戦場 その①



「――ッ!?」


 突然、少女は街中へと飛ばされた。
 ズタズタになったアスファルトの上にちょこんと座り込み、途方に暮れた顔をしている。訳も分からぬうちにベッドの上にいたかと思えば、よく分からない不思議な形をした右腕をした男が現れ、次の瞬間にはこんなところに来てしまった。
 本当に何が何だか分からない。
 ゆっくりと少女は立ち上がる。


 「ここは……どこ?」


 周囲を見渡して何があるか確かめてみる。
 それで気が付いた。

 ここは戦場だ。

 周囲にはいくつものビルが立ち並んでいたが、その全てボロボロになっていた。窓ガラスは割れて、壁は大きく削れて鉄筋がむき出しになっていた。アスファルトで舗装されていたであろう道路も、粉々に砕けて地面が顔をのぞかせている。
 空にはどんよりとした雲が満ちており、それに遮られて日光はここまで地表まで届いてこなかった。季節は初夏だが、寂しい風が吹き抜けていく。
 少女は黒い髪をなびかせながら立ちすくむ。


 「本当……何なの? これ」


 誰か人はいないだろうか?
 そう思って少女はとりあえず歩き始める。まっすぐ目の前に伸びる道路を進んでいく、足に何も履いていないので冷たい感触が直接伝わってくる。


 「痛いっ!!」


 足に鋭い痛みが走る。
 少女は動きを止めて右足を上げてみる。すると、ガラスの破片が突き刺さっているのが分かった。腕を伸ばして破片の先をつまむとゆっくりと引き抜いていく。その間に傷跡から血がにじんでくる。
 地味な痛みが走る。
 このままでは歩くともままならない、下手に足をつけると怪我が酷くなるかもしれないからだ。少女は仕方なしに再び座り込む。


 「あー……最悪」


 ほんの少しの間だけ、空を見上げると吹き荒ぶ風を楽しむ。
 だが、そんなもの長続きはしない。
 すぐに飽きると少女は何の気もなしにもう一度傷跡を見てみる。
 するとおかしなことに気が付いた。


 「あれ?」


 傷が消えているのだ。
 跡形も無い、普通ならまず瘡蓋ができるところだが、それすらもない。
 文字通り傷が消えたのだ。


 「…………?」


 疑問に思うがとりあえず忘れることにした。
 この程度のことでは驚きもしない。訳の分からないことが多すぎるのだ、そもそも自分が誰なのかすら満足に分かっていないというのに。
 少女はもう色々と諦めた。
 もうどうしようもない。


 「……もうなんなのよ……」


 小さくそうぼやいてみる。
 何の解決にもならないが