶっ殺そうって話なら喜んで乗ってやる」
「ありがとうございます」
 田岡組長との打ち合わせでは、まず菱村を殺した連中の素性について話が及んだ。
「カーサスとヴァイオレット。裏社会でも結構有名な連中だ。金せゃー払えば天使だろうが悪魔だろうがぶっ殺す傭兵さ。非正規英雄も準悪魔も敵対組織の者を殺せば報酬が入るで似たようなものかもしれねぇが、奴らは見境がにゃー。金せゃー払えば同じ非正規英雄でも殺すし、自分たちの担当天使も邪魔だでと殺いた」
「酷いもんですね」
「それに強い。アメリカの闇社会じゃ知らん者がいにゃー傭兵コンビだ。だがやりようはある。日本のやくざのシマで好き勝手やらせはせんよ」
「どう殺ろうってんですか?」
「今頃もう死んどるかもしれんがね」
 そう言って、田岡組長は笑った。
 こいつの目もうんこのように黄色く濁っていた。
 ああ、やっぱりこいつも安いな。



 田岡組の麻薬の運び人・田代はどうしようもない遊び人である。
 田岡組の賭場で作った借金のため、好きな合成麻薬を買う金も尽きてしまい、母親と妹をこれまた田岡組が経営する激安風俗に売り飛ばした。話によれば母親はだるまにされて奇形娼館で働かされており、妹は客のうんこや小便を食べる排泄娼館で働いているらしい。おかげで田代は合成麻薬を好きなだけ買えていたが、遂に母親と妹が壊れてしまって娼館からの定期収入も途絶えてしまい、やむなくまた運び屋の仕事を始めた。ところが商品に手をつけてしまい、代金を自分で払うために借金漬けとなる。
「この仕事をこなしてきたら借金チャラにしてやるよ」
 と、組から言われ、佐川急便の制服を着させられて荷物を渡された。
 川沿いの探偵事務所へこれを運べばいいという。
 どう考えても怪しい仕事だが自分にはもうこれしかない。
 借金の催促をする組の追及に心身ともにボロボロになっており、思考能力も衰えていた。
 この仕事を終えて借金がチャラになればまた借金して新しく合成麻薬が買える。
 早くトリップしたい。
 田代はそのことしか考えていなかった。
 どうしようもない激安野郎。
 彼の目もまた下痢便のように黄色く濁っていた。
 ピンポーン。
 安っぽい音がする呼び鈴を鳴らし、ガチャリと扉が開けられる。

 その瞬間。

 田代の持つ荷物が眩く閃光を発し、彼の体を千個以上の肉片に変えるほどの大爆発が起きるのだった。



 軽快な呼び鈴の音が響き渡った。
 川沿い探偵事務所内にいたデビルバスターズの面々は緊張した面持ちとなる。
「どうぞ。鍵はかかっていないわ」
 リザが言うと、ガチャリと事務所のドアノブが回され、重たい鉄扉がゴリゴリと床を削りながら開かれる。
 果たして、扉の向こう側にいたのは噂の男女二人組であった。二人とも聖職者らしい黒いロングコートに身を包んでいるが、女の方はロングコートの前が開いていて、中に体のラインがはっきりわかるセクシーなラバースーツをまとっている。そして「マトリックス」のエージェントのようなサングラス。聖職者っぽいが、聖職者では絶対にないうさん臭さだ。
「ようこそ日本へ。カーサスにヴァイオレット」
 リザが手を差し伸べて挨拶をするが、二人は無言のまま冷たい視線を向けるのみだった。
「───ええ、そうね。先に仕事の話を進めましょう」
 互いに、慣れあうつもりは無い。
 リザは二人を事務所の薄汚れた二人掛けのソファへ座るよう促した。
 ソファにはヴァイオレットだけが一人でふんぞり返るように座り、カーサスは腕組みをしたままその背後で突っ立ったままだった。ヴァイオレットはリザと話し合うために座ったが、カーサスの方はいつでも戦闘態勢が取れる構えであった。二人にまったく隙は無い。
「標的はこいつらよ」
 そう言いつつ、リザはソファの前のテーブルに写真を次々と並べだした。
 それはこの埼玉県でデビルバスターズと敵対する者たちの主だった顔ぶれだった。担当天使が念写によって撮影したものである。
 装甲三柱の残る二体であるマーリンとカイザー。
 四大幹部たるハスター、ニャルラトホテプ、クトゥルフ、クトゥグア。
 そして新たな勢力であるリリアックのリーダー・石動堅悟。
「報酬は一体につき十万ドル(一千万円)でどうかしら?」
 そこらの名も無き野良準悪魔を討伐してもせいぜい数十万から百万円にも満たない。だが名の知れた準悪魔ともなればその十倍以上の価値は出てくる。命がけの仕事なのだから非正規英雄の世界では当たり前である。英雄といっても世界を救うためのボランティアでは決してない。アルバイトという名の傭兵業なのである。
「お前らの言う神は真の神ではない」
 そう言い放ち、カーサスとヴァイオレットは担当天使をブチ殺したという。
 カトリック原理主義という狂信者の二人にとって、神の代理人として金銭を代価に悪魔を屠る非正規英雄というシステムは受け入れがたいものだった。万能にして唯一の神はそのようなまどろっこしいことはせずに悪魔を倒し人類を救うはずであると考えたのだ。現実として顕現した天使のこともまがい物として否定し、だがちゃっかりと非正規英雄の力を受け取った上で、まんまと担当天使を殺してしまった。
 おかげで二人は天界から睨まれる存在となり、非正規英雄の力を手にしたまま傭兵稼業を営みつつ、報酬は天界からではなく人から受け取るようになった。神の意思ではなく、人の営みとしての傭兵業として活動するのならば信条には反しないということで。今のデビルバスターズのように準悪魔に手こずる非正規英雄たちがいれば、このように駆けつけて金で雇われるのだ。
 天界からすれば担当天使を殺したというだけで非正規英雄たる資格など無いし、準悪魔に近い存在であるとして討伐したいところだが、二人は非常に強力な非正規英雄でもあるし、今のところ準悪魔のみ標的にしているので大目に見られているところがある。
 角度を変えてみれば、この二人はリリアックにとても近い存在なのだ。
 毒を以て毒を制す。
 リザはそういう心境でこの二人に援軍を頼むことにしたのだ。
「こいつと、こいつは」
 トントンと指でマーリンとカイザーの写真を叩き、ヴァイオレットが口を開く。
「十万ドルではきかないだろう?」
「……そうね。あなた方がアメリカで討伐したという装甲悪魔はそれなりの賞金首だったわね」
「そうだ。マーリンとカイザーの名はアメリカでも有名だ。十万ドルは安すぎる。せめて五十は出して貰わないとな」
「アメリカの装甲悪魔はマーリンやカイザーほどのレベルじゃなかったでしょう? 二十ね」
「ふざけるな。四十五だ」
「強欲はカルマよ。二十五」
「四十だ。これ以下ならもう他を当たるんだな」
「仕方ないわね」
「ああ。それじゃあ契約成立だ。カーサス」
 饒舌に交渉をするヴァイオレットが背後を振り向くと、彫像のように無言で突っ立っていたカーサスが僅かに眉を上げ、懐から古ぼけた羊皮紙を取り出した。
 ヴァイオレットはそれを受け取ると、サラサラと羽根つきペンで契約条項を暗号のような奇妙な文字で書いていく。ラテン語で書かれた魔術文字である。
「これでいいな? 互いにサインを」
 リザはさっとその契約条項に目を通し、頷いてサインをする。リザもまた魔術文字ぐらいは読めるし書けるということだった。
 ヴァイオレットとカーサスもそれぞれサインをした。
 サインをしてから、ヴァイオレットは契約書に不備が無いか再度確認する。随分な念の入りようだが、それほどこの契約が重いということを示していた。
 三人が交わした契約書に封蝋がなされ、ヴァイオレットが念じると契約書が燃え上がる。光の粒子となったそれが、カーサス、ヴァイオレット、そしてリザやデビルバスターズの面々を包み込んでいく。
「おわっ、な、なんだこりゃぁ!?」
「うっ…き、気持ち悪い」
 キョータや天音が動揺している。
「落ち着きなさい。害はないわ」
 リザが諭すように言う。
「今のところはね」
 ヴァイオレットは悪戯っぽく口端を歪めて笑う。
「今のところはって……」
「何だいリザ? このガキたちに非正規英雄同士の契約について教えてやってないのか? 日本の連中は遅れているんだねぇ…。海外では常識だよ」
 ヴァイオレットはソファで足組みをしながらふんぞり返る。ぷっくりと色艶の良い唇を震わせて笑い、ラバースーツから覗かせる蠱惑的な太ももを見せつける。小柄だが淫靡な印象を与える女だった。
「契約は絶対ということを、このヴァイオレットさまがそこの半端者たちに教えてやろう」
 契約内容は以下の通りだった。

 一、カーサス・ヴァイオレットは以下の準悪魔およびそれに協力する非正規英雄を討伐する任務にあたる。

 一、ハスター、ニャルラトホテプ、クトゥルフ、クトゥグア、石動堅悟。
   上記の者は討伐報酬として一体につき十万ドル。

 一、マーリン、カイザー。
   上記の者は討伐報酬として一体につき四十万ドル。

 一、デビルバスターズはカーサス・ヴァイオレットの行動を妨げることはしてはならないし、
   カーサス・ヴァイオレットもデビルバスターズの行動を妨げることはしてはならない。
   両者は同盟者であり協力関係にある。

 一、契約期間は一か月。契約期間内の契約違反は違反者の心臓を魔術によって停止させる。

 一、一か月後にこの契約は延長されることなく自動的に破棄される。

「分かったかい? 童貞坊やども」
「ヴァイオレット、からかうのはそれぐらいにしてあげて」
「ふ。リザ、あんたもこんなレベルの低い連中と共に行動していて腕が鈍ってないだろうね? せいぜいあたしらの行動を邪魔するんじゃないよ」
 好き勝手言い、カーサスとヴァイオレットは事務所を去っていった。
 手を組みはしたが慣れあうつもりはなく、二人はデビルバスターズとは別に行動するというのだった。
 二人が事務所の敷地から遠ざかっていくのを窓から見ながら、和宮が憤然と語りだした。
「リザ、何なんだあの契約は? 違反すれば命を落とすとはどういうことだ」
「別に問題ないでしょう? 違反しなければいいだけ」
「だがあの連中は信用できない。舐めた態度をとりやがって」
「冷静になりなさい」
 リザは冷たく和宮を見つめる。
「契約内容をよく見た? 違反すれば命を落とすのは彼らも同じこと。私たちは既に運命共同体なのよ。でも確かに彼らは我々を信用していないだろうし、こちらも同じこと。だから別々に行動するのがいい」
「それで同盟した意味があるのか?」
「せいぜい少しは敵の数を減らしてくれればいい。その程度に思えばいいのよ」
「……ちっ。気にくわない」
 和宮は窓の外に唾を吐き捨てる。
「まぁまぁ、和宮の旦那。コーヒーでも飲んで落ち着きましょうよ」
 重苦しい空気を読んでキョータがおどけた声で言う。
「そうだな……。しかしあんな連中の手を借りねばならんとは」
「それよりさぁ」
 鹿子が唇を尖らせ、舐めていたチュッパチャップスを吐き出し、それをリザへ突きつけた。
「マーリンやカイザーを倒したら四十万ドルだって!? あたしたちだってそれぐらい天界から貰えるんでしょーね!?」
「勿論よ。カーサスとヴァイオレットには四十と値切ったけど、上級天使ケルビム様の見立てでは百万ドル以上の大物よ。特にカイザーは」
「へ…へえええ!」
「それに知っての通り、準悪魔はトドメを刺した非正規英雄が報酬を総取りするシステムよ。何ならカーサスやヴァイオレットが弱らせた準悪魔をこちらが横取りするようにトドメを刺してやるという手もある。そしてデビルバスターズに属していれば、報酬は私たちで山分けできるって訳」
「なるほどね。正直、あたしはここのところ、このデビルバスターズという準悪魔討伐互助会的な組織はどうなんだろうねって思ってたんだけど、そういうことなら頑張っちゃおうかな。少なくともここにいれば百万ドルの分け前にはありつけるんだし」
「賢明な判断よ」
「金、金、金……」
 肩をすくめるのはキョータだった。
「悪い訳じゃねーけど、何か正義の味方って感じしねーよな」
「当然でショ。あたしたち、最初からそういうノリだったじゃない? 悪魔をぶっ殺して美味しい物でも食べたいってのがアタシたちの正義でしょ?」
「あ、言っちゃう? そゆこと」
 非正規英雄になって日が浅いキョータとしては、テレビに出てくる特撮ヒーロー的な正義の味方に自分がなれたという気分もあったのだが、それが完全に幻想だったと思い知らされ少々やるせなかった。
「あーあ……。何だか、あの石動堅悟ってやつの気持ちがちょっとわかってきたような…」
 と、その時だった。

 ピンポーン♪

 軽快な呼び鈴の音がまた鳴った。
「……」
 リザと和宮は顔を見合わせる。
 カーサスとヴァイオレットはもう事務所から遠ざかっているし、これ以上の訪問者の予定はない。
「あっ、俺がアマゾンで頼んだのが来たのかも」
「何を頼んだの? キョータ」
「漫画だよ。ファイアパンチってタイトルで、グロいんだけど面白くてさ」
 キョータが訪問者を迎え入れようとドアへ向かう。
 ぞくり。
 背中に冷たい物を感じる。
「あっ…待ちなさい、キョータ!」
 ただならぬ予兆を感じたリザが注意するが、キョータは鼻くそをほじりながら構わずドアを開けてしまう。
 次の瞬間。




 閃光。
 轟音。
 大爆発。
 ファイアパンチのラッシュが事務所内に殺到し、中にいる人間を肉片の欠片も残さない勢いで嘗め尽くしたのであった。





つづく
sage