死後 その③


 「どうだマリア、面白かったか?」
 「面白かった!! 映画ってあんなのなんだ!!」
 「古い奴の再放映だけどな」
 「それでもだよ!!」
 「ハハハハハハ、それだけ喜んでもらえたら映画館も本望だろ」


 二人は本屋で本を十冊ほど買ったあと、少し離れた場所にある映画館まで来ていた。
 結構大きな場所とはいえ、こんなご時世、新しく映画を撮るなんてことはほとんどなく、昔の作品ばかり放映していた。今日二人が見たのは『アルマゲドン』という作品だった。わざわざ説明するまでもない名作だ。
 初めて映画を見るということもあり、マリアは熱中してしまった。
 一方で深く考えてしまう点もあった。
 なぜ、彼らは隕石に潰されて死ぬことを良しとしなかったのだろうか?
 どうしてあそこまで足?いていたのか、あそこまでして生き残りたかったのか。それは誰だって死にたくない、自分でもそうだが、あそこまでスケールの大きい話では考えがガラリと変わる。
 自分だったら諦めるかもしれない。
 気持ちが分からないわけでもないが、隕石に踏み潰されるのだったらまだいい
 納得はいかないが、諦めはつく。

 それと一方でマリアは主人公とヒロインの恋愛に何だか羨ましいものを感じた。
 あそこまで人と人は精神的に強くつながりあうことができるのか、それは非常に素晴らしいもののように思えた。
 さっきの話を踏まえて考えてみると、もしかすると、彼は彼女のためにあそこまで戦うことができたのかも知れない。人類を救うのなんてついでだったのかもしれない。もしかしたら、それゆえに彼は世界を救うことができたのかもしれない。
 誰かのために戦える
 その凄さを思い知ったような気がする。


 たとえフィクションの世界だとしても、だ。


 「…………」


 マリアは思った。
 自分は自分に戦っている。
 もし、誰かのために戦えるとしたら、それは誰のためになるのだろうか



 答えなど出るはずがない問いに、出口のない迷路に迷い込んでしまったような気分に陥るマリア
 脱出する方法はだた一つ
 入口に戻るしかない。
 だがそれは、根本的な解決になっていない。
 しかし、しょうがない。